調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 駆け込み需要

「駆け込み需要」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年11月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本11月消費統計 ここから本文です11月消費統計11月は衣料品を中心に増加。増税後の個人消費は所定内給与の動向次第サマリー◆総務省「家計調査」によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.3%と、前月から減少した。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.2%と2ヶ月ぶりに増加している。自動車に対する支出の増加が続いていることを考慮すると、11月の個人消費は堅調な結果であったと言えよう。◆経済産業省「商業販売統計」に

2013年12月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2013/11/19~12/16発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(11/19~12/16発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(11/19~12/16発表統計分)サマリー◆2013年10月の企業関連の指標は、企業部門の改善が継続していることを確認させる内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+1.0%と2ヶ月連続の上昇となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は、前月比+1.1%と2ヶ月ぶりに上昇した。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比+0.6%と2ヶ月ぶりに増加し

景気ウォッチャー調査13年11月~現状判断DI、先行き判断DIともに上昇するなど好調が続く

景気ウォッチャー調査13年11月~現状判断DI、先行き判断DIともに上昇するなど好調が続く | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年11月~現状判断DI、先行き判断DIともに上昇するなど好調が続く 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは2ヶ月ぶりの上昇・先行き判断DIは3ヶ月連続の上昇12月9日に内閣府から発表された2013年1

年度末にかけて駆け込み需要によって高めの成長継続~一方、増税後の国内景気は停滞気味に~

年度末にかけて駆け込み需要によって高めの成長継続~一方、増税後の国内景気は停滞気味に~

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7-9月期GDP予測~前期比年率+1.8%を予測

トップレポート・コラム経済分析日本2013年7-9月期GDP予測~前期比年率+1.8%を予測 ここから本文です2013年7-9月期GDP予測~前期比年率+1.8%を予測公共投資、住宅投資、設備投資が全体をけん引サマリー◆2013年7-9月期のGDP一次速報(2013年11月14日公表予定)では、実質GDPが前期比+0.4%(前期比年率+1.8%)と、4四半期連続のプラス成長を予測する。2012年末以降の景気回復をけん引した個人消費と輸出の減速が見込まれるものの、2012年度補正予算の執行による公

滋賀県内企業の4割以上で駆け込み需要が発生へ

滋賀県内企業の4割以上で駆け込み需要が発生へ

景気ウォッチャー調査13年9月 ~ 現状判断DI、先行き判断DIは共に上昇へ転じる

景気ウォッチャー調査13年9月 ~ 現状判断DI、先行き判断DIは共に上昇へ転じる | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年9月 ~ 現状判断DI、先行き判断DIは共に上昇へ転じる 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは6ヶ月ぶりの上昇・先行き判断DIは5ヶ月ぶりの上昇10月8日に内閣府から発表された2013年9月の景気ウォッチ

2013年10月7日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

増税を前にした調査です。

消費税8%決定。節約意識と駆込み需要の実態は…?

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、 マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : 株式会社マクロミル運営元の株式会社マクロミルは、ネットリサーチのリーディングカンパニーとして、 これまで6,500社を

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本8月消費統計 ここから本文です8月消費統計個人消費は足踏み状態にあるサマリー◆総務省「家計調査」によると、2013年8月の実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.5%と2ヶ月ぶりの減少となった。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.1%と3ヶ月ぶりに増加している。◆経済産業省「商業販売統計」によると、8月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+0.9%と3ヶ月ぶりに増加した。ただし、小売販売金額全体で見れば、6月、

2013年9月4日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年8月調査)

業況DIは、悪化。先行きは、不透明感拭えず、慎重な見方変わらず全産業合計の業況DIは▲29.4(前月比▲2.6ポイント)。都市部の再開発を中心とする民間工事は底堅く推移する一方、消費税率引上げ後から受注の減少も見られる建設業や、米中貿易摩擦・中国経済減速の影響が長引き、工作機械や産業用機械、自動車関連を中心に不振が続く製造業が全体を押し下げた。消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動減の影響が落ち着き始めたとの声も聞かれる一方、消費者の節約志向の強まりや、世界経済の先行き不透明感、深刻な人手不足や

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本7月消費統計 ここから本文です7月消費統計衣料品の販売不調が全体を下押しサマリー◆2013年7月の総務省「家計調査」によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.9%と2ヶ月ぶりの増加となった。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲0.4%と2ヶ月連続で減少している。衣料品の販売不調が全体を押し下げたが、7月の上旬から中旬にかけて、例年よりも気温が高かった影響でエアコン販売が好調など、良い動きも見られている。◆商業

米7月中古住宅販売:駆け込み需要増で約4年ぶり高水準に急増

米7月中古住宅販売:駆け込み需要増で約4年ぶり高水準に急増 | ニッセイ基礎研究所 米7月中古住宅販売:駆け込み需要増で約4年ぶり高水準に急増 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 7月の米中古住宅販売は年率539万戸と前月比6.5%の急増、前年比では17.2%の増加となり2009年以来の高水準を回復した。販売価格では前年比13.7%と2005年以来の大幅

2013年8月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

暑さでアイスの消費が増え、みその消費が減るとのことです。

真夏の"駆け込み需要"

トップレポート・コラムコラム真夏の"駆け込み需要" ここから本文です真夏の"駆け込み需要"記録的な猛暑が続いている。高知県の四万十市では全国の観測史上最高である41.0℃を記録した。東京でも最低気温が30℃を超す日があるなど、非常に暑い、過ごしにくい日が続いている。こうも暑いとついついコンビニに駆け込んでアイスや飲み物を買いたくなる。気付くと毎日のようにアイスを食べている気もするが、こうした傾向は筆者だけでなく全国的に見られるようだ。8月の最高気温と、「アイスクリーム・シャーベット」の消費金額に

2013年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期の実質GDP ~前期比0.9%(年率3.6%)を予測

2013年4-6月期の実質GDP ~前期比0.9%(年率3.6%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年4-6月期の実質GDP ~前期比0.9%(年率3.6%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8/12に内閣府から公表される2013年4-6月期の実質GDPは、前期比0.9%(前期比年率3.6%)と3四半期連続のプラ

2013年7月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期GDP予測~前期比年率+3.0%を予測

トップレポート・コラム経済分析日本2013年4-6月期GDP予測~前期比年率+3.0%を予測 ここから本文です2013年4-6月期GDP予測~前期比年率+3.0%を予測内需・外需ともバランスの取れた成長サマリー◆2013年4-6月期のGDP1次速報(2013年8月12日公表予定)では、実質GDPが前期比+0.7%(前期比年率+3.0%)と、3四半期連続のプラス成長を予測する。1-3月期に引き続き内需・外需ともバランスの取れた成長が継続していることを確認させる内容となるだろう。◆個人消費は前期比+

市場データです。

平成25年度機械工業生産額見通し調査

平成25年度機械工業生産額見通し調査(発表:平成25年7月23日)日機連では、毎年関係工業会の協力を得て、年度ごとの機械工業の生産額見通し調査を行っているが、このほど平成25年度見通しの集計結果(調査時点平成25年5月)がまとまったので、その概要を紹介する。なお、機種別の生産額(24年度実績、25年度見通し)、輸出額(24年度実績)など、詳細についてお知りになりたい方は、業務部(TEL:03-3434-5383)まで問い合せ下さい。また、数値は一応当該機種の全国ベースを原則としているが、機種によ

2013年3月30日日本政策金融公庫★フィードバック数:1マーケティング

企業視点での消費税増税の影響についてのコラムです。

消費増税前の駆け込み需要はどうなるか ~短期的な需要の増減に左右されない成長戦略が鍵~

消費増税前の駆け込み需要はどうなるか ~短期的な需要の増減に左右されない成長戦略が鍵~

駆け込み需要が活発化。「家電エコポイント」関連サイトの動向

駆け込み需要が活発化。「家電エコポイント」関連サイトの動向  インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:五十嵐 達)は、家電エコポイントに関連するWebサイトの動向についてまとめました。<調査結果より> 12月より半減の「家電エコポイント」。駆け込み需要とともに、インターネットの関連サイトも活況の様相。「家電エコポイント」の付与額が2010年12月1日よりほぼ半減されることに伴い、特に地上デジタル放送対応の薄型テレ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ