「飲酒習慣」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年3月15日霧島酒造フィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍の運動不足でも、人々の飲酒習慣は変わっていない!医師が健康維持におすすめするお酒、第1位は「本格焼酎」

新着情報コロナ禍の運動不足でも、人々の飲酒習慣は変わっていない!医師が健康維持におすすめするお酒、第1位は「本格焼酎」血栓症と飲酒習慣に関するインターネット調査を行いました。 本格焼酎は糖質ゼロ(※1)・プリン体ゼロ(※2)、血栓溶解効果はワインの約1.4倍食品表示基準による100mlあたりプリン体0.5mg未満を「プリン体0」と表示霧島酒造株式会社は、「血栓症と飲酒習慣に関するインターネット調査」を実施しました。「血栓症」とは、生体の血管内で血液が凝固した「血栓」が血管を詰まらせて身体の抹消の

2014年6月13日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

食生活と肌荒れに関するアンケート

[] 肝臓は「臓器の要」と言っても過言ではない重要な臓器です。栄養の吸収・分配、糖や脂肪の代謝促進といった、健康な身体を維持するのに必要不可欠な機能を担っています。しかし、食の欧米化や睡眠時間の減少など、様々な要因が絡み合って問題視され始めているのが「肝臓への負担」。肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、悪習慣からくる不調程度で「肝臓が悪くなっている」というサインが出るのは稀な臓器です。肝臓が「糖の代謝」の役割を果たさなくなれば、摂取した栄養物は中性脂肪へと代わりますし、「脂質の代謝」が悪くなれば肌荒

2013年12月4日中央調査社フィードバック数:0ライフスタイル

未成年者の悪い生活習慣と悪い精神的健康状態には関係がある ~2004年度全国悉皆調査より~

トップページ > 中央調査報 > 未成年者の悪い生活習慣と悪い精神的健康状態には関係がある ~2004年度全国悉皆調査より~ ■「中央調査報(No.673)」より ■ 未成年者の悪い生活習慣と悪い精神的健康状態には関係がある~2004年度全国悉皆調査より~ 厚生労働省国立保健医療科学院厚生労働省国立保健医療科学院健康危機管理研究部主任研究官 谷畑 健生1.はじめに未成年者の環境は健康を損なう行動(例えば喫煙・飲酒の使用、睡眠の問題)を行いやすく、未成年者の健康増進に向けるようなライフスタイルを確

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ