調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 高速道路走行

「高速道路走行」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年1月11日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

中国における自動運転の消費者ニーズ調査を実施(2018年)

中国主要5地域において自動運転システムを購入、もしくは購入検討は80%超 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、中国における自動運転の消費者ニーズについてアンケート調査を実施し、中国主要5地域(北京市/上海市/広東省/江蘇省/浙江省)のユーザー動向を把握し、その傾向を比較分析した。 図1. 自動運転に対する期待と購入意欲~日米欧(2017年調査)と中国主要5地域(2018年調査)の結果比較 図2. 中国主要5地域における高速道路走行を前提とした自動運転システムの支払い可能金額1.

2018年5月16日パーク24フィードバック数:0大型消費/投資

【パーク24】73%がクルマの安全運転支援機能の作動・利用経験あり 最も多い場面は「高速道路走行時」

【パーク24】73%がクルマの安全運転支援機能の作動・利用経験あり最も多い場面は「高速道路走行時」 【パーク24】73%がクルマの安全運転支援機能の作動・利用経験あり 最も多い場面は「高速道路走行時」 パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※の会員を対象に実施した、「クルマの安全運転支援機能」に関するアンケート結果を発表いたします。□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 調査結果ト

2018年2月8日矢野経済研究所★★フィードバック数:0大型消費/投資

日米欧における自動運転の消費者ニーズ調査を実施(2017年)

日米欧における自動運転の消費者ニーズ調査を実施(2017年) ~日米欧において自動運転システムの購入もしくは購入検討は40%を上回る~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて日米欧における自動運転の消費者ニーズ調査を実施した。1.調査期間:2017年9月~10月2.調査対象:日本、米国、欧州の自動車免許を保有して1年以上経過し、週2回以上運転する20歳以上の男女2,000名(日本500名、米国500名、欧州;ドイツ400名、イギリス300名、フランス300名)3.調査方法:インターネッ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ