調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 顧客データ

「顧客データ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年10月1日Sansan★★フィードバック数:0ビジネス

コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査

Sansan、コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査を実施 オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす、1企業当たりの平均経済損失額は年間約21.5億円 Sansan株式会社は、仕事の上で商談をすることがある20代から60代の会社員、経営者・役員を対象に、企業の商談・人脈・顧客データ(注1)に関するウェブアンケート調査を実施しました。ビジネスのオンラインシフトにより、顧客データを蓄積・管理・活用できなくなったビジネスパーソンが増加する一方で、顧客データへの意識と企業の業績見

年次調査レポート「マーケティング最新事情」(第6版)日本語版を公開

セールスフォース・ドットコム、 年次調査レポート「マーケティング最新事情」(第6版)日本語版を公開 ※当資料は、2020年5月19日に米国で発表された資料を元に、日本語バージョンのレポート完成を受け、日本向けに内容を加筆・再編集したものです。2020年6月16日株式会社セールスフォース・ドットコム日本のマーケターの最優先課題は「リアルタイムの顧客エンゲージメント」 日本では「5G」と「オンライン人口の拡大」が今後10年間でマーケティングリーダーにとって最大のインパクトを与えると予測株式会社セール

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(2) 5G市場を展望

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(2) 5G市場を展望 前回はモバイル通信キャリアの動向を統計データや各社IR資料等から概観し、契約者向けサポートアプリの利用状況やロイヤルティ、収益構造の変化などを確認しました。今回はいよいよ3月下旬からサービスが始まった5G関連の動向にフォーカスしてみます。 5Gは第5世代(5th Generation)の次世代モバイル通信規格。データが流通するネットワークという通路を4Gの10倍に広げ、超高速、多数同時接続、超低遅延を実現します。デジタルツインやM

2019年6月3日Zendesk★★フィードバック数:0マーケティング

Zendeskカスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版

顧客の期待と企業が提供するカスタマーサポートの格差、「 デジタルアチーブメントギャップ」が浮き彫りに Zendeskカスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版が示すより一層高まる企業に対する顧客の期待への対応 Zendesk, Inc.(NYSE:ZEN)は、Zendeskカスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版を発表しました。グローバルで実施したアンケート結果やフォーカスグループ、そしてZendesk導入企業45,000社の製品利用データ指標であるZendeskベンチ

「ネコ型マーケティング」の調査・分析

~約6割の顧客が従来のマーケティング施策に反応していない!?~体験価値を向上させる 新たな取り組み 「ネコ型マーケティング」の調査・分析をスタート2017年6月15日ネットイヤーグループ株式会社代表取締役社長 兼 CEO 石黒不二代ネットイヤーグループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:石黒不二代、以下:ネットイヤーグループ)は、顧客セグメントの新たな視点として「ネコ型顧客」「イヌ型顧客」の2つを定義し、それぞれに有効なマーケティングコミュニケーションの調査・研究をする取り

2014年12月19日hybrisフィードバック数:0マーケティング

2014年版小売業のオムニチャネル:2つの課題(Omni-Channel Retail 2014: Double Trouble)

コンテンツにスキップするSAP Customer Experience ソリューションは、パーソナルで信頼性が高くコネクテッドなカスタマーエクスペリエンスを提供しますSAP の CEO クリスチャン・クライン (Christian Klein) が、企業が SAP Customer Experience ソリューションを使用してどのように対象層を理解し、顧客と関わり、ブランドの価値を提供しているかをご紹介します。SAP CX LIVE:2020 年の基調講演 当社はアロハスピリットを貫きながら

10Minutes データプライバシー

「顧客のデータプライバシーに真摯に向き合うこと」がビジネス上重要であることは、言うまでもありません。顧客から預かった個人情報を適切に取り扱うことによって、確実に法令を遵守し、また顧客の信頼を勝ち取ることが可能になります。ビジネスがグローバル化した現代の環境下では、日本の個人情報保護法だけでなく、EUのデータ保護規則など、海外の法規制を遵守することも不可欠です。一方で、顧客情報の利用価値は以前よりも増しています。企業にとって、顧客の属性情報(性別、年齢、職業、家族構成、居住地域、購買履歴等)はそれ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ