「高齢社会」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

Infocalendar -「バレンタインデー」を楽しみにしている人

Infocalendar -「バレンタインデー」を楽しみにしている人 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > Infocalendar -「バレンタインデー」を楽しみにしている人Infocalendar -「バレンタインデー」を楽しみにしている人 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら Source : 日本生命保険相互会社「バレンタインデー」

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

マイナス貯蓄率の時代

マイナス貯蓄率の時代 | ニッセイ基礎研究所 マイナス貯蓄率の時代 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 内閣府が発表した2013年度の国民経済計算確報によると、低下傾向にあった日本の家計貯蓄率はついにマイナス1.3%となった。日本の家計貯蓄率は1970年代半ばには20%以上もあったが、2000年代に入る頃には5%程度に低下していた。日本

2015年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

異次元の金融緩和で出回った資金はどこに行ったのか

異次元の金融緩和で出回った資金はどこに行ったのか | ニッセイ基礎研究所 異次元の金融緩和で出回った資金はどこに行ったのか 千田 英明基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀の国債保有額が急激に増加してきている。その影響で、国債マーケットでは様々な変化が起きている。金利の低下、流動性の低下などである。一方で、金融緩和の効果として期待される貸出はそれほど大きく伸びて

2015年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響

日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響 | ニッセイ基礎研究所 日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費税率引き上げ後の景気後退や原油価格の大幅な下落など、消費者物価を取り巻く環境は変わった。これに対し、日銀は追加の金融緩和を決定し、政府は今年10月に予定していた消費税率

2015年2月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2015年2月号)

最近の人民元と今後の展開(2015年2月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2015年2月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 1月の人民元相場は基準値が米国ドルに対して小幅下落、現物実勢はやや大きめの下落となった。22日に欧州中央銀行(ECB)が市場予想を上回る規模で資産買い入れプログラムの拡大を決

2015年2月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

変貌するロンドンの不動産投資・開発状況

変貌するロンドンの不動産投資・開発状況 | ニッセイ基礎研究所 変貌するロンドンの不動産投資・開発状況 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2012年に夏季オリンピックを終えたロンドン市街では、金融危機後に着工した大型不動産開発が相次いで竣工している。今後も複数の大型プロジェクトが竣工する予定で、海外資金による不動産取得も他都市に比べ目立つ。欧州全体で

2015年2月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

リンギ安進むマレーシア~原油安による経済への影響~

リンギ安進むマレーシア~原油安による経済への影響~ | ニッセイ基礎研究所 リンギ安進むマレーシア~原油安による経済への影響~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年9月頃から世界経済の景気減速懸念と原油安を背景とするリスク回避の動きが強まり、ASEAN4の中では産油国マレーシアの通貨リンギットが相対的に下落している。本稿では、

2015年2月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

【10-12月期米GDP】前期比年率+2.6%、底堅い成長が持続

【10-12月期米GDP】前期比年率+2.6%、底堅い成長が持続 | ニッセイ基礎研究所 【10-12月期米GDP】前期比年率+2.6%、底堅い成長が持続 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月30日、米商務省の経済分析局(BEA)は10-12月期のGDP統計(1次速報値)を公表した。10-12月期の実質GDP成長率は、季節調整済

2014年10-12月期の実質GDP~前期比0.9%(年率3.7%)を予測

2014年10-12月期の実質GDP~前期比0.9%(年率3.7%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2014年10-12月期の実質GDP~前期比0.9%(年率3.7%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2/16に内閣府から公表される2014年10-12月期の実質GDPは、前期比0.9%(前期比年率3.7%)と3四半期ぶ

【フィリピンGDP】10-12月期は前年同期比+6.9%~財政の後押しで高成長を維持~

【フィリピンGDP】10-12月期は前年同期比+6.9%~財政の後押しで高成長を維持~ | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】10-12月期は前年同期比+6.9%~財政の後押しで高成長を維持~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら フィリピンの国家統計調整委員会(NSCB)は1月29日、2014年10-12月期の国内総生産(G

鉱工業生産14年12月~3四半期ぶりの増産も在庫調整圧力は残存

鉱工業生産14年12月~3四半期ぶりの増産も在庫調整圧力は残存 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年12月~3四半期ぶりの増産も在庫調整圧力は残存 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・10-12月期は3四半期ぶりの増産・在庫調整圧力が残り、生産の回復ペースは緩やかにとどまる公算経済産業省が1月30日に公表した鉱工業指数によ

中国経済についてのレポートです。

中国経済~2015年の注目ポイントは?

中国経済~2015年の注目ポイントは? | ニッセイ基礎研究所 中国経済~2015年の注目ポイントは? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国国家統計局は1月20日に実質GDP成長率を公表、2014年は前年比7.4%増となった。中国政府が設定した2014年の成長率目標は「7.5%前後」だったので、経済が“新常態”に移行したとす

景況感はさらに改善するも海外要因を注視~不動産価格のピークは2017年までが大勢~第11回不動産市況アンケート結果

景況感はさらに改善するも海外要因を注視~不動産価格のピークは2017年までが大勢~第11回不動産市況アンケート結果 | ニッセイ基礎研究所 景況感はさらに改善するも海外要因を注視~不動産価格のピークは2017年までが大勢~第11回不動産市況アンケート結果 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 第11回不動産市況アンケート(年1回、実務家・専門家対象)において

米国年末商戦の評価-好調な米国個人消費に変調はみられるのか

米国年末商戦の評価-好調な米国個人消費に変調はみられるのか | ニッセイ基礎研究所 米国年末商戦の評価-好調な米国個人消費に変調はみられるのか 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 年末商戦(11月~12月)の小売売上は年間売上のおよそ2割を占めているほか、12月は、年間でもっとも売上が大きいスーパーサタデーをはじめ年間上位10日のう

1月ECB政策理事会: 資産買入れプログラムを拡大、国債含め月600億ユーロに

1月ECB政策理事会: 資産買入れプログラムを拡大、国債含め月600億ユーロに | ニッセイ基礎研究所 1月ECB政策理事会: 資産買入れプログラムを拡大、国債含め月600億ユーロに 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が22日に政策理事会を開催、資産買い入れプログラムの拡大とターゲット型資金供給(TLTRO

年金に代えて給与を払う社会~初夢は正夢になるか~

年金に代えて給与を払う社会~初夢は正夢になるか~ | ニッセイ基礎研究所 年金に代えて給与を払う社会~初夢は正夢になるか~ 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 新年ももうだいぶ日が経ってしまったが、みなさんはどのような初夢をごらんになっただろうか。筆者の初夢は何とも奇妙な夢だった。高齢者には年金が支給されなくなり、代わりに全員に仕事が用

貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業

貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業 | ニッセイ基礎研究所 貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年度の家計貯蓄率は▲1.3%となり、1955年度以降で初のマイナスとなった。家計の貯蓄額は1994年度の36.1兆円から2013年度には▲3.7兆円と約20年間で40

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~ | ニッセイ基礎研究所 ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月25日のギリシャの議会選挙が迫ってきた。最大野党SYRIZA勝利の観測は、年明け後の世界的株価下落の一因となったが、その後の影響は12年に比べて限定的だ。足もとのユ

顧客の苦情を生まないためには-「まあ満足」では不十分!苦情の削減には高い満足が重要

顧客の苦情を生まないためには-「まあ満足」では不十分!苦情の削減には高い満足が重要 | ニッセイ基礎研究所 顧客の苦情を生まないためには-「まあ満足」では不十分!苦情の削減には高い満足が重要 生活研究部 主任研究員 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 生命保険協会にて公開されている、平成26年度上半期の生保各社の苦情受付件数と個人保険保有件数から苦情の発

企業物価指数(2014年12月)~消費増税の影響を除くと、原油安で2ヵ月連続のマイナス

企業物価指数(2014年12月)~消費増税の影響を除くと、原油安で2ヵ月連続のマイナス | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2014年12月)~消費増税の影響を除くと、原油安で2ヵ月連続のマイナス 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響を除くと、原油安で2ヵ月連続のマイナス・輸入物価は大幅に鈍化・交易条件は緩やかに改善・最終財価格は鈍化1月

2014年12月マネー統計~マネーの波及は貸出次第

12月マネー統計~マネーの波及は貸出次第 | ニッセイ基礎研究所 12月マネー統計~マネーの波及は貸出次第 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 伸び率は小幅に鈍化・マネタリーベース: 年末の見通しを達成・マネーストック: マネーの伸びは一服12月の銀行貸出(平残)の伸び率は前年比2.7%(前月は2.8%)と小幅

Infocalendar -羊原毛生産量[2011年]

Infocalendar -羊原毛生産量[2011年] | ニッセイ基礎研究所 レポート紹介研究領域経済金融・為替資産運用・資産形成年金社会保障制度保険不動産経営・ビジネス暮らしジェロントロジー(高齢社会総合研究)医療・介護・健康・ヘルスケア政策提言注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アクセスランキング 2020年10月15日News Release 2020年07月09日News Release 2020年06月25日News Release 【Infocalen

2015年1月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

どうしたら投資教育が進むのか?

どうしたら投資教育が進むのか? | ニッセイ基礎研究所 どうしたら投資教育が進むのか? 保険研究部 主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 篠原 拓也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 確定拠出年金制度では、加入者が自己責任で資産運用を行うこととされており、投資教育が欠かせない。しかし、日本では、その取り組みは道半ばである。その背景には、投資についての欧米との

2015年1月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

企業の現金保有と退職給付制度

企業の現金保有と退職給付制度 | ニッセイ基礎研究所 企業の現金保有と退職給付制度 東京理科大学 経営学部 佐々木 隆文基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 企業による現金保有が趨勢的に増加し、実質無借金となる企業が増えてきている。確定給付型の退職給付制度を持つ企業においても、財務体質は飛躍的に改善しつつある。今後は設備投資、研究開発投資など積極的な使途への活用が期

2015年1月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2015年1月号)

最近の人民元と今後の展開(2015年1月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2015年1月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 12月の人民元相場(対米国ドル)は、現物実勢が2ヵ月連続で下落する一方、基準値はやや上昇する展開となった。11月に中国人民銀行が基準金利を引き下げて以降、現物実勢は米国ドルに

マイナス貯蓄率の時代

マイナス貯蓄率の時代 | ニッセイ基礎研究所 マイナス貯蓄率の時代 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 内閣府が発表した2013年度の国民経済計算確報によると、低下傾向にあった日本の家計貯蓄率はついにマイナス1.3%となった。日本の家計貯蓄率は1970年代半ばには20%以上もあったが、2000年代に入る頃には5%程度に低下していた。日本

消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ

消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年11月)~コアCPI上昇率は15年度入り後に0%台前半へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は2ヵ月連続の1%割れ・コアCPI上昇率は15年度入り後には0%台前半

鉱工業生産14年11月~在庫調整が足踏み

鉱工業生産14年11月~在庫調整が足踏み | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年11月~在庫調整が足踏み 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・在庫指数が3ヵ月ぶりの上昇・3四半期ぶりの増産だが、力強い回復は期待できず経済産業省が12月26日に公表した鉱工業指数によると、14年11月の鉱工業生産指数は前月比▲0.6%と3ヵ月ぶ

業績拡大が押し上げた2014年の株式市場

業績拡大が押し上げた2014年の株式市場 | ニッセイ基礎研究所 業績拡大が押し上げた2014年の株式市場 金融研究部 准主任研究員 前山 裕亮基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3年連続の上昇2014年も残りわずか。年初の米国の大寒波、アルゼンチン・ペソ暴落からはじまり、さらにはロシア・ウクライナ問題、中東情勢の混乱など、さまざまなことが起きた1年でした。そのた

東京のオフィス市場です。

需要増加が続く東京のオフィス市場-今後のオフィス面積拡張意欲の低下が懸念材料

需要増加が続く東京のオフィス市場-今後のオフィス面積拡張意欲の低下が懸念材料 | ニッセイ基礎研究所 需要増加が続く東京のオフィス市場-今後のオフィス面積拡張意欲の低下が懸念材料 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 東京のオフィス市況は改善が続いている。需要は大幅に拡大し空室率は低下している。その一方、なかなかビルオーナーなど市場関係者の景況感は大きく盛

今、統合報告書は必要か?(その1)-まずは、「統合思考」と「CSR中期計画」を! !

今、統合報告書は必要か?(その1)-まずは、「統合思考」と「CSR中期計画」を! ! | ニッセイ基礎研究所 今、統合報告書は必要か?(その1)-まずは、「統合思考」と「CSR中期計画」を! ! 川村 雅彦基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら はじめに:統合報告書の前にするべきこと1.今、本当に統合報告書は必要か?(問題提起)2.IIRCが求める統合報告書とは何か?

中国経済:2014年11月の住宅価格~新築商品住宅は7ヵ月連続の下落も、巨大都市などでは中古住宅に底打ちの兆し

中国経済:2014年11月の住宅価格~新築商品住宅は7ヵ月連続の下落も、巨大都市などでは中古住宅に底打ちの兆し | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2014年11月の住宅価格~新築商品住宅は7ヵ月連続の下落も、巨大都市などでは中古住宅に底打ちの兆し 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 12月18日、中国国家統計局は2014年1

資金循環統計(14年7-9月期)~個人金融資産は過去最高の1654兆円、前年比44兆円増だが、ドル建てでは大幅減

資金循環統計(14年7-9月期)~個人金融資産は過去最高の1654兆円、前年比44兆円増だが、ドル建てでは大幅減 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(14年7-9月期)~個人金融資産は過去最高の1654兆円、前年比44兆円増だが、ドル建てでは大幅減 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(14年9月末): 前期

アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 世界経済のグローバル化が進む中、アジア新興国・地域の成長率は先進国を上回るパフォーマンスが続いている。しかし、一口にアジア新興国・地域といっても、1980年から

円安阻害材料も軽視できない~マーケット・カルテ2015年1月号

円安阻害材料も軽視できない~マーケット・カルテ1月号 | ニッセイ基礎研究所 円安阻害材料も軽視できない~マーケット・カルテ1月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今月のドル円相場は好調な米雇用統計を受けて121円台半ばに達した後、中国株急落やギリシャ政局不安に伴うリスク回避によって突如117円台半ばまで急落、足元では1

企業物価指数(2014年11月)~消費増税の影響を除くと、原油安でマイナスへ

企業物価指数(2014年11月)~消費増税の影響を除くと、原油安でマイナスへ | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2014年11月)~消費増税の影響を除くと、原油安でマイナスへ 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費税の影響を除くと、原油安でマイナスへ・輸入物価は緩やかな上昇が続く・最終財価格は緩やかな上昇が続く12月10日に日本銀行から発表された企

11月マネー統計~預金大幅増、リスク性資産は鈍化

11月マネー統計~預金大幅増、リスク性資産は鈍化 | ニッセイ基礎研究所 11月マネー統計~預金大幅増、リスク性資産は鈍化 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 円安もあって急拡大・マネタリーベース: 年末見通しまで残り12兆円・マネーストック: 預金大幅増、リスク性資産は鈍化11月の銀行貸出(平残)の伸び率は前

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長は幾分加速

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長は幾分加速 | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長は幾分加速 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は4-6月期、7-9月期と高い成長を実現したが、10-12月期は成長率が低下する見込み。もっとも、来年は、底堅い個人消費が牽引する形で、成長率は14年の2.3%か

【2014年11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果

【11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果 | ニッセイ基礎研究所 【11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:予想を大幅に上回り、12年1月以来の30万人超12月5日、米国労働省(BLS)は11月の雇用統計を公表した。11月の非農業部門

2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定

2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.7%、2015年度1.6%、2016年度1.8%を予想> 2014年7-9月期の実質GDP(2

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の14を予想

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の14を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の14を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観12月調査では、注目度の高い大企業製造業でわずかながら景況感の改善が示されると予想

東京圏からの人口移動

東京圏からの人口移動 | ニッセイ基礎研究所 東京圏からの人口移動 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 夜、飛行機から見える街の明かりは美しく、景色が良く見える窓際の座席が取れないときは損をした気分になる。特に東京の街はどこまでも広がっていて、こんなに街が途切れることなく延々と続く都市は他にはないのではないかと思う。幾つかの定義では、東

12月ECB政策理事会: 15年初に政策効果を再評価、規模、ペース、構成比を見直しへ

12月ECB政策理事会: 15年初に政策効果を再評価、規模、ペース、構成比を見直しへ | ニッセイ基礎研究所 12月ECB政策理事会: 15年初に政策効果を再評価、規模、ペース、構成比を見直しへ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4日、欧州中央銀行(ECB)が12月の政策理事会を開催した。ターゲット型資金供給(TLTRO)の第2

金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年?

金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (金融市場) 2015年はどのような年になるのだろうか。海外のスケジュールを見渡してみると、最大の材料はやはり「米国の利上げ」にな

ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か?

ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か? | ニッセイ基礎研究所 ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か? 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ユーロ圏のインフレ率はユーロ高が修正された後も低位での推移が続く。景気回復のペースが上がらず、大幅なGDPギャップが解消しないためだ。国債買い入れによる量的緩和への期待は高いが制約

母体企業の財務健全性と年金資産運用

母体企業の財務健全性と年金資産運用 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 新しい退職給付会計基準のもと開示された年金資産の内訳情報によると、業種間の違いだけでなく、母体企業の財務健全性と年金資産運用におけるリスクの取り方との間にも、一定の関連性が確認された。 レポート紹介研究領域経済金融・為替資産運用・資産形成年金社会保障制度保険

統計分析です。

老後への備えができないのはなぜか?

老後への備えができないのはなぜか? | ニッセイ基礎研究所 老後への備えができないのはなぜか? 北村 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 30~50歳代の会社員(厚生年金加入者)を対象に、老後の準備ができない要因について、独自のアンケート調査の結果を利用して検証した。老後の準備ができないことを示す変数としては、毎月の支出額のうちの「貯蓄額」を利用した。毎月の貯

最近の人民元と今後の展開(2014年12月号)~利下げで元高一服

最近の人民元と今後の展開(2014年12月号)~利下げで元高一服 | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年12月号)~利下げで元高一服 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 11月の人民元相場(対米国ドル)は基準値がやや上昇する一方、現物実勢は前月末比で0.5%の下落となった。中国人民銀行が21日に基準金利

【インドGDP】7-9月期は前年同期比+5.3%~高金利を背景に投資が鈍化~

【インドGDP】7-9月期は前年同期比+5.3%~高金利を背景に投資が鈍化~ | ニッセイ基礎研究所 【インドGDP】7-9月期は前年同期比+5.3%~高金利を背景に投資が鈍化~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インド中央統計機構(CSO)は11月28日に2014年7-9月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率(

家計調査14年10月~個人消費は底這い圏の動きが続く

家計調査14年10月~個人消費は底這い圏の動きが続く | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年10月~個人消費は底這い圏の動きが続く 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が縮小・個人消費は底這い圏の動き総務省が11月28日に公表した家計調査によると、14年10月の実質消費支出は前年比▲4.0%となった。減少幅

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

特集データ

新着データ

お知らせ