「韓国料理」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年11月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

食のジャンルに関するアンケート調査(第5回)

食のジャンルに関するアンケート調査(第5回) ■好きな料理のジャンルは「和食」9割弱、「洋食」「中華料理」「イタリア料理」が各5~7割、「B級グルメ」「ジャンクフード」「フランス料理」「韓国料理」が各2~3割。「イタリア料理」「韓国料理」は、女性10~40代での比率が高い。■最も好きな料理のジャンルのイメージは、和食は「季節感」「伝統的」「ヘルシー」「庶民的」が各40%台、洋食は「気軽」「庶民的」が各6割前後。中華料理は「庶民的」「気軽」「スタミナがつく」「大勢で楽しむ」「濃い味」「脂っこ

2019年2月15日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

食のジャンルに関するアンケート調査(第4回)

食のジャンルに関するアンケート調査(第4回) ■好きな料理のジャンルは「和食」8割強、「洋食」「中華料理」「イタリア料理」が各5~6割、「B級グルメ」「ジャンクフード」「フランス料理」「韓国料理」が各2~3割。「イタリア料理」「韓国料理」「洋食」などは、女性での比率が高い。■最も好きな料理のジャンルのイメージは、和食は「季節感」「庶民的」「ヘルシー」「伝統的」が各4~5割、洋食は「庶民的」「気軽」が各6割弱、中華料理は「庶民的」「気軽」が各4~5割。フランス料理は「高級」、韓国料理やタイ料

2016年1月19日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 食のジャンル(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ好きな料理のジャンルは「和食」「洋食」「中華料理」「イタリア料理」が各5割以上で上位。「B級グルメ」「フランス料理」「ジャンクフード」「韓国料理」などが続く。上位3位は男性では「和食」「中華料理」「洋食」、女性では「和食」「洋食」「イタリア料理」 最も好きな料理のジャンルのイメージは、和食は「季節感」「庶民的」「ヘルシー」、洋食は「気軽な」「庶民的」、イタリア料理は「気軽な」「おしゃれ」、中華料理は「庶民的」「気軽な」「大勢で楽しむ」などが

2013年11月28日K×K-Bizフィードバック数:0ライフスタイル

韓国食材・食品に関する実態調査

キムチは日本家庭の常備品 キムチを日常的に購入している人は7... キムチは日本家庭の常備品 キムチを日常的に購入している人は77%キムチ鍋、豚キムチなど、 食卓によく登場するメニューに使われるキムチは日本の食卓に定着 韓国食材・食品のマーケティングおよび企画を行うコリアンフードマーケティング【K×K-Biz】(所在地:東京都千代田区、発起人:木原 修)は、韓国農水産食品流通公社 東京aTセンター(所在地:東京都新宿区、東京支社長:金 鎭永)監修の元、日本の20代~50代の女性(20~40

2012年10月1日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム 外飲み

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへお店でお酒を飲む人は全体の6割、月に1回以上飲む人は3割強。「居酒屋チェーン」で飲む人が最も多く、「チェーン以外の居酒屋」「焼き鳥屋、小料理屋など」「焼肉・韓国料理店」「レストラン(ファミリーレストラン以外)」などが続く お店でお酒を飲むときに一緒に飲む人は、「友人(同性同士)」が1位で、「家族・親戚」「職場の同僚、後輩」「職場の上司、先輩」「友人(異性含む)」が続く 店でお酒を飲む目的は「一緒に行く人と会話を楽しむ」「食事を楽しむ」「お酒

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

特集データ

お知らせ