「音楽市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年6月18日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

ほぼ週刊インフォグラフィックス:BTS効果でK-POP大躍進 世界の音楽市場の成長率推移はどうなっている?

2020年の音楽アーティストのYouTube再生回数ランキング(外部リンク/英語、以下同)において、堂々の1位を誇る62億回を記録したのがBTS(防弾少年団)。ビリー・アイリッシュやエド・シーランといった米国のメジャーアーティストの2倍以上をカウントし、今や名実ともに世界のトップスターとなりました。 彼らが所属するBig Hit Entertainmentの評価もうなぎ上りです。韓国の証券市場であるKOSDAQに株式上場を果たすと、その時価総額は一時1兆円を超えて日本のコンビニ大手ファミリーマー

2016年10月5日ぴあ総研フィードバック数:0エンタテインメント

2016ライブ・エンタテインメント白書

HOMEニュース一覧ライブ・エンタメ市場規模は4年連続で過去最高。音楽市場が大幅に伸長ライブ・エンタメ市場規模は4年連続で過去最高。音楽市場が大幅に伸長 2016年09月28日 ぴあ総研が調査・編集を担当し、ライブ・エンタテインメント調査委員会が発行する『2016ライブ・エンタテインメント白書』がまとまり、以下のとおり調査結果を公表いたしました。本書では、音楽、ステージの2つのジャンルのライブ・エンタテインメント市場について、「公演回数」「動員数」「市場規模」の3つの基本指標により市場の実態を

2012 クラウド音楽配信の現状と市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 2012 クラウド音楽配信の現状と市場動向[本書のポイント]• アップル、アマゾン、グーグルが展開する次世代音楽配信ビジネス(クラウド音楽配信)とそれに対応するスマートフォン/タブレット端末の動向を分析• 音楽配信ビジネスのプレーヤ動向を分析• 2016年までの音楽市場予測(世界・米国・日本)市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、この

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ