「電気機械」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年12月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

13年下期以降の日本のアジア投資~中国・ASEANで「電気機械」製造業の不振が目立つ~

13年下期以降の日本のアジア投資~中国・ASEANで「電気機械」製造業の不振が目立つ~

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本10月鉱工業生産 ここから本文です10月鉱工業生産実績、見通しとも良好、生産は持ち直しサマリー◆2014年10月の生産指数は、前月比+0.2%と2ヶ月連続の上昇となった。前月からの低下を見込んでいた市場コンセンサス(同▲0.6%)から上振れした形であり、ポジティブな結果であった。製造工業生産予測調査による11月、12月の生産計画についても、いずれも増加を見込む良好な内容であり、2014年初から減少傾向となってきた生産は、持ち直しの動きが見られている。◆10月の生

2014年11月3日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業界別の設備投資動向です。

電気機械の設備投資動向 ~今後の有望分野と地域別経済波及効果~

電気機械の設備投資動向 ~今後の有望分野と地域別経済波及効果~

2014年9月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本8月鉱工業生産 ここから本文です8月鉱工業生産コンセンサスから下振れ、生産の減少傾向続くニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年8月の生産指数は、前月比▲1.5%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.2%)からも大きく下振れする結果となった。前月時点の製造工業生産予測調査では、8月、9月と強めの生産を見込んでいたことから生産の底打ちが期待されていたが、今回の結果は期待外れのネガティブな結果であった。◆

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本1月鉱工業生産 ここから本文です1月鉱工業生産駆け込み需要に備えた高い伸びだが、3月には減速見込みサマリー◆2014年1月の生産指数は、前月比+4.0%と2ヶ月連続の上昇となった。今回の結果は市場コンセンサス(同+2.8%)を上回る非常に高い伸びであり、生産の増加基調を確認させる内容であった。◆1月の生産を業種別に見ると、全15業種中、11業種が前月から上昇しており、幅広い業種で生産が増加した。なかでも、前月時点の製造工業生産予測調査で高い伸びを見込んでいた輸送

2013年6月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年4月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本4月機械受注 ここから本文です4月機械受注単月では減少したが、反動減を除けば良好な結果サマリー◆2013年4月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)が、前月比▲8.8%と3ヶ月ぶりのマイナスとなり、市場コンセンサス(同▲8.1%)を下回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比▲7.3%と3ヶ月ぶりの減少、非製造業(船舶・電力を除く)も前月比▲6.0%と3ヶ月ぶりの減少となった。前月からの反動減の影響はあるものの、「電気機械」や

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ