「離職状況」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

【2019年若者の離職意向に関する調査】入社3年以内、『退職予備軍』は約5割

【ニュースリリース】2019年若者の離職意向に関する調査/入社3年以内、『退職予備軍』は約5割 多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(株式会社ツナググループ・ホールディングス/本社:東京都千代田区/代表取締役社長:米田光宏)」は、17~29歳の正社員・契約社員・公務員の若者を対象に、「就業意向に関する調査」を実施しました。入社3年以内の若者に対し、4月末時点においての退職意向と、意向があればその理由について調査、結果をとりまとめましたので、ご報告いたします。※本調査は、8月13日にリリ

ブラック方面の調査です。

正社員の労働負荷と職場の現状に関する調査

正社員の労働負荷と職場の現状に関する調査 概要研究の目的近年、若年の非正規雇用比率の上昇のなかで、正規雇用であっても若者を長期で育成しようとせず、いわば「使い捨て」にするつもりで雇用しているのではないかと思われる例も散見されるとの指摘がある。本研究では、正規雇用の若者の早期離職につながりかねない雇用管理の実態、若年雇用者の意識、離職傾向などについて分析する。 研究の方法インターネットによるモニターアンケート調査 主な事実発見ここでは特に、調査対象者が働く職場が「大量離職と大量採用が繰り返されて

2013年10月29日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

「3年以内離職率」です。

新規学卒者の離職状況 (平成22年3月卒業者の状況)

新規学卒者の離職状況 (平成22年3月卒業者の状況)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ