調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 駆け込み需要

「駆け込み需要」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

家計調査14年5月~駆け込み需要の反動以上に落ち込む個人消費

家計調査14年5月~駆け込み需要の反動以上に落ち込む個人消費 | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年5月~駆け込み需要の反動以上に落ち込む個人消費 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は市場予想を大きく下回る・個人消費は駆け込み需要の反動以上の落ち込みに総務省が6月27日に公表した家計調査によると、14年5月の実質

消費税増税の影響についてのコラムです。

「想定内」は本当か

「想定内」は本当か 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4月に消費税率が引き上げられてから、新聞、雑誌等で「想定内」という言葉を目にする機会が格段に増えている。たとえば、「今のところ企業からは、増税後の販売の落ちこみは想定内に収まっているとの声が多い。」(日本経済新聞2014/5/1)、「販売で見ても自動車は、4月の実績が前年同月

2014年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(5/20~6/17発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(5/20~6/17発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(5/20~6/17発表統計分)サマリー◆4月の企業関連の指標は、消費税増税による駆け込み需要や前月の大型受注の反動などから、一時的な落ち込みが見られた。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比▲2.8%と駆け込み需要の反動で2ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は同+1.6%と2ヶ月ぶりの上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月の大型

第100回景気分析と予測<1-3月期GDP2次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%、16年度を新たに+1.3%と予測>

第100回景気分析と予測<1-3月期GDP2次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%、16年度を新たに+1.3%と予測> 1.CPB World Trade Monitor (24 Dec. 2019) によれば、2019年7-9月期の世界輸出数量は前期比+0.5%増加し、4四半期ぶりのプラス。10月の世界輸出数量も前月比+0.9%と3カ月ぶりのプラスとなった。また12月14日米中貿易交渉は第1段階の合意に達し世界貿易の一層の悪化は避けられたが、先行き世

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2014年1-3月期GDP二次速報 ここから本文です2014年1-3月期GDP二次速報設備投資が想定以上の上方修正サマリー◆2014年1-3月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+6.7%と、一次速報(同+5.9%)から上方修正された。市場コンセンサス(同+5.6%)からも大きく上振れしたが、これは設備投資が想定以上に上方修正されたことが主因であり、ポジティブな内容であった。一方、民間在庫は一次速報から大きく下方修正された。ただし、在庫の急減は増税前の駆

鉱工業生産14年4月~4-6月期の減産は確実、注目は在庫動向

鉱工業生産14年4月~4-6月期の減産は確実、注目は在庫動向 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年4月~4-6月期の減産は確実、注目は在庫動向 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・4月の生産は市場予想を上回る減産幅に・注目される在庫動向経済産業省が5月30日に公表した鉱工業指数によると、14年4月の鉱工業生産指数は前月比▲

家計調査14年4月~駆け込み需要の反動の影響は5月以降も残る可能性

家計調査14年4月~駆け込み需要の反動の影響は5月以降も残る可能性 | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年4月~駆け込み需要の反動の影響は5月以降も残る可能性 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・駆け込み需要とその反動は前回増税時を上回る・5月以降も反動の影響が残る公算総務省が5月30日に公表した家計調査によると、14年4月の

2014年5月23日日本総研フィードバック数:0社会/政治

関西景気動向5月:関西の景気は、消費増税に伴う駆け込み需要の反動減により個人消費に弱さが残るが、総じてみれば緩やかに持ち直している

関西景気動向5月:関西の景気は、消費増税に伴う駆け込み需要の反動減により個人消費に弱さが残るが、総じてみれば緩やかに持ち直している

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/4/19~5/19発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(4/19~5/19発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(4/19~5/19発表統計分)サマリー◆3月の企業関連の指標は、消費税増税後の極端な下振れが回避されることを示唆する内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+0.7%と2ヶ月ぶりの上昇となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は同▲3.6%と2ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、同+19.1%と2ヶ月ぶりに増加した。製造工業生産

貿易統計14年4月~駆け込み需要の反動を背景に輸入が急減し、貿易赤字が大きく縮小

貿易統計14年4月~駆け込み需要の反動を背景に輸入が急減し、貿易赤字が大きく縮小 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年4月~駆け込み需要の反動を背景に輸入が急減し、貿易赤字が大きく縮小 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸入数量の急減を主因に貿易赤字が縮小・輸出の回復ペースは引き続き緩やか・4月の経常収支(季節調整値)は4

2014年5月20日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

駆け込み消費です。

消費増税に伴う駆け込み需要と反動減にみられる濃淡-個人消費は3大都市圏で、住宅投資は地方圏で盛り上がり

消費増税に伴う駆け込み需要と反動減にみられる濃淡-個人消費は3大都市圏で、住宅投資は地方圏で盛り上がり

2014年1~3月期のGDP(1次速報)結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年5月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+5.9%~消費増税前の駆け込み需要の顕現もあり、景気は大幅に加速~

経済情報:2014年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+5.9%~消費増税前の駆け込み需要の顕現もあり、景気は大幅に加速~

2014~2016年度経済見通し(14年5月)

2014~2016年度経済見通し(14年5月) | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し(14年5月) 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度0.5%、2015年度1.1%、2016年度1.3%を予想> 2014年1-3月期の実質GDPは駆け込み需要の本格化を主因として前期比年率5.9%の

2014年5月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP一次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2014年1-3月期GDP一次速報 ここから本文です2014年1-3月期GDP一次速報駆け込み需要による高成長、駆け込みは前回増税時並みサマリー◆2014年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+5.9%(前期比+1.5%)と6四半期連続のプラス成長となり、市場コンセンサス(前期比年率+4.2%、前期比+1.0%)を上回った。内・外需別に寄与度を見ると、内需寄与度は駆け込み需要によって個人消費が大幅に増加したことを主因に前期比+1.7%ptと6四半期連続のプラ

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比1.5%(年率5.9%)~駆け込み需要を主因に高成長

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比1.5%(年率5.9%)~駆け込み需要を主因に高成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比1.5%(年率5.9%)~駆け込み需要を主因に高成長 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年1-3月期の実質GDPは、前期比1.5%(年率5.9%)となり、2013

2014年5月9日価格.com★フィードバック数:0デジタル家電

価格.comのデータです。

4月以降もお買い得?消費税増税後の価格変動特集

2014年4月1日より、消費税が従来の5%から8%へと引き上げられた。この3%の価格上昇を見越して、2〜3月にかけていわゆる「駆け込み需要」が起こったのは記憶に新しいところだろう。しかし本当に4月以降、モノの価格は上昇したのだろうか。あるいは、今後も高止まりのまま維持されるのだろうか。そこで、価格.comでは、主要カテゴリである「パソコン」「家電」「カメラ」の3つのカテゴリ別に、消費税増税前と増税後の各製品の値動きがどうなっているのかを分析。今後の動きなども予想しながら価格動向について解説してみ

2014年1~3月期のGDP(1次速報)予測

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年度の沖縄県経済の動向

2013年度の沖縄県経済の動向(1)概況 2013年度の県内経済は、年度初めに拡大域に入り、年度終盤には消費税増税前の駆け込み需要の盛り上がりなどから拡大の動きがさらに強まった。消費関連は、沖縄振興予算の増加や政府・日銀の金融緩和政策を背景に、小売が前年度を上回り、耐久消費財が特に年度後半にかけて消費税増税前の駆け込み需要などから前年度を大幅に上回ったことから、好調な動きとなった。観光関連は、入域観光客数が過去最高となり、ホテルの稼働状況も前年度を上回ったことから、好調に推移した。建設関連は、住

2014年5月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+5.5%を予測

トップレポート・コラム経済分析日本2014年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+5.5%を予測 ここから本文です2014年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+5.5%を予測駆け込みによる個人消費の増加が成長を後押しサマリー◆2014年1-3月期のGDP一次速報(2014年5月15日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+5.5%(前期比+1.3%)と、6四半期連続のプラス成長を予測する。2014年4月の消費税率引き上げを前に駆け込み需要が本格化したことで、個人消費が大幅に増加した。加

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計調査14年3月~駆け込み需要は前回の増税前を上回る大きさに

家計調査14年3月~駆け込み需要は前回の増税前を上回る大きさに | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年3月~駆け込み需要は前回の増税前を上回る大きさに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・前回の増税前を上回る伸び・4月の日別消費支出に注目総務省が5月2日に公表した家計調査によると、14年3月の実質消費支出は前年比7.2%となり

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期の実質GDP~前期比1.2%(年率5.0%)を予測

2014年1-3月期の実質GDP~前期比1.2%(年率5.0%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2014年1-3月期の実質GDP~前期比1.2%(年率5.0%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5/15に内閣府から公表される2014年1-3月期の実質GDPは、前期比1.2%(前期比年率5.0%)と推計される。駆け込み需

鉱工業生産14年3月~5四半期連続の増産も、4-6月期は減産が不可避

鉱工業生産14年3月~5四半期連続の増産も、4-6月期は減産が不可避 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年3月~5四半期連続の増産も、4-6月期は減産が不可避 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・5四半期連続の増産・消費税率引き上げ後の在庫動向に注目経済産業省が4月30日に公表した鉱工業指数によると、14年3月の鉱工業生産

貿易統計14年3月~輸出の低迷と駆け込み需要に伴う輸入の急増から貿易赤字がさらに拡大

貿易統計14年3月~輸出の低迷と駆け込み需要に伴う輸入の急増から貿易赤字がさらに拡大 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年3月~輸出の低迷と駆け込み需要に伴う輸入の急増から貿易赤字がさらに拡大 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字がさらに拡大・輸出は一進一退が続く・3月の経常収支(季節調整値)は赤字幅拡大の公算財務省

2014年4月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年4月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年4月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年4月17日日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢をみると、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要とその反動の影響を受けつつも、基調的には、「回復を続けている」、「緩やかに回復している」等の報告があった。この背景としては、国内需要が

消費税増税における「認知ラグ」の影響

消費税増税における「認知ラグ」の影響 | ニッセイ基礎研究所 消費税増税における「認知ラグ」の影響 日本大学経済学部教授 小巻 泰之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 17年ぶりに消費税増税が実施された。消費税増税を巡っては,駆け込み需要の反動減を懸念する見方が多く示されている。この背景には,「駆け込み需要の反動減に,アジア通貨危機,北海道拓殖銀行や山一証券などの

2014年3月31日オールアバウトフィードバック数:0大型消費/投資

「増税前の駆け込み購入(住宅)」に関する調査

ホームプレスリリース2013年度【生活トレンド研究所レポート2014 vol.5】「増税前の駆け込み購入(住宅)」に関する調査を実施 ~住宅購入意向のある人の半数が消費税10%アップまでに購入の意志を示す~~意外に知らない「住宅ローン減税」、新築住宅購入者の約3割が非認知~ 【生活トレンド研究所レポート2014 vol.5】 「増税前の駆け込み購入(住宅)」に関する調査を実施~住宅購入意向のある人の半数が消費税10%アップまでに購入の意志を示す~ ~意外に知らない「住宅ローン減税」、新築住宅購入

2014年3月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年2月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月消費統計 ここから本文です2月消費統計大雪が駆け込み需要による消費の増加を相殺、3月には大幅増の見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2014年2月の実質消費支出は季節調整済み前月比▲1.5%と、2ヶ月ぶりに減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同▲2.4%と4ヶ月ぶりの減少となった。耐久財を中心に駆け込み需要が本格化する一方で、大雪の影響で衣料品やサービス消費が鈍く、全体で見れば減少となった模様だ。◆経済産

日本経済(週次)予測(2014年3月17日)<円安効果が薄まるにつれ、1-3月期純輸出は成長率をさらに押し下げる>

日本経済(週次)予測(2014年3月17日)<円安効果が薄まるにつれ、1-3月期純輸出は成長率をさらに押し下げる> 1.CPB World Trade Monitor (24 Dec. 2019) によれば、2019年7-9月期の世界輸出数量は前期比+0.5%増加し、4四半期ぶりのプラス。10月の世界輸出数量も前月比+0.9%と3カ月ぶりのプラスとなった。また12月14日米中貿易交渉は第1段階の合意に達し世界貿易の一層の悪化は避けられたが、先行き世界貿易の回復については依然予断を許さない。 2.

2014年3月13日東新住建★フィードバック数:0大型消費/投資

1988年以降の住宅着工の推移を見ています。

消費税の駆け込み需要の過去(平成8年)と現在(平成25年)

消費税の駆け込み需要の過去(平成8年)と現在(平成25年)

グラフで見る景気予報(2014年3月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年3月3日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・3月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・3月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年03月03日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●3月は [消費意欲指数=53.8点][デフレ生活指数=62.8点]2014年3月3日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【3月の消費動向】(消費意欲・デフレ生

2014年3月2日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

業況DIは、一服。駆け込み需要への期待も、反動減など先行き不安が広がる(LOBO調査2014年2月結果)

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、一服。駆け込み需要への期待も、反動減など先行き不安が広がる(LOBO調査2014年2月結果) ニュースライン業況DIは、一服。駆け込み需要への期待も、反動減など先行き不安が広がる(LOBO調査2014年2月結果)2014年2月28日 14:00日本商工会議所が28日に発表した2月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、2月の全産業合計の業況DIは、▲7.7と、前月から▲4.6ポイントの悪化。個人消費では、消費税引き上げ前の駆け込み需

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本1月消費統計 ここから本文です1月消費統計耐久財中心に堅調な結果。駆け込み需要は徐々に広がりを見せる見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2014年1月の実質消費支出は季節調整済み前月比+1.6%と、3ヶ月ぶりに増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+2.7%と3ヶ月連続で増加している。2014年1月の個人消費は、駆け込み需要の本格化と天候要因などに支えられ、堅調に増加したと考えてよいだろう。◆経済産業省「商業

鉱工業生産14年1月~駆け込み需要対応で増産ペースが加速

鉱工業生産14年1月~駆け込み需要対応で増産ペースが加速 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年1月~駆け込み需要対応で増産ペースが加速 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・1月の生産は市場予想を上回る高い伸び・2月、3月の生産計画は増税後をにらんだものに経済産業省が2月28日に公表した鉱工業指数によると、14年1月の鉱工業

2014年2月27日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

増税前の消費についての調査です。

増税1ヶ月前にきいた“駆け込み需要”と“買いだめ意識”に関する1,000人調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2013年10~12月期のGDP(1次速報)結果

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2014年2月19日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し

PRESS RELEASE2014年2月17日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し-消費税率引き上げを克服して拡大は持続- 当社は、2013年10~12月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカなど先進国が堅調に推移することで、全体を牽引していくと考えられます。日本経済は回復の持続により、雇用環境も改善に向かい、デフレ脱却も視野に入りつつあります。消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減に見舞われても、景気拡大は持続していくと考えられ

2014年2月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP一次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年10-12月期GDP一次速報 ここから本文です2013年10-12月期GDP一次速報市場予想からは下振れしたが、内容は悪くないサマリー◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.0%(前期比+0.3%)と4四半期連続のプラス成長となったものの、市場コンセンサス(前期比年率+2.8%、前期比+0.7%)を大きく下回った。個人消費が大きく下振れしたことが市場予想を下回った最大の要因である。ただし、民間在庫を除く全ての需要項目が前期から増加

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまる

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまる | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経済 > 日本経済 > QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまるQE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成

2014年2月6日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

消費税増税が出荷量・入荷量に及ぼす影響に関する調査

研究レポート 日通総合研究所が独自に行ってきた調査・分析の研究レポートを公開しています。 ロジスティクスレポート No.20消費税増税が出荷量・入荷量に及ぼす影響に関する調査 はじめに2014年4月より、消費税率が現行の5%から8%に引き上げられるが、これを受けて、広範囲な業種において”駆け込み需要”が発生している。駆け込み需要は、昨年10~12月期から今年1~3月期にかけて、消費財を中心に発生のピークを迎えると考えられ、国内向け出荷量は相当に盛り上がるものとみられる。 その一方で、消費税増税後

グラフで見る景気予報(2014年2月)

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2014年1月31日日本自動車工業会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

今年の見通しです。

2014暦年(平成26暦年)自動車国内需要見通し

I.四輪車1.四輪車総需要の動向2013年の四輪車総需要は5,376千台・前年比100.1%であった。内訳は、登録車が3,263千台・前年比96.2%、軽四輪車が2,113千台・前年比106.7%。年前半は、経済対策や、景気の緩やかな回復による下支えがあったものの、前年に終了した補助金効果の剥落により、前年水準を下回った。年後半は、景気の回復に加え、新型車投入・モデルチェンジ効果や、消費税率の引き上げを控えた駆け込み需要により、市場は前年を上回り、通年では前年並みの水準となった。2014年につい

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本12月鉱工業生産 ここから本文です12月鉱工業生産幅広い業種で上昇、駆け込み需要に向け先行きも大幅な増産計画サマリー◆2013年12月の生産指数は、前月比+1.1%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+1.3%)をわずかに下回ったものの、生産の増加基調が続いていることを確認させる内容であった。出荷指数も同+0.6%と2ヶ月ぶりの上昇となり、在庫指数は同▲0.4%と5ヶ月連続で低下となった。◆12月の生産を業種別に見ると、全15業種中、13業種が前月か

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP予測 ~前期比年率+2.8%を予測

トップレポート・コラム経済分析日本2013年10-12月期GDP予測 ~前期比年率+2.8%を予測 ここから本文です2013年10-12月期GDP予測 ~前期比年率+2.8%を予測内需の加速が成長を後押しサマリー◆2013年10-12月期のGDP一次速報(2014年2月17日公表予定)では、実質GDPが前期比+0.7%(前期比年率+2.8%)と、5四半期連続のプラス成長を予測する。2014年4月の消費税増税を前に、駆け込み需要により、個人消費や住宅投資が大幅に増加した。さらに、企業収益の改善を背

鉱工業生産13年12月~駆け込み需要が生産活動を後押し

鉱工業生産13年12月~駆け込み需要が生産活動を後押し | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年12月~駆け込み需要が生産活動を後押し 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・4四半期連続の増産・年度末にかけて増産ペースは加速する公算経済産業省が1月31日に公表した鉱工業指数によると、13年12月の鉱工業生産指数は前月比1.1%と

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2013/12/17~1/22発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(12/17~1/22発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(12/17~1/22発表統計分)サマリー◆2013年11月の企業関連の指標は、企業部門の改善が継続していることを確認させる内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比▲0.1%と3ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は、前月比+1.9%と、2ヶ月連続の上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比+9.3%と2ヶ月連続で増加した

2014年1月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

内需主導の景気拡大と貿易赤字

トップレポート・コラムコラム内需主導の景気拡大と貿易赤字 ここから本文です内需主導の景気拡大と貿易赤字貿易赤字の拡大傾向が続いている。2013年11月の貿易赤字額は1兆2,941億円と、1979年の統計開始以来、3番目の赤字幅となった。また、赤字幅が2ヶ月連続で1兆円台となったのは統計開始以来初めてのことである。貿易赤字の拡大傾向が続いている最大の理由は、2012年末以降、円安傾向が続いているにもかかわらず輸出数量がそれほど伸びていないことであろう。円安が進むと、円建て換算の輸入価格が上昇するた

景気ウォッチャー調査13年12月~現状判断DI、先行き判断DIともに好調を維持

景気ウォッチャー調査13年12月~現状判断DI、先行き判断DIともに好調を維持 | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年12月~現状判断DI、先行き判断DIともに好調を維持 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは2ヶ月連続で上昇・先行き判断DIは4ヶ月ぶりの低下1月14日に内閣府から発表された2013年12月の景気ウォッチャー調

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ