「電気機械」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月13日岐阜県フィードバック数:0社会/政治

岐阜県鉱工業指数(平成29年8月分)

岐阜県鉱工業指数(平成29年8月分) 平成29年8月の県内鉱工業の動向を季節調整済指数でみると、はん用・生産用・業務用機械器具工業等が低下したものの、輸送機械工業、電気機械工業等が上昇したため、前月に比べ生産指数は1.2%の上昇となった。また、出荷指数は2.9%の上昇、在庫指数は0.6%の低下となった。 なお、原指数で前年同月比をみると、生産指数は3.7%の上昇となった。 【問い合わせ先】岐阜県庁12階環境生活部統計課TEL:058-272-8184・5・7 / FAX:058-271-5

2015年3月4日日本銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

群馬県の製造業です。

県内製造業の現状と今後の方向性

まえばし群馬県金融経済レポート2015 年 3 月 3 日日本銀行前橋支店県内製造業の現状と今後の方向性1.群馬県における製造業の現状(製造業が牽引する群馬県経済)群馬県の 2001 年度からの実質GDP累積成長率は、2013 年度時点で+18.0%と全国の+10.7%に比べて高く、内訳でみると、製造業の寄与度が+13.5%ポイントと大きい(図表1)。このように、近年の群馬県経済は、2008 年のリーマン・ショックや 2011 年の東日本大震災に見舞われながらも、製造業が牽引するかたちで、全国平

2015年2月19日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数-26年12月・第4四半期

「東京都工業指数」(平成26年12月分・第4四半期分)平成27年2月19日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。12月の工業生産指数 (平成22年=100.0) 12月の生産指数は2.4%低下12月の生産指数は前月比で2.4%低下し、100.7(季節調整済)となった。 1 生産12月の生産は、前月比で2.4%低下し、指数水準は100.7(季節調整済)となった。22業種中、生産用機械工業、情報通信機械工業等12業種が低下し、電気機械工

2015年1月27日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数‐26年11月

「東京都工業指数」(平成26年11月分)平成27年1月26日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。11月の工業生産指数(平成22年平均=100.0) 11月の生産指数は0.4%低下11月の生産指数は前月比で0.4%低下し、103.7(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。生産11月の生産は、前月比で0.4%低下し、指数水準は103.7(季節調整済)となった。22業種中、電気機械工業、生産用機械工

2014年12月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年11月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 11月鉱工業生産コンセンサス比下振れも、生産計画は強気 2014年12月26日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年11月の生産指数は、前月比▲0.6%と3ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.8%)を下回った。市場コンセンサスや前月の製造工業生産予測調査の結果に反して低下となったことはネガティブだが、減少幅は小幅であり、均してみれば生産は持ち直し基調と

2014年12月25日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―26年10月

「東京都工業指数」(平成26年10月分)平成26年12月24日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。10月の工業生産指数(平成22年平均=100.0) 10月の生産指数は前月比で横ばい10月の生産指数は、102.3(季節調整済)で前月比0.0%の横ばいであった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。生産10月の生産は、前月比0.0%の横ばいで、指数水準は102.3(季節調整済)であった。22業種中、電気機械工業、電子

2014年12月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

13年下期以降の日本のアジア投資~中国・ASEANで「電気機械」製造業の不振が目立つ~

13年下期以降の日本のアジア投資~中国・ASEANで「電気機械」製造業の不振が目立つ~

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本10月鉱工業生産 ここから本文です10月鉱工業生産実績、見通しとも良好、生産は持ち直しニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年10月の生産指数は、前月比+0.2%と2ヶ月連続の上昇となった。前月からの低下を見込んでいた市場コンセンサス(同▲0.6%)から上振れした形であり、ポジティブな結果であった。製造工業生産予測調査による11月、12月の生産計画についても、いずれも増加を見込む良好な内容であり、2014年初から減

2014年11月3日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業界別の設備投資動向です。

電気機械の設備投資動向 ~今後の有望分野と地域別経済波及効果~

電気機械の設備投資動向 ~今後の有望分野と地域別経済波及効果~

2014年9月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本8月鉱工業生産 ここから本文です8月鉱工業生産コンセンサスから下振れ、生産の減少傾向続くニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年8月の生産指数は、前月比▲1.5%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.2%)からも大きく下振れする結果となった。前月時点の製造工業生産予測調査では、8月、9月と強めの生産を見込んでいたことから生産の底打ちが期待されていたが、今回の結果は期待外れのネガティブな結果であった。◆

2014年8月6日日本銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

九州・沖縄における製造業の2014年度の設備投資計画の特徴~電気機械、輸送用機械を中心とした4年振りの増加計画~

九州・沖縄における製造業の2014年度の設備投資計画の特徴~電気機械、輸送用機械を中心とした4年振りの増加計画~

2014年8月1日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―26年5月

「東京都工業指数」(平成26年5月分)平成26年7月30日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。5月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 生産指数は前月比0.1%の低下5月の生産指数は前月比で0.1%低下し、104.2(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。生産5月の生産は、前月比で0.1%低下し、指数水準は104.2(季節調整済)となった。22業種中、情報通信機械工業、生産用機械工業

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本1月鉱工業生産 ここから本文です1月鉱工業生産駆け込み需要に備えた高い伸びだが、3月には減速見込みサマリー◆2014年1月の生産指数は、前月比+4.0%と2ヶ月連続の上昇となった。今回の結果は市場コンセンサス(同+2.8%)を上回る非常に高い伸びであり、生産の増加基調を確認させる内容であった。◆1月の生産を業種別に見ると、全15業種中、11業種が前月から上昇しており、幅広い業種で生産が増加した。なかでも、前月時点の製造工業生産予測調査で高い伸びを見込んでいた輸送

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安でも復元しない貿易赤字 ~製品輸入が増えるとJカーブ効果は働きにくい~

Economic Trends経済関連レポート円安でも復元しない貿易赤字発表日:2014年1月15日(水)~ 製 品 輸 入 が 増 え る と Jカ ー ブ 効 果 は 働 き に く い ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)過去1年にわたって円安が進んだのに貿易赤字が減らない。鉱物性燃料の輸入額を除いた貿易収支でも黒字幅が縮小している。品目別に収支を計算すると、増加しているのは専ら自動車の収支黒字であり、電気機械は黒字から赤字に転嫁する可能性がある。

2013年11月2日日本政策投資銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気機械の設備投資動向 ~2013年度設備投資計画調査から~

電気機械の設備投資動向 ~2013年度設備投資計画調査から~

2013年6月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年4月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本4月機械受注 ここから本文です4月機械受注単月では減少したが、反動減を除けば良好な結果サマリー◆2013年4月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)が、前月比▲8.8%と3ヶ月ぶりのマイナスとなり、市場コンセンサス(同▲8.1%)を下回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比▲7.3%と3ヶ月ぶりの減少、非製造業(船舶・電力を除く)も前月比▲6.0%と3ヶ月ぶりの減少となった。前月からの反動減の影響はあるものの、「電気機械」や

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ