「電力量」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

アメリカの状況です。

米国の再生可能エネルギー政策(4)~風力発電の新時代

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考えるクリーンパワープランで米国は世界の低炭素技術をリードするか?米国の再生可能エネルギー政策(4)~風力発電の新時代松本 真由美 国際環境経済研究所理事、東京大学客員准教授印刷用ページ  「今後、米国内で再生可能エネルギーの中でもっとも普及が進むのは何か?」と、3月にワシントンでいくつかの政府系関係機関にヒアリングしたところ、異口同音に「風力」だという答えが返ってきた。風力発電は2006年から2014年にかけて新たに導入された発電設備容量の33%を

2013年12月18日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013・2014年度 日本経済と電力需要の短期予測(2013年12月)

プレスリリース2013・2014年度 日本経済と電力需要の短期予測(2013年12月)− 次年度の販売電力量は4年ぶりに増加の見込み − 一般財団法人電力中央研究所(理事長:各務 正博、本部:東京都千代田区)は、世界経済の動向、原油価格などの情報に基づき、当研究所が独自に開発した「マクロ計量経済モデル※注」を用い、日本経済および販売電力量の短期予測(2013年6月予測の改訂)とシミュレーション分析を実施しました。当研究所では、電気事業に関連する広範な研究活動を通じた社会貢献の一つとして、わが国経

2013年6月25日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済と電気需要についての予測です。

2013・2014年度短期経済・電力需要予測(2013年6月)

プレスリリース2013・2014年度短期経済・電力需要予測(2013年6月)− 投資マインドは弱く、自律的回復は道半ば − 一般財団法人電力中央研究所(理事長:各務 正博、本部:東京都千代田区)は、世界経済、原油価格の動向などの情報に基づき、当研究所独自の「マクロ計量経済モデル」※を用いて、日本経済および販売電力量の短期予測とシミュレーション分析を実施しました。当研究所では現在、堅固で柔軟な新たなエネルギー需給構造の構築を目指して研究を推進しており、電気事業の広範な活動と社会との関わりを分析する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ