「需給判断」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月日銀短観

トップレポート・コラム経済分析日本12月日銀短観 ここから本文です12月日銀短観業況判断DIは幅広い業種で改善。景気拡大の裾野が広がる。サマリー◆2013年12月の日銀短観では、業況判断DIは総じて市場コンセンサスを上回る改善となった。内訳を見ても製造業・非製造業を問わず幅広い業種で業況判断が改善しており、中小企業への波及もみられていることから、景気拡大の裾野が拡大しつつあることを確認させるポジティブな内容であった。◆大企業・製造業の「業況判断DI(最近)」は+16%ptと前回(+12%pt)か

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月日銀短観

トップレポート・コラム経済分析日本9月日銀短観 ここから本文です9月日銀短観大企業製造業の業況判断は大幅な改善サマリー◆2013年9月の日銀短観では、業況判断DIは大幅な改善を示した。内訳を見ても広い業種で業況が改善しており、景気改善の動きが続いていることを確認させる内容であった。安倍首相は日銀短観の結果を消費税率引き上げの最終判断材料とするとしていたが、今回の結果を踏まえると、予定通り2014年4月に消費税率が引き上げられる見込みである。◆大企業・製造業の「業況判断DI(最近)」は+12%pt

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

3月日銀短観

トップレポート・コラム経済分析日本3月日銀短観 ここから本文です3月日銀短観大企業製造業の業況判断は改善も、市場予想からやや下振れサマリー◆2013年3月の日銀短観では、広い業種で業況の改善が見られ、景気の持ち直しを確認する内容であった。ただし、業況判断の改善幅は総じて市場コンセンサスを下回ったこと、中小製造業の業況が事前予想に反して悪化していること、設備投資計画が下振れしたことといった、懸念材料も散見された。◆大企業・製造業の「業況判断DI(最近)」は▲8%ptと前回(▲12%pt)から改善し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ