「飲食店」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年2月8日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

代替肉に関する調査

【ぐるなびリサーチ部】代替肉に関する調査【ぐるなびリサーチ部】代替肉に関する調査2021年の「肉の日(2月9日)」は代替肉に注目! ~8割以上が認知、「ヘルシー」な食材として人気高まる~ 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信しています。今回は、トレンドの兆しがある「代替肉」に関して調査しました。詳細は以下の通りです。【調査概要】■調査期間

2021年1月21日マイボイスコムフィードバック数:0ビジネス

セルフレジの利用に関するアンケート調査(第2回)

セルフレジの利用に関するアンケート調査(第2回) ■フルセルフレジ(商品スキャン・会計を客が行う)直近1年間利用経験は全体の6割強。セミセルフレジ(商品スキャンは店員・会計は客)直近1年間利用経験は7割強、2018年より増加。■直近1年間フルセルフレジ利用者の利用場面は、「対面式レジが混んでいる」が5割強、「買うものの数が少ない」「並んでいる人が少ない・混んでいない」が4割前後。■直近1年間フルセルフレジ支払い方法は「クレジットカード」が6割弱、「現金」が4割強、「電子マネーのカード」が3

2021年1月18日フーディストフィードバック数:0ライフスタイル

「飲食店における2020年」に関するアンケート調査

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店における2020年」に関するアンケート調査 「飲食店における2020年」に関するアンケート調査 集計結果Q12020年11月の売上の昨年対比をお答えください。(回答必須) Q22020年における年間総売上の昨年対比をお答えください(12月後半分の売上高は予想で結構です)。(回答必須) Q3今年、特に印象的だったトピックスは何ですか?(複数回答可)(回答必須) この質問の回答結果は非表示になっています。モニター登録後に閲覧できます。 Q4

2021年1月15日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【店員さんに声掛け】飲食店で店員さんに声掛けを「する」のは79.5%

/ / 【店員さんに声掛け】飲食店で店員さんに声掛けを「する」のは79.5%【店員さんに声掛け】飲食店で店員さんに声掛けを「する」のは79.5%飲食店で店員さんに「ごちそうさま」「美味しかった」などのような声掛けをしますか?ミュージシャンの前里慎太郎さんがSNSで紹介した『老夫婦がやってる定食屋で、言わない方が粋かちょっと悩んだけど、「美味しかったです」って言ってお会計済ませ、外出て引き戸を閉めた。そこで「美味しかっただって、良かったね」って中でお婆さんが言ってるのが聞こえて、これからは口に出

2021年1月12日ROIフィードバック数:0ライフスタイル

2021年コロナ禍での新年会についての意識調査

2021年コロナ禍での新年会についての意識調査 新年会を実施しない・未定の人は87%、実施予定のうちオンライン新年会は2%で少数。~消費者調査「ファンくる」調べ~消費者参加型 覆面調査・ミステリーショッパーサービス「ファンくる」を運営する株式会社ROI(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山口敬人)は、「ファンくる」会員を対象に外食企業に関する動きや消費者の動向調査を実施し、「ファンくる調べ」として定期的な発信と飲食店・サービス業支援・サポートを行っております。 今回は、2021年度の新年会にお

2020年12月25日フーディストフィードバック数:0ビジネス

「2020年末の繁忙期対策」に関するアンケート

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「2020年末の繁忙期対策」に関するアンケート 「2020年末の繁忙期対策」に関するアンケート 集計結果Q12020年10月の売上の昨年対比をお答えください。(回答必須) Q2Go Toイートキャンペーンへの参加状況をお聞かせください。(回答必須) Q312月の繁忙期に向けて、どのような準備を行っていますか?(複数回答可)(回答必須) この質問の回答結果は非表示になっています。モニター登録後に閲覧できます。 Q4予定している年末商戦の催しや、集

2020年12月22日USEN Mediaフィードバック数:0ビジネス

【ヒトサラ加盟店緊急アンケート調査】GoToEatキャンペーンに参加した飲食店の7割以上が「参加したメリットがあった」、「人数制限などの対策をとってポイント付与を再開してほしい」の意見多数

【ヒトサラ加盟店緊急アンケート調査】GoToEatキャンペーンに参加した飲食店の7割以上が「参加したメリットがあった」、「人数制限などの対策をとってポイント付与を再開してほしい」の意見多数USEN-NEXT GROUPの株式会社 USEN Media(本社:東京都品川区、代表取締役社長:成内 英介、以下、当社)が運営する料理人の顔が見えるグルメメディア『ヒトサラ』は、11月20日よりヒトサラ加盟店のシェフやオーナーの方々を対象に「GoToEatキャンペーンに関するアンケート調査」を実施しました。

2020年12月9日TableCheck★フィードバック数:0社会/政治

コロナ禍の無断キャンセル理由、「体調不良」が急増。Go To Eatオンライン予約、キャンセル少ない傾向

コロナ禍の無断キャンセル理由、「体調不良」が急増。Go To Eatオンライン予約、キャンセル少ない傾向【2020年版】第4回「飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査」コロナ禍の無断キャンセル理由に「体調不良」急浮上。トップは、例年同様「とりあえず予約」Go To Eat利用者の「無断キャンセル」、通常時より少ない傾向に。還元ポイント獲得のため来店傾向強まる無断キャンセル時の予約手段トップは「グルメサイト」。2位「電話予約」も防止策に課題もっとも有効なキャンセル対策「クレジットカード情報入

2020年11月25日シンクロ・フードフィードバック数:0ビジネス

ウィズコロナ時代の「飲食DX」事情を調査

ウィズコロナ時代の「飲食DX」事情を調査。集客はSNS、業務効率化にはキャッシュレス決済が有効の声 ​飲食店に特化したリサーチサービス「飲食店リサーチ」(https://www.inshokuten.com/research/company/)を運営する株式会社シンクロ・フード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤代真一、東証一部:3963)は、飲食店.COM会員を対象に、ウィズコロナ時代における飲食店のテクノロジー導入の状況についてアンケート調査を実施いたしました。<本調査について>■調査概要調

2020年 職場の忘年会調査

少人数のオフ会から大規模セミナーまで、豊富なスペースで対応 【2020年 職場の忘年会調査】 忘年会に参加するなら、70%がオンラインより対面希望。約80%が開催するなら「10人以下が適切」【2020年 職場の忘年会調査】 忘年会に参加するなら、70%がオンラインより対面希望。約80%が開催するなら「10人以下が適切」 スペースマーケットでは20代から50代までの会社員501人を対象に「忘年会」に関する調査を実施いたしました。調査期間:2020年10月20日〜10月23日【調査結果トピック

2020年、ウィズコロナ時代における忘年会への意識調査

【リリース】2020年、ウィズコロナ時代における忘年会への意識調査 望まれていることは万全な感染症対策 【リリース】2020年、ウィズコロナ時代における忘年会への意識調査 望まれていることは万全な感染症対策 法人向けのフードデリバリーサービス「くるめし弁当」「シェフコレ」を運営する日本フードデリバリー株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:石川 聡)は「くるめし弁当」「シェフコレ」の会員を対象に、2020年、ウィズコロナ時代における忘年会に対する意識調査を行いました。その結果をご報告します

2020年10月28日NEXERフィードバック数:0大型消費/投資

【Go To Eatキャンペーン】飲食店にとって得ではないルールは「変えるべき」が64.2%

/ / 【Go To Eatキャンペーン】飲食店にとって得ではないルールは「変えるべき」が64.2%【Go To Eatキャンペーン】飲食店にとって得ではないルールは「変えるべき」が64.2%Go To Eatキャンペーンのルールについて、あなたはどのように思いますか?10月から開始しているGo To Eatキャンペーンでは、特典の一つに「ディナー時間帯(15時以降)は1,000円分のポイント付与」があります。とある飲食店では、客がキャンペーンを利用し、1,000円以下の商品を一品だけ注文して

2020年10月27日ベンジャミンフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナの影響で、86.2%がお店選びの際に抗ウイルス実施掲載で「安心する」と回答!

新型コロナの影響で、86.2%がお店選びの際に抗ウイルス実施掲載で「安心する」と回答! 〜「公的試験をクリアしている」「ISOなど効果が証明されている溶剤を使用している」といった効果に安心している〜株式会社ベンジャミン(本社:東京都目黒区、代表:清川雅洋)は、20〜60代でウイルス対策済みの表示を生活圏内の店舗で見かける人112名を対象に「ウイルス対策への意識」に関する実態調査を実施いたしましたのでお知らせいたします。 調査概要:「ウイルス対策への意識」に関する実態調査調査方法:インターネット

2020年10月12日サントリーフィードバック数:0ライフスタイル

プレミアムビールに関する消費者飲用動向調査

サントリートップ > ニュースリリース > プレミアムビールに関する消費者飲用動向調査 サントリープレミアムビールレポート2020 プレミアムビールに関する消費者飲用動向調査 サントリープレミアムビールレポート2020― 在宅時間の増加によって変わるプレミアムビールの飲用意識 ― ― 生活の変化による消費意識の変化「メリハリ意識」高まる ― ― 自宅でも求められる「飲食店の生ビール」の味、決め手は泡のきめ細かさ ―  サントリープレミアムビールレポートは、2005年から実施している消費者対象の飲

2020年10月12日SARAHフィードバック数:0ライフスタイル

営業短縮要請解除におけるGo To Eatキャンペーンへの期待感調査

~営業短縮要請解除におけるGo To Eatキャンペーンへの期待感調査~約6割の人がGo To Eatキャンペーンに期待すると回答! Go to Travelキャンペーンより期待する人も半数以上一方で細かく内容を理解しているのは40代以下の人だと約3割程度に留まる結果に EatTechカンパニーSARAH(本社:東京都、代表取締役:髙橋洋太)は、SARAHアプリを利用したことがあるユーザーを対象に「営業短縮要請解除におけるGo To Eatキャンペーンへの期待値調査」を実施いたしました。 【調査

2020年10月5日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【Go To Eatキャンペーン】37.5%の方が利用しようと思っている

/ / 【Go To Eatキャンペーン】37.5%の方が利用しようと思っている【Go To Eatキャンペーン】37.5%の方が利用しようと思っている「Go To Eatキャンペーン」利用したいと思いますか?新型コロナウイルスの感染予防対策に取り組む飲食店の需要を喚起し、同時に食材を供給する農林漁業者を支援する「Go To Eatキャンペーン」が、9月中にも順次スタートすることがわかりました。「Go To Eatキャンペーン」の主な支援内容としては、地域の飲食店で使える購入金額の25%を上乗

2020年10月1日Rettyフィードバック数:0ライフスタイル

「Go To Eat」に関する意向調査を実施。「利用したい」が半数程度

Rettyが本日開始の「Go To Eat」に関する意向調査を実施。「利用したい」が半数程度 〜カギは「感染症対策」と「飲食店支援」〜 日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」を運営するRetty株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武田 和也 / 以下、Retty ) は、農林水産省が主導し2020年10月1日(木)から開始する「Go To Eatキャンペーン」について、全国の20歳以上約1000名の方を対象に調査を実施しました。調査の結果から、Go To Eatキャンペーンの活用

2020年7月22日CCCマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

【生活者意識調査】外食には行きたいけれど・・・

【生活者意識調査】外食には行きたいけれど・・・ ~生活者アンケートから見える外食店に望まれること~約6割は感染症拡大前より外食機会は減らす 外食産業は新型コロナウイルス感染症の拡大によって、大きなダメージを受けている産業の一つです。CCCMK総研では、コロナウイルス感染症拡大を受けて、生活者の外食に対する意識がどう変化しているのか注目し、独自調査を実施しました。約4割が新型コロナウイル感染症拡大前の水準、もしくはそれ以上まで外食機会を増やすと回答しています。つまり当面、外食機会を減らすという

2020年7月1日フーディソンフィードバック数:0ビジネス

飲食店の約9割が未だ通常営業できず、在庫ロスを避けての営業が続く

飲食店の約9割が未だ通常営業できず、在庫ロスを避けての営業が続く 飲食店の約9割が未だ通常営業できず、在庫ロスを避けての営業が続く生鮮流通のデジタル化を推進する株式会社フーディソン(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:山本徹、以下当社)は、2020年6月8日(月)~13日(土)に飲食店向け生鮮品ECサービス「魚ポチ」(https://uopochi.jp/)内で、緊急事態宣言前後の飲食店における営業方針・仕入に関するアンケート調査を実施しました。新型コロナウイルス感染症の影響を受けている飲

2020年6月22日ROIフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除から2週間 Withコロナ時代の飲食店になくして欲しい対応

>> 緊急事態宣言解除から2週間 Withコロナ時代の飲食店になくして欲しい対応1位「ブッフェやセルフサービス」、2位「おしぼりの手渡し」緊急事態宣言解除から2週間 Withコロナ時代の飲食店になくして欲しい対応1位「ブッフェやセルフサービス」、2位「おしぼりの手渡し」消費者参加型 覆面調査・ミステリーショッパーサービス「ファンくる」を運営する株式会社ROIは、「ファンくる」会員に対し、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言解除後のタイミングにおける外食に関する意識調査(有効回答数936

2020年6月16日クレアシアフィードバック数:0キャリアとスキル

新型コロナウィルス影響で2月から掲載求人数30%減少

【飲食・フード業界 掲載求人数の最新調査(2020年6月) 】新型コロナウィルス影響で2月から掲載求人数30%減少 飲食・フード業界の求人アグリゲーションサイト「ジョブサマリー@飲食・フード版」を運営する株式会社クレアシア(本社:東京都港区 代表取締役:高橋祐香)は、飲食特化型求人メディアの直近4ヶ月間(2020年2月〜6月)の掲載求人数を独自調査しました。2月1日時点と比較し、6月1日時点の掲載求人数は30%減という結果がみられました。 6月1日時点の飲食業界特化型求人サイト5媒体における

2020年6月12日フーディストフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスに関する金融支援の利用状況について

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「新型コロナウイルスに関する金融支援の利用状況について」に関するアンケート調査 「新型コロナウイルスに関する金融支援の利用状況について」に関するアンケート調査 集計結果Q1現在の営業状態をお答えください。(複数回答可)(回答必須) Q22020年4月の売上の昨年対比をお答えください。(回答必須) Q3政府・地方自治体・企業などが実施している何らかの支援策のうち、利用した金融支援があればお答えください。(複数回答可)(回答必須) この質問の回答結果は

2020年5月28日ROIフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除後に行きたいお店 1位:焼肉、2位:寿司

>> 緊急事態宣言解除後に行きたいお店 1位:焼肉、2位:寿司緊急事態宣言解除後に行きたいお店 1位:焼肉、2位:寿司〜消費者調査「ファンくる」調べ〜消費者参加型 覆面調査・ミステリーショッパーサービス「ファンくる」を運営する株式会社は、「ファンくる」会員に対し、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言解除前後のタイミングにおける外食に関する意識調査(有効回答数名)を実施しましたので、結果についてご報告いたします。【調査結果サマリー】 1:今、一番外食で利用したいのは、1位「焼肉」、2位「

2020年3月20日クックビズフィードバック数:0ビジネス

飲食店へグルメサイトについて実態調査

飲食店へグルメサイトについて実態調査 2017年と比較 3年で利用するグルメサイトも多様化の時代へ 飲食・フード産業特化の求人サイト「クックビズ」を運営するクックビズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長CEO:藪ノ 賢次、以下「当社」)は、飲食企業を対象にグルメサイトの利用状況などについての調査を実施いたしました。【調査結果概要】グルメサイトの利用率は「食べログ」が依然1位ではあるものの、他サイトの利用数が増加傾向に口コミ対策を行っている飲食企業は2017年より8.6%減少対策を行っている

2020年2月26日リクルートフィードバック数:0ビジネス

飲食店での喫煙・禁煙に関する意識調査

調査・研究データ2020.02.21改正健康増進法施行の4月以降も喫煙者の約4割は飲食店での喫煙にこだわり。喫煙環境の変化で会社宴会への参加に前向きになる人も。■調査時期:2020年1月6日(月)~2020年1月15日(水)■調査対象:首都圏・関西圏・東海圏在住の20~69歳の男女(株式会社マクロミルの登録モニター)■有効回答数:10,422人<主な内容>■喫煙者の割合は17.0%。男性で高い割合。■飲食店を選ぶ際「禁煙にこだわる」人が56.9%と過半数。4月以降も飲食店で「喫煙にこだわる」人が

2019年10月9日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

テイクアウト・持ち帰りに関するアンケート調査

テイクアウト・持ち帰りに関するアンケート調査 ■直近1年間テイクアウト利用者は、全体の7割強。「ファストフード」が4割強、「牛丼、餃子、寿司などのチェーン店」「イートインスペース」が各2~3割。■直近1年間テイクアウト利用頻度は「月に2~3回」「月に1回程度」「2~3か月に1回程度」が直近1年間テイクアウト利用者の各2割でボリュームゾーン。週1回以上は2割弱。直近1年間での食べ物のテイクアウト利用者の目的・用途は「休日・昼食」が4割強、「平日・昼食」が3割強、平日や休日の夕食が各3割弱。■

2019年6月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

「飲食店」の倒産、休廃業・解散動向調査(2018年度)

2019/6/10 「飲食店」の倒産、休廃業・解散動向調査(2018年度)倒産、休廃業・解散計1180件、過去最多〜 倒産は減少も休廃業・解散の増加が全体を押し上げ 〜はじめに飲食店を取り巻く環境が厳しくなっている。消費者の嗜好やトレンドが一巡し、流行の波に乗ってきたとみられるチェーン店の雲行きが怪しくなってきた。飲食業界は、消費者マインドが直接的に反映されるだけに経営に影響が生じやすい。人手不足、社長の高齢化、後継者問題、キャッシュレス化への適応、10月に予定されている消費増税など懸念材料が山

2019年3月4日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)

2019/2/21人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)正社員、非正社員ともに1月の過去最高を更新〜 「飲食店」は正社員、非正社員ともに前年から不足感が上昇 〜はじめに2018年の人手不足倒産の件数は153件(前年比44.3%増)となり、調査を開始した2013年以降で最多を更新し、人手不足が企業活動に与える影響は一段と強まっている(帝国データバンク「『人手不足倒産』の動向調査(2013〜18年)」)。また、2018年の有効求人倍率は45年ぶりの高水準で推移し、労働需給はひっ迫度を増して

2019年1月25日シンクロ・フードフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年における飲食店の平均給与データ

2018年飲食店の平均給与は東京都25.8万円、大阪府24.9万円。業態・職種別の給与データを求人@飲食店.COMが発表! 飲食店専門の求人情報サイト「求人@飲食店.COM(運営:株式会社シンクロ・フード)」(https://job.inshokuten.com/)が、2018年における飲食店の平均給与データを発表します。東京都では社員月給が258,386円となり、前年から5,244円上昇(前年比102%)、大阪府は249,051円で前年から9,417円上昇(前年比104%)しました。 調査

2018年12月28日フーディストフィードバック数:0社会/政治

「消費税引き上げ時の飲食店の対応」に関するアンケート調査

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「消費税引き上げ時の飲食店の対応」に関するアンケート調査 「消費税引き上げ時の飲食店の対応」に関するアンケート調査 調査サマリー2014年4月の消費税引き上げ時、62.1%の店舗が値上げを実施、34.1%の店舗が売上へ影響ありと回答2019年10月の消費税引き上げ時、62.1%の飲食店がメニュー価格の値上げを予定消費税引き上げへの対策は、外税表記への変更、メニュー価格の値上げ、仕入れやメニューの見直し、など。また軽減税率導入への対策は、軽減税率対応レジの購

2018年12月28日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

働く大人のランチ事情

ランチの実態は?求めることは何?都心で働く男女のランチ事情を調査(マクロミル調べ) 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をお届けしています。vol.163のテーマは「働く大人のランチ事情」。働き方改革が推進され、以前に比べて休憩時間をしっかり取れるようになったという企業やそうでない企業もまだあるかもしれません。ランチタイムにはどのくらい時間をかけ

2018年12月26日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査(2018年10月)

2018/11/21人手不足に対する企業の動向調査(2018年10月)企業の52.5%が正社員不足、過去最高を更新〜 正社員は3業種が7割超の企業で不足、非正社員は「飲食店」で高水準が続く 〜はじめに9月の有効求人倍率は依然として高水準で推移し、労働需給はひっ迫度を増している。人手不足が深刻さを増すなか、人件費上昇は企業収益にも悪影響を及ぼし始めており、各社は生産性の向上などによるコスト削減に追われている。人手不足倒産の件数も2018年度上半期(4〜9月期)は年度通期で100件を超えた2017年

2018年12月26日ファンくるフィードバック数:0ライフスタイル

辛いものに関する調査

2018年11月19日 14:00「辛い = 美味い?!」 辛いもの好きはなんと全体の8割! 麻婆豆腐やチゲ鍋等の性別世代別人気も調査 -ファンくる 飲食店向け覆面調査サービス「ファンくる」(運営:株式会社ROI)が、サイト利用者に行ったアンケート結果を発表いたします。 今年の10月、20代から50代の男女5,475人を対象に「辛いものに関する調査」を実施しました。■調査結果について 今回の調査では、20代から50代の男女5,475人を対象に辛いものについてのアンケートをインターネットで実施。

2018年12月19日フーディストフィードバック数:0キャリアとスキル

東京都内の洋食・西洋料理業態の最新求人データ

【東京都】洋食・西洋料理の最新求人データ(社員月給6,106円増) 東京都内における洋食・西洋料理業態の最新求人データをお届けします。採用活動にお役立てくださいませ。【 調査概要 】◆調査期間 : 2018年5月1日~2018年10月31日◆調査対象:「求人@飲食店.COM」に掲載された東京都内の洋食・西洋料理の求人(4,400件)◆算出方法:求人募集時の給与下限額の平均より算出 洋食・西洋料理の社員月給は、258,422円(前年差+6,106円)洋食・西洋料理の平均月給は、全業態と比べて低め(

2018年12月17日フーディストフィードバック数:0ライフスタイル

理想の上司に関する調査

飲食店における理想の上司は「誠実・公平」な人物。ホールでは“的確な指示”が望まれる 求人@飲食店.COMが、直近1年間に飲食店で勤務したユーザー391名に対し、理想の上司に関する調査を実施いたしました。飲食店運営やスタッフマネジメント等にお役立てください。<調査結果のまとめ>■飲食業界では、4人に3人が尊敬する上司に出会ったことがある一方で、9割以上が上司に悩まされた経験がある。■従業員が上司に求めることは「誰に対しても誠実・公平」であること。■サービス系職種(※1)の人は調理系職種(※2)の人

2018年12月17日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

外食に関するアンケート調査(第6回)

■昼食や夕食に外食する人は9割弱。月1回以上外食者は昼食6割強、夕食5割強。昼食の外食頻度は男性で高い傾向。■外食する人の、1回あたりの支出額は、昼食は「800~1,000円未満」、夕食は「1,000~1,200円未満」がボリュームゾーン。昼食の支出額は2013年以降高価格帯の比率が増加傾向。■外食する場面は、昼食を外食する人では「平日の昼」が5割弱、「休日の昼」「外出のついで」「遊びに行く・レジャー」などが各3~4割。夕食を外食する人では「休日の夜」が5割弱、「外出のついで」「平日の夜」「家族

2018年11月6日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

飲食店情報の検索に関するアンケート調査(第10回)

飲食店情報の検索に関するアンケート調査(第10回) ■飲食店情報の情報源は「パソコンのインターネットサイト」が7割強、「スマートフォンのインターネットサイト」「紙媒体情報」が各3~4割、「スマートフォンのアプリ」が2割弱。スマートフォンのサイト・アプリは過去調査より増加傾向、若年層での比率が高い。■パソコン・携帯端末で飲食店情報を調べる際に利用するサイト・アプリは「ぐるなび」「食べログ」が利用者の各6割強、「ホットペッパーグルメ」が3割強。女性では「食べログ」が1位。■飲食店情報サイト・ア

2018年9月19日フーディストフィードバック数:0ビジネス

東京都:和食の最新求人データ(社員月給2,143円増)

【東京都】和食の最新求人データ(社員月給2,143円増) 東京都内:和食業態の最新求人データをお届けします。採用活動にお役立てくださいませ。【 調査概要 】◆調査期間 : 2018年2月1日~2018年7月31日◆調査対象:「求人@飲食店.COM」に掲載された東京都内の和食の求人(4,989件)◆算出方法:求人募集時の給与下限額の平均より算出 東京都の和食業態の社員月給は、260,131円(前年比+2,143円)東京都の和食業態の平均月給は、全業態と比べて高め(全業態比+3,166円) 東京都

2018年9月19日フーディストフィードバック数:0ビジネス

「飲食店における健康メニューの提供」に関するアンケート調査

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店における健康メニューの提供」に関するアンケート調査 「飲食店における健康メニューの提供」に関するアンケート調査 調査サマリー92.3%の飲食店が「食の安全性」に配慮。一方で、「カロリー」に配慮する飲食店は26.8%42.5%の飲食店が、健康を売りにしたメニューを提供。多くは集客への効果を実感70.4%の飲食店が「飲食店においても健康食への対応が必要」と回答。対応を模索する飲食店も飲食店における食の安全性への配慮の重要性は言うまでもなく、9割以上の飲

2018年9月19日フーディストフィードバック数:0ビジネス

「飲食店の月別売上状況」に関するアンケート調査

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店の月別売上状況」に関するアンケート調査 「飲食店の月別売上状況」に関するアンケート調査 調査サマリー売上が高いのは「12月」「3月」「4月」、売上が低いのは「2月」「1月」「8月」65.5%の飲食店が、1年の中で「12月売上が最も高い」と回答31.0%の飲食店が、1年の中で「2月売上が最も低い」と回答売上が低い月への対策は様々。売上への施策は行わず、繁忙期に向けた準備を行う飲食店も12月は忘年会、3月、4月は歓送迎会が多い時期であり、一般的な宴会シ

2018年9月18日フーディストフィードバック数:0ビジネス

「飲食店の新卒採用活動」に関するアンケート調査

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店の新卒採用活動」に関するアンケート調査 「飲食店の新卒採用活動」に関するアンケート調査 集計結果Q1新卒の採用活動をしたことがありますか?(回答必須) Q2新卒の採用活動をする理由として、あてはまるものすべてお答えください。(回答必須) Q3新卒の採用活動の手法をすべてお答えください。(回答必須) この質問の回答結果は非表示になっています。モニター登録後に閲覧できます。 Q4エントリーの受付期間を設けていますか?(回答必須) この質問の

2018年9月18日フーディストフィードバック数:0ビジネス

「飲食店の備品購入」に関するアンケート調査

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店の備品購入」に関するアンケート調査 「飲食店の備品購入」に関するアンケート調査 集計結果Q1店舗備品(※)はどのくらいの頻度で購入していますか?(回答必須) Q2店舗備品の購入の理由について、あてはまるものをすべてお答えください。(回答必須) Q3店舗備品はどのような方法で購入していますか?(回答必須) この質問の回答結果は非表示になっています。モニター登録後に閲覧できます。 Q4「Q3」で「インターネット以外(実店舗など)で購入」と回

2018年9月18日フーディストフィードバック数:0ビジネス

「飲食店における外国人観光客対応の課題」に関するアンケート調査

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店における外国人観光客対応の課題」に関するアンケート調査 「飲食店における外国人観光客対応の課題」に関するアンケート調査 調査サマリー外国人観光客の来店頻度について、約10%の飲食店が「毎日」、約20%が「週に数回」と回答57.8%の飲食店が、外国人観光客の来店数を増やしたいと回答59.6%の飲食店が「料理や食材の説明」が課題と回答客単価の高さやSNS拡散力などのメリットを理由に、半数以上の飲食店が外国人観光客の来店数を増加させたいと考える一方で、コ

2018年9月18日フーディストフィードバック数:0ビジネス

「飲食店の水道光熱費削減」に関するアンケート調査

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店の水道光熱費削減」に関するアンケート調査 「飲食店の水道光熱費削減」に関するアンケート調査 調査サマリー約6割の飲食店の水道光熱費は「売上の5%以下」店舗の水道代・電気代・ガス代の中で最も削減したいのは「電気代」約4割の飲食店が「電力会社の切り替えの経験あり」。また、ガスの切り替えは電気よりも少ない約6割の飲食店が、水道光熱費削減のため様々な対策を実施電力会社やガス会社の切り替え、LED照明の導入、エアコンや厨房機器の交換など、実施に比較的時間を要

2018年6月5日フーディストフィードバック数:0ビジネス

健康を意識してメニュー提供を行っていますか?

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店における健康メニューの提供」に関するアンケート調査 「飲食店における健康メニューの提供」に関するアンケート調査 調査サマリー92.3%の飲食店が「食の安全性」に配慮。一方で、「カロリー」に配慮する飲食店は26.8%42.5%の飲食店が、健康を売りにしたメニューを提供。多くは集客への効果を実感70.4%の飲食店が「飲食店においても健康食への対応が必要」と回答。対応を模索する飲食店も飲食店における食の安全性への配慮の重要性は言うまでもなく、9割以上の飲

2018年6月2日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

人手不足に対する企業の動向調査(2018年4月)

2018/5/24人手不足に対する企業の動向調査(2018年4月)企業の49.2%が正社員不足、4月では過去最高〜 「飲食店」の人手不足は正社員・非正社員とも高水準 〜はじめに2017年度の有効求人倍率が44年ぶりの高水準を記録するなど、労働需給はひっ迫度を増している。こうしたなか、企業においては人件費の上昇などを通じて、収益環境への影響も表れはじめた。また、優秀な人材の確保が難しくなっていることに加え、人手不足にともなう供給制約が日本経済の成長に対する懸念材料となってきた。一方、労働環境は求職

2018年5月8日フーディストフィードバック数:0ビジネス

ノンアルコール飲料を取り扱っていますか?

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店におけるノンアルコール飲料の提供」に関するアンケート調査 「飲食店におけるノンアルコール飲料の提供」に関するアンケート調査 調査サマリー約8割の飲食店がノンアルコール飲料を提供、また、現在提供していない飲食店の約6割が今後の提供を検討ノンアルコール飲料の中では、ノンアルコールビールの提供の割合が最も高いオリジナルドリンクや飲み放題メニューへの追加、グラスによる演出など、他店との差別化もすでに提供を行っている飲食店や、今後の提供を検討している飲食店の

2018年5月7日フーディストフィードバック数:0ビジネス

ネット予約、活用していますか?

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店におけるネット予約の導入状況」に関するアンケート調査 「飲食店におけるネット予約の導入状況」に関するアンケート調査 調査サマリー約6割の飲食店はネット予約に対応。また、ネット予約の約6割は「即予約」ネット予約の窓口は、大手グルメサイトが中心。また、約65%の飲食店が2つ以上のメディアを併用混雑時や営業時間外の受付など、メリットが大きいネット予約。一方で、管理面に課題を感じている飲食店も飲食業界におけるネット予約サービスの普及に伴い、従来の電話予約に

2018年5月7日フーディストフィードバック数:0ビジネス

ノンアルコール飲料を取り扱っていますか?

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧「飲食店におけるノンアルコール飲料の提供」に関するアンケート調査 「飲食店におけるノンアルコール飲料の提供」に関するアンケート調査 調査サマリー約8割の飲食店がノンアルコール飲料を提供、また、現在提供していない飲食店の約6割が今後の提供を検討ノンアルコール飲料の中では、ノンアルコールビールの提供の割合が最も高いオリジナルドリンクや飲み放題メニューへの追加、グラスによる演出など、他店との差別化もすでに提供を行っている飲食店や、今後の提供を検討している飲食店の

2018年4月17日フーディストフィードバック数:0キャリアとスキル

飲食業界の「転職支援サービス」利用実態。8割以上が前向きに利用を検討

飲食業界の「転職支援サービス」利用実態。8割以上が前向きに利用を検討 求人@飲食店.COMが、飲食店で正社員勤務を希望するユーザーに対し、転職支援サービスに関する意識調査を実施いたしました。今後の採用活動にお役立てください。【調査概要】◆調査期間:2017年12月19日~2017年12月25日◆調査対象:求人@飲食店.COMの登録ユーザー(匿名回答)◆有効回答人数:331名※飲食店での正社員勤務を志望しているユーザーを抽出「転職支援サービス」とは?キャリアアドバイザーが面談にて求職者の経歴や希望

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ