「食料品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年8月27日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「ウオーターフットプリント」 最も大量の水を消費する食品は?

「カーボンフットプリント(炭素の足跡)」という言葉をご存じでしょうか。これは、特定の製品・サービスの環境負荷の度合いを原材料調達から生産、流通、廃棄・リサイクルに至るまでに排出される温室効果ガスの総量によって表す概念です。昨今ニュースで取り上げられることが増えているので、耳目に触れたことがある人も多いでしょう。 では、「ウオーターフットプリント」についてはいかがでしょうか。シャワーを浴びるときや食器を洗うときには水道代を気にしても、スーパーで買う食料品が製造過程でどれほどの水を消費してきたか、意

2021年2月9日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

くらしと節約に関するアンケート調査(第14回)

くらしと節約に関するアンケート調査(第14回) ■2020年の生活に満足できた人は全体の3割強、若年層での比率が高い。2020年調査時と比べて大きく減少。自分が幸せだと思う人は全体の約55%、過去調査と比べて大きな変化はない。■昨年経費を節約した人は5割強。節約の理由は「将来の生活に備えて」が節約をした人の3割弱、「収入が少ない・減った」「社会情勢への不安」「不況、景気後退」が各2割前後。2020年調査と比べ「不況、景気後退」などが増加。■経費を節約した項目の上位は「外食」「旅行」「食料品

2021年2月9日ネオマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

第2回緊急事態宣言に関する生活者実態調査

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 今回の緊急事態宣言の方が危機意識を持っている:約5割! テレワーク実施率:3割強! 全国の20歳~69歳の男女1000人に聞いた「第2回緊急事態宣言に関する生活者実態調査」 生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2021年1月20日(水)~2021年1月21日(木)の2

ネオマーケティング

新型コロナウイルス禍の食料品購入に関する調査

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 リサーチ・市場調査ならネオマーケティング リサーチに関する市場調査レポート afterコロナの食料品購買傾向は元に戻る!?新型コロナウイルス禍の食料品購入に関する調査 新型コロナウイルスの流行による食生活の変化を徹底調査! afterコロナの食料品購買傾向は元に戻る!?「新型コロナウイルス禍の食料品購入に関する調査」今後の食料品購買傾向は、新型コロナウイルスの流行以前に戻る!?ダウンロードする → 総合マ

2020年5月28日ONE COMPATH★フィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルスの影響による買い物動向の変化を調査

TOP >コラム >調査レポート >主婦約6万人に聞いた!電子チラシサービス「Shufoo!」、 新型コロナウイルスの影響による買い物動向の変化を調査 主婦約6万人に聞いた!電子チラシサービス「Shufoo!」、 新型コロナウイルスの影響による買い物動向の変化を調査 食費「増えた」6割、食料品まとめ買いが急増自粛期間中、半数以上の人の「料理」「ネット閲覧時間」が増加 凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川

2020年2月6日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

くらしと節約に関するアンケート調査(第13回)

くらしと節約に関するアンケート調査(第13回) ■2019年の生活に満足できた人は全体の5割強、女性での比率が高い。男性30~50代では満足できなかった人が5割強と高い。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱、男性30代での比率が低い。■昨年経費を節約した人は5割強。節約の理由は「将来の生活に備えて」が節約をした人の4割弱、「収入が少ない・減った」「出費がかさむことがあった・支出が多かった」が各2割前後。■経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」など。今後節約を心がけたい項目は「

2019年2月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

くらしと節約に関するアンケート調査(第12回)

くらしと節約に関するアンケート調査(第12回) ■2018年の生活に満足できた人は全体の5割強、女性での比率が高い。男性30~50代では満足できなかった人が各6割と高い。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱、男性30代での比率が低い。■昨年経費を節約した人は5割強。節約の理由は「将来の生活に備えて」が節約をした人の4割弱、「収入が少ない・減った」「出費がかさむことがあった・支出が多かった」が各2割。■経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」など。今後節約を心がけたい項目は「食料

2018年10月17日マイボイスコムフィードバック数:0社会/政治

防災用品に関するアンケート調査(第2回)

防災用品に関するアンケート調査(第2回) ■災害に備えている人は全体の3割強、備えていない人が5割強。備え・対策の内容は「食料品・飲用水や生活用水などの備蓄」が全体の5割弱、「防災グッズ・非常用持ち出し袋など」が3割強、「家具などの転倒・落下防止対策」「地震保険への加入」「避難場所や経路の確認」が各20%台。■災害への備え・対策のきっかけは「実際に起きた災害を見聞きした」が、備え・対策実施者の5割、「テレビ、ラジオ」が3割。東北では「実際に災害の被害にあった」「停電・断水などを経験」などの

2016年6月28日総務省フィードバック数:0社会/政治

家計調査2016年4月分結果から見た平成28年熊本地震の影響

ここから本文です。統計Today No.110被災地から届いた「家計簿」〜家計調査2016年4月分結果から見た平成28年熊本地震の影響〜総務省統計局統計調査部 消費統計課調査官 佐藤 朋彦1 はじめに 平成28年(2016年)熊本地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。また、被災された世帯の皆様の一時も早い復興を心より願っております。被災地でも、家計調査の調査世帯があります。その中には、避難所生活を余儀なくされた世帯や、余震が続いていたこともあって車中泊をされた世帯もあったとの報告を受

消費者政策に関する消費者意識調査

一般社団法人消費者のみらいを考える会は、①自立した消費者になるために何が必要か、②消費者が商品・サービスを選択するときに重要視することについてアンケートを実施しました。 調査結果概要ならびに結果詳細データについては下記からダウンロードできます。 また、結果概要について下記にも記載しておりますので、あわせてご確認ください。 今回の調査では、一般的な消費者が、より良い生活環境を確立していくためには、法規制の強化という手法ではなく、消費者自身が情報収集力や判断力を向上させることが最も重要であると

2016年2月8日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム くらしと節約(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2015年の生活に満足できた人は全体の5割強。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱。男性20〜40代では他の年代より低い 昨年経費を節約した人は5割強で、2012年以降減少傾向。節約の理由は「将来の生活に備えて」「収入が少ない」が上位2位。過去調査と比べ「収入が少ない」「不況、景気後退」などが減少傾向 経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」など。今後節約を心がけたい項目も、「食料品」「外食」「公共料金」「菓子・デザート類」など

2016年2月8日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム ショッピングモール(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへショッピングモール利用経験者は9割弱、「数ヶ月に1回以下」がボリュームゾーン。月1回以上利用者が全体の5割弱、女性10・20代の比率が高い 直近1年間のショッピングモールでの購入商品は「食料品」「衣料品」の他、「書籍、雑誌、CD・DVD・BD」「婦人服」「靴、財布、かばん」などが上位。利用したショップ・サービスは「スーパーマーケット」が最も多く、「洋服、下着、ファッション雑貨などの専門店」「パン屋、惣菜屋など食品専門店」「レストラン・飲食店

2015年12月3日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム スーパーでの食料品の購入(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[20805] スーパーマーケットでの食料品の購入(第5回) 食料品購入場所は「食品スーパー」が9割弱、「大型総合スーパー」が5割強、「ドラッグストア」が2割弱 最もよく食料品を買う店の選択理由は「価格が手頃」「立地がよい、便利な場所」がトップ2。「商品の鮮度」「商品の品質」「食料品の品揃え」など商品に関する項目の他、「駐車場が充実」「タイムセールや日替わりの特売」なども上位。食品コンビニ主利用者では「立地がよい、便利な場所」、食材宅配サー

2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国15年5月、東京都区部15年6月) ~食料品の値上げが続く~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年5月29日楽天リサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

健康食品についての調査です。

食品表示に関する調査

『【機能性表示食品】の認知率は3人に1人 認知者では、不安感の高いイメージ』食品表示に関する調査 2015年5月28日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、【食品表示】に関するインターネット調査を実施し、2015年4月の「食品表示法」の変更に伴う生活者の影響を明らかにするとともに、マーケティング戦略の立案や修正に役立つ情報を収集する目的で調査を行った。今回の調査は、4月2日から4月3日の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本4月全国消費者物価 ここから本文です4月全国消費者物価コアCPI(除く消費税)は2年でマイナス圏入りサマリー◆2015年4月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+0.3%と、市場コンセンサス(同+0.2%)を小幅に上回った。消費税を除くベース(大和総研による試算値)でみると、エネルギーのマイナス寄与が拡大し、サービスのプラス寄与が縮小したことで、前年比▲0.1%と2013年4月以来2年ぶりのマイナスとなった。従来から当社は、コアCPIが早けれ

2015年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム プレゼント・キャンペーン(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間のプレゼント・キャンペーン応募者は5割強で2012年以降減少傾向。10回以上応募者が2割。「パソコンから」の応募が7割強、「郵送」は5割弱。女性10・20代では「スマートフォンから」の応募が最も多い。「応募のために、購入する量や利用回数が増えた」は応募者の2割強 応募したプレゼント・キャンペーンの対象商品・サービスは「食料品」「飲料(お酒以外)」「お酒」などが上位。景品は「現金・金券、図書カードなど」「食料品」「お酒」「飲料(お酒

2015年2月1日日本農業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

BEC分類による食料品の国際貿易構造の変化

BEC分類による食料品の国際貿易構造の変化

2015年1月27日国民生活センターフィードバック数:0社会/政治

食品の異物混入に関する相談の概要

ここから本文[2015年1月26日:公表]食品の異物混入に関する相談の概要*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文[PDF形式]」をご覧ください。 食品に、虫、ビニール片、金属片、プラスチック片などさまざまな異物が混入していたというニュースが昨今相次いでおり、食品の安全性に関する関心が一段と高まっています。また、PIO-NET(注1)に登録された「食品の異物混入」(注2)に関する相談件数や相談事例等について、問い合わせが多く寄せられていることから、相談者の申し出の内容をまとめ

2015年1月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム くらしと節約(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2014年の生活に満足したという人は全体の5割強で2013年とほぼ同程度。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱。男性20代が、他の年代より少ない 昨年経費を節約した人は6割弱で、2014年調査とほぼ同程度。節約の理由上位2位は「将来の生活に備えて」「収入が少ない」で、「税金などの負担」「不況、景気後退」「子供の教育費の確保」などが続く 経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」など。今後節約を心がけたい項目も、「食料品」「外食」「

2014年11月5日Zaimフィードバック数:0ライフスタイル

消費税 8%の影響は? 食料品や光熱費などの家計データを実態調査

消費税 8%の影響は? 食料品や光熱費などの家計データを実態調査株式会社Zaim(本社:東京都渋谷区、代表取締役:閑歳孝子、以下Zaim)は10月21日、日本最大級のオンライン家計簿サービス「Zaim」において2013年と2014年の4〜9月にユーザーが入力した平均値を集計・比較した調査結果をまとめました。本調査では、月の支出について他のユーザーと匿名で比較できる「他のユーザーと比較」機能にて公開している情報を元に集計しています。消費税が8%になったことにより、スーパーやコンビニなどで購入した食

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費のリバウンドを阻む要因 ~軽視できない食料品の価格高騰~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年8月24日朝日大学★フィードバック数:0マーケティング

食料品の通販利用についての調査です。

2014.08 食料品の通販~テレビのネット通販への影響編~

2014.08 食料品の通販~テレビのネット通販への影響編~

2014年7月13日朝日大学★フィードバック数:0ライフスタイル

お取り寄せについての調査です。

2014.06 食料品の通販~お取り寄せ編~

2014.06 食料品の通販~お取り寄せ編~

2014年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム プレゼント・キャンペーン(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間のプレゼント・キャンペーン応募者は6割弱で2012年以降減少傾向。10回以上応募者が2割。「パソコンで、Webサイトから応募」が7割強。「郵送」は5割弱で、女性が男性を大きく上回る。「携帯電話・スマートフォンでWebサイトから応募」は1割強で若年層で多い。「応募のために、購入する量や利用回数が増えた」は応募者の2割強 応募したプレゼント・キャンペーンの対象商品・サービスは「食料品」「飲料(お酒以外)」「お酒」などが上位。景品は「現

2014年4月18日協同宣伝★★フィードバック数:0マーケティング

宣伝文句の効果についての調査です。

「普段よく見聞きする、食料品の訴求フレーズにおける効果」の実態調査

「普段よく見聞きする、食料品の訴求フレーズにおける効果」の実態調査~そのフレーズ、お客さんに しっかり響いていますか?~「効き目のあるフレーズ、効き目のないフレーズ」とは?「 “限定モノ” に弱い女性」は 本当だった!~「普段よく見聞きする食料品の訴求フレーズにおける効果」調査より ~株式会社 協同宣伝(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:滝沢平)では、このたび、【「言葉」をテーマにした自主調査・第2弾】として、「普段よく見聞きする、食料品の訴求フレーズにおける効果」の実態調査を実施いたしまし

2014年1月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム くらしと節約(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2013年の生活に満足したという人は全体の6割弱で2013年調査より微増。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱。男性20代で、他の年代より少ない 昨年経費を節約した人は6割弱で、2012年調査、2013年調査より減少傾向。節約の理由上位2位は「収入が少ない」「将来の生活に備えて」。「不況、景気後退」は2013年調査から約7ポイント減少 経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」「公共料金」など。今後節約を心がけたい項目も、「食料品

消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る

消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率は0.1ポイント縮小・物価上昇の裾野が広がる・コアCPI上昇率は1%程度まで拡大へ総務省が1

第558回 ネット通販を利用してますか? 2012.05.31~2012.06.06

ネット通販のことならハッピー・ノート.com! ●分析お家にいながら買い物ができるネット通販。子育てが忙しく、買い物に行けないママたちも利用されたことがあるのでは? 今やパソコンは一家に一台があたりまえ。スマートフォンの普及もあり、ネット通販の利用者はどんどん拡大しているようです。そこで今回は「ネット通販」をピックアップしました。 Q1.ネット通販を利用したことはありますか? ネット通販の利用について、86.1%と大半のママが「利用している」とお答えに。ネット通販での買い物はママ・パパにとって

2013年10月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、製造業景況感は緩やかな改善が続く(Asia Weekly (9/30~10/4)) ~インドネシア、食料品価格の上昇一服でインフレ率は予想外の減速~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ

消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年7月)~コアCPIは年末にかけて1%程度まで上昇へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは2ヵ月連続のプラス・物価上昇品目数が3ヵ月連続で増加・コアCPI上昇率は年末にかけて1%程度まで拡大へ総務省

具体的なブランド名を出した調査です。

「プライベート・ブランド(PB)」に関するアンケート 2013

「プライベート・ブランド(PB)」に関するアンケート 2013 ● PB認知は「トップバリュ」「セブンプレミアム」の2強、「ローソンセレクト」が迫る● PBの魅力はやはり「安さ」! 「おいしい」と評価する人は、5年前より増加インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「プライベート・ブランド(PB)」についてアンケートを行い、食料品・日用品のPBについて、よく購入するブランドや商品、購入理由、スーパー・コンビニでの買い物などについて、まとめました。調査

2013年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム プレゼント・キャンペーン(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間のプレゼント・キャンペーン応募者は6割弱で2012年調査時より減少。「パソコンのWebサイト、Facebook、Twitterなどから応募」「郵送」が上位2位。「応募のために、購入する量や利用回数が増えた」は応募者の3割弱 応募したプレゼント・キャンペーンの対象商品・サービスは「食料品」「飲料(お酒以外)」「お酒」などが上位。景品は「現金・金券、図書カードなど」「食料品」「お酒」「飲料(お酒以外)」などが上位 応募したプレゼント・

2013年1月22日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム くらしと節約(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2012年の生活に満足したという人は半数強で過去調査より高い比率。自分が幸せだと思う人は6割弱。東北居住者では幸せだと思わない人が他地域より多い 昨年経費を節約した人は6割弱で、2012年調査より減少し2011年とほぼ同水準。節約の理由上位2位は「収入が少ない」「将来の生活に備えて」。「不況、景気後退」「子供の教育費の確保」「生活環境の変化による支出増や収入減」なども多い 経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」「公共料金」な

2013年1月22日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ショッピングモール(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへショッピングモール利用経験者は9割強、「数ヶ月に1回以下」がボリュームゾーン。ショッピングモールに一緒に行く人は「配偶者」「自分ひとり」が上位2位 直近1年間のショッピングモールでの購入商品は「食料品」「衣料品」の他、「書籍、雑誌、CD・DVD」「婦人服」「靴、財布、かばん」などが上位。利用したショップ・サービスは「スーパーマーケット」が最も多く、「洋服、下着、ファッション雑貨などの専門店」「パン屋、惣菜屋など食品専門店」「レストラン・飲食

2012年12月3日マイボイスコムフィードバック数:4ライフスタイル

マイボイスコム スーパーの食料品の購入(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[17206]スーパーマーケットでの食料品の購入(第4回) 食料品購入場所は「食品スーパー」が9割弱、「大型総合スーパー」が6割弱 最もよく食料品を買う店の選択理由は「価格が手頃」「立地がよい、便利な場所にある」がトップ2。「食料品の品揃え」「商品の鮮度」「商品の品質」など商品に関する項目の他、「駐車場が充実」「タイムセールや日替わりの特売」なども上位 スーパーマーケットでの食料品購入頻度は「週2〜3回」が4割強。1回あたり購入金額は「10

2012年5月7日マイボイスコムフィードバック数:1マーケティング

マイボイスコム プレゼント・キャンペーン(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間のプレゼント・キャンペーン応募者は6割強。「10回以上」が2割強。「パソコンのインターネットサイトから応募」が最も多く次いで「郵送」が多い 応募したプレゼント・キャンペーンの対象商品・サービスは「食料品」が1位、以下「飲料(お酒以外)」「お酒」「ウェブサイトの懸賞・キャンペーン」が続く。景品は「現金・金券、図書カードなど」「食料品」「お酒」「飲料(お酒以外)」など 応募したプレゼント・キャンペーンの応募条件は「条件はない」「対象商

2011年12月8日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 大手スーパーの利用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ総合スーパーを週1回以上利用する人は40.5%。全体では「イオン」が1位、「ヨーカドー」が2位。関東では「ヨーカドー」が1位 総合スーパー利用時の重視点は「価格が手頃」「立地がよい、便利な場所にある」などが上位。「いろいろな商品カテゴリがそろっている」は、女性が男性を約15ポイント上回る 総合スーパーの利用場面は「食料品を買う」の他、「下着や衣料小物、靴などを買う」「衣料品を買う(下着・衣料小物以外)」「パン屋、書店などの専門店を利用する」

2009年1月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

くらしと節約

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ昨年1年間で、節約を「かなりした」人は11.5%、「まあした」人は50.2% 昨年主に節約したものは「外食」、「食料品」が上位2位。今年節約しようと思っているものも「外食」や「食料品」が上位 主な節約方法は「購入やサービス利用の回数減少」、「同じ商品でも、より安いところで買う」、「クーポンやポイントサービスなどを積極的に利用」など 今年はできればお金をかけたいものは「旅行」や「趣味・娯楽・教養」が上位だが、「特にない」も5割にのぼる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ