調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 電子メール

「電子メール」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月21日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

特定電子メール等による電子メールの送受信上の支障の防止に資する技術の研究開発及び電子メールに係る役務を提供する電気通信事業者によるその導入の状況

総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 特定電子メール等による電子メールの送受信上の支障の防止に資する技術の研究開発及び電子メールに係る役務を提供する電気通信事業者によるその導入の状況 報道資料特定電子メール等による電子メールの送受信上の支障の防止に資する技術の研究開発及び電子メールに係る役務を提供する電気通信事業者によるその導入の状況 総務省は、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(平成14年法律第26号)第13条の規定に基づき「特定電子メール等による電子メールの送受信上の支

2015年3月23日福島県フィードバック数:0社会/政治

福島県現住人口調査年報 平成26年版

福島県現住人口調査年報 令和元年版最新の「福島県の推計人口(福島県現住人口調査年報)令和元年版」を掲載しています。 過去の結果 〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16 本庁舎5階Tel:024-521-7145Fax:024-521-7914電子メールでのお問い合わせはこちらから

2015年1月15日オプト★フィードバック数:0デジタル家電

オプトの調査です。

年賀状・オンライン上の新年の挨拶に関する調査

オプト、「年賀状・オンライン上の新年の挨拶に関する調査」を実施~ 一般化する「SNSで新年の挨拶」、「年賀状の新たな趣向」の兆し ~ 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部:証券コード 2389、以下オプト)は、全国の20~69歳の男女1,000人を対象に、年賀状やオンライン上での新年の挨拶行動に関する調査を実施しました。調査結果の概要は以下のとおりです。《トピックス》 1 オンライン上の新年の挨拶「電子メール」23%に次いで「LINE」が14%にのぼる

2014年7月3日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

データ転送ツールについての調査です。

業務での大容量データ活用は日常的 ただしメール貼付での転送に課題あり

ITmedia エンタープライズ読者調査:業務での大容量データ活用は日常的 ただしメール貼付での転送に課題ありITmedia エンタープライズと日立製作所は、企業におけるデータ転送についての実態調査を実施した。 ITmedia エンタープライズと日立製作所はこのたび、企業におけるデータ転送についての読者調査を実施した。調査によると、回答者全体の8割以上が業務における大容量データの転送を日常的に行っていることが分かった。また、最も使われているデータ転送方法は、電子メールへのファイル添付であるという

2014年6月24日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズの調査です。

メールシステムとセキュリティ対策状況(2014年)

IT担当者300人に聞きました:メールシステムとセキュリティ対策状況(2014年度) (1/5)IT担当者359人にメールセキュリティの実態調査を実施した。「電子メールの利用状況」「関連するトラブル」「セキュリティ対策」などが明らかになった。 キーマンズネットでは、2014年3月26日〜2014年4月3日にかけて「メールシステムとセキュリティ環境(2014年)」に関するアンケートを実施した(有効回答数359件)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の40.7%、一般部門が59.3%という構成

2010年11月29日アイティメディアフィードバック数:22企業情報システム

クラウドサービスの利用率は14.4% 本格普及への条件は?

TechTargetジャパンが行ったクラウドサービスの利用に関する調査によると、職場でのクラウドコンピューティングを使ったサービスの利用率は14.4%だった。使われているのは電子メールやカレンダー、スケジュール管理のサービスが多かった。利用する上での不安はコンプライアンスやセキュリティに関連する内容が多く、サービス提供側はその解消が求められる。 調査は11月12日〜13日に25歳以上の経営者・役員、会社員を対象に実施。1030人が答えた。クラウドサービスは「インターネットに接続された外部サービス

2010年7月26日総務省フィードバック数:16セキュリティ/ネットワーク

送信ドメイン認証技術の導入状況についての調査結果

報道資料送信ドメイン認証技術の導入状況についての調査結果の公表 総務省は、いわゆる「なりすましメール」を防止するための技術的対策の一つである「送信ドメイン認証技術」の導入を推進しています。今般、送信ドメイン認証技術の導入状況について、電気通信事業者で実際に受信された電子メールの調査を行い、その結果を取りまとめましたので公表します。電子メールは、その仕組みの簡便さから、コミュニケーションツールの基盤として広く普及しました。一方で、送り手がだれであるかを確認する手段が備わっていなかったことにより、第

2008年4月21日IPA★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAによるセキュリティに関する意識調査です。84Pあります。

情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査(2007年度第2回)

HOME情報セキュリティ情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査(2007年度第2回)報告書の公開について 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査(2007年度第2回)報告書の公開について掲載日 2008年 4月15日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA、理事長:西垣 浩司)は、インターネット利用者を対象とした「情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査(2007年度第2回)」を実施し、報告書を公開いたしました。 1.調査概要 (

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ