調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 高齢社会総合

「高齢社会総合」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

【5月米個人所得・消費支出】消費支出は09年8月以来の高い伸び。消費の堅調を確認する内容

【5月米個人所得・消費支出】消費支出は09年8月以来の高い伸び。消費の堅調を確認する内容。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米個人所得・消費支出】消費支出は09年8月以来の高い伸び。消費の堅調を確認する内容。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:個人消費支出は前月から伸びが加速6月25日、米商務省の経済分析局(BEA)

公的年金は増額傾向? 欠かせないデフレ脱却

公的年金は増額傾向? 欠かせないデフレ脱却 | ニッセイ基礎研究所 公的年金は増額傾向? 欠かせないデフレ脱却 金融研究部 企業年金調査室長 年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年に引き続き、今年度も2%台の賃上げが実施される見込みである。ベースアップに踏み切る企業は全体の半数程度に留まりそうである

2015・2016年度経済見通し(15年2月)

2015・2016年度経済見通し(15年2月) | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し(15年2月) 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.9%、2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2014年10-12月期の実質GDPは前期比年率2.2%と3四半期ぶりのプラス成長と

年金が機能を発揮するには~日本の企業年金は、ほとんど年金でないかもしれない~

年金が機能を発揮するには~日本の企業年金は、ほとんど年金でないかもしれない~ | ニッセイ基礎研究所 年金が機能を発揮するには~日本の企業年金は、ほとんど年金でないかもしれない~ 金融研究部 研究理事 年金研究部長 兼 年金総合リサーチセンター長 德島 勝幸基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 退職一時金の分割給付という形で制度がスタートした日本の企業年金は、現在で

年金改革についてのレポートです。

2015年公的年金改革の展望

2015年公的年金改革の展望 | ニッセイ基礎研究所 2015年公的年金改革の展望 保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年6月に発表された財政見通しを受けて、現在、次期公的年金改革に向けた議論が社会保障審議会の年金部会で進められている。本稿では、昨年11月に合意された改革の基本方

長寿時代の孤立予防に関する総合研究~孤立死3万人時代を迎えて~

長寿時代の孤立予防に関する総合研究~孤立死3万人時代を迎えて~ | ニッセイ基礎研究所 長寿時代の孤立予防に関する総合研究~孤立死3万人時代を迎えて~ 生活研究部 主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任 前田 展弘基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○日ごろの質的・量的なコミュニケーションの状況から、社会的孤立リスクについて推定した結果、ゆとり世代、団塊Jr.世代

年金改革ウォッチ 2014年11月号~ポイント解説:給付削減の1・2階同時終了

年金改革ウォッチ 2014年11月号~ポイント解説:給付削減の1・2階同時終了 | ニッセイ基礎研究所 年金改革ウォッチ 2014年11月号~ポイント解説:給付削減の1・2階同時終了 保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1 ―― 先月までの動き年末の取りまとめにむけて、年金部会と企

企業年金の財政安定化に資する積立剰余の活用について

企業年金の財政安定化に資する積立剰余の活用について | ニッセイ基礎研究所 企業年金の財政安定化に資する積立剰余の活用について 金融研究部 企業年金調査室長 年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 公的年金の減額・縮小が見込まれる中、民間サラリーマンの退職後の所得保障においては、資産残高53兆円と確定拠出

アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善

アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善 | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善 保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年6月に発表された公的年金の財政検証では、アベノミクスの奏効を仮定するか否かで結果が分かれた。

内外株価収益率間の相関係数上昇要因

内外株価収益率間の相関係数上昇要因 | ニッセイ基礎研究所 内外株価収益率間の相関係数上昇要因 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 近年の内外株価収益率間の相関係数は、以前と比較して高い水準にある。相関係数の仕組みを理解すると、経済のグローバル化よりも投資のグローバル化による

2014年8月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【2014年7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇

【7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇 | ニッセイ基礎研究所 【7月米ISM製造業指数】非常に良好、雇用指数も大幅上昇 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 【要旨】結果の概要:非常に良好8月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す7月の製造業指数(PMI)を公表した1。結果は57.1

相関係数を改めて考える-「見方」を変えると答えが変わる

相関係数を改めて考える-「見方」を変えると答えが変わる | ニッセイ基礎研究所 相関係数を改めて考える-「見方」を変えると答えが変わる 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 相関係数は証券投資理論やリスク管理で必要不可欠である。相関係数とは、2資産の価格変動(収益率)がどの程度

2013年度生保決算の概要

2013年度生保決算の概要 | ニッセイ基礎研究所 2013年度生保決算の概要 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 生命保険会社43社の2014年3月期の決算が5月末に出揃った。資産運用環境が前年度に引き続き株高・円安という良好なものだったことで、収益性、健全性の面では好調なものとなった。特に大手中堅

2014年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

年金改革ウォッチ 2014年6月号~ポイント解説:年金開始年齢の75歳選択制

年金改革ウォッチ 2014年6月号~ポイント解説:年金開始年齢の75歳選択制 | ニッセイ基礎研究所 年金改革ウォッチ 2014年6月号~ポイント解説:年金開始年齢の75歳選択制 保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1 ―― 先月までの動き新たな部会として、年金事業管理部会が設置さ

エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要

エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要 | ニッセイ基礎研究所 エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら エマージングリスクについては、それを特定し、さらに顕在化した際の対応策を考えるべく、世界規模でいくつかの研究機

2014年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み

2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み | ニッセイ基礎研究所 2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み 保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 去る1月31日に2014年度に向けた年金の改定率が発表された。名目額では0

中国経済:市場の発する信号に耳をすませば

中国経済:市場の発する信号に耳をすませば | ニッセイ基礎研究所 中国経済:市場の発する信号に耳をすませば 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 成長目標が「7.5%前後」に設定されたことで、2014年の成長率が7%を割り込むとの見方は少ない。しかし、中国経済は多くのリスク要因を抱えており、政策運営の誤りなどで経済が悪循環に陥る可

2014年3月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年12月の消費者物価(生鮮食品を

家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年11月の消費者物価(生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比1.2%となったが、家計が直面している物価上昇率はそれよりも

高齢社会エキスパートの輩出-第1回高齢社会検定試験の実施結果報告-

高齢社会エキスパートの輩出-第1回高齢社会検定試験の実施結果報告- | ニッセイ基礎研究所 高齢社会エキスパートの輩出-第1回高齢社会検定試験の実施結果報告- 生活研究部 主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任 前田 展弘基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 現代社会に不可欠な「三大スキル」と言えば、「英語」「ICT」、そして「高齢社会」に関する知識と言われている。

公的年金財政の仕組みと注目点-今年公表予定の「財政検証結果」を読み解くための基礎知識

公的年金財政の仕組みと注目点-今年公表予定の「財政検証結果」を読み解くための基礎知識 | ニッセイ基礎研究所 公的年金財政の仕組みと注目点-今年公表予定の「財政検証結果」を読み解くための基礎知識 保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年は、5年に1度の「公的年金財政検証」の年にあた

消費者物価(全国13年11月)~コアCPIが5年ぶりに1%台の伸びに

消費者物価(全国13年11月)~コアCPIが5年ぶりに1%台の伸びに | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年11月)~コアCPIが5年ぶりに1%台の伸びに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIが5年ぶりに1%台の伸び・物価上昇の裾野がさらに広がる・コアCPIは年度末まで1%台前半の伸びが続く見込み総務省が12

消費者物価(全国13年10月)~4年5ヵ月ぶりに物価上昇品目数が下落品目数を上回る

消費者物価(全国13年10月)~4年5ヵ月ぶりに物価上昇品目数が下落品目数を上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年10月)~4年5ヵ月ぶりに物価上昇品目数が下落品目数を上回る 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・米国型コアCPIが5年ぶりの上昇・4年5ヵ月ぶりに物価上昇品目数が下落品目数を上回る・コアCPIは年

消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る

消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年9月)~ 総合指数では物価上昇品目数が下落品目数を上回る 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率は0.1ポイント縮小・物価上昇の裾野が広がる・コアCPI上昇率は1%程度まで拡大へ総務省が1

2013年10月17日東京大学フィードバック数:0ライフスタイル

在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究事業

ソウル大学Gyounghae Han先生を中心とする韓国産業界の視察団がいらっしゃいました<ソウル大学Gyounghae Han先生を中心とする韓国産業界の視察団が いらっしゃいました> 5月10日、ソウル大学のGyounghae Han先生を中心とする韓国産業界の視察団45名が柏市豊四季台団地の視察にいらっ […]在宅医療が映画に! 辻哲夫先生・特別監修『ピア まちをつなぐもの』が公開されます<在宅医療が映画に! 辻哲夫先生・特別監修『ピア まちをつなぐもの』が公開されます> IOGの辻哲夫特

割引率の水準で異なる金利上昇リスクへの対応

割引率の水準で異なる金利上昇リスクへの対応 | ニッセイ基礎研究所 割引率の水準で異なる金利上昇リスクへの対応 金融研究部 企業年金調査室長 年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 超低金利が続くなか、運用利回りの向上を目指す上では将来的な金利上昇に備えた国内債券運用が欠かせない。しかし今期末から始まる会

中国経済:下値模索の上海総合と上値模索の創業板

中国経済:下値模索の上海総合と上値模索の創業板 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:下値模索の上海総合と上値模索の創業板 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の代表的株価指数である上海総合は冴えない値動きをしているが、中国版ナスダックとも呼ばれる深?の創業板は、史上最高値まで僅かのところまで上昇してきた。上海総合の値動きが冴え

決算のまとめです。

2012年度生保決算の概要

2012年度生保決算の概要 | ニッセイ基礎研究所 2012年度生保決算の概要 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 生命保険会社43社の2013年3月期の決算が5月末に出揃った。今回の決算はアベノミクス効果による株高・円安に支えられ、収益性、健全性の両面で好調なものとなった。新契約高は対前年度8.7%

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

愚直にリバランスルールを守るべきか

愚直にリバランスルールを守るべきか | ニッセイ基礎研究所 愚直にリバランスルールを守るべきか 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年秋に株価が反転し、多くの年金基金が年始から年度末にかけてリバランスを実施したようだ。その後も株価の上昇は続いた為、事前に定めたルール通りにリ

欧州年金基金の健全性規制 -定量的影響度調査の結果速報

欧州年金基金の健全性規制 -定量的影響度調査の結果速報 | ニッセイ基礎研究所 欧州年金基金の健全性規制 -定量的影響度調査の結果速報 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州において、年金基金に関して保険会社のソルベンシーIIと同様の健全性規制を導入するための定量的影響度調査が行われ、4月上旬に結果

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ