「高齢者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

高齢者が望むのは、世代間交流よりも「同世代との交流」。交流を望む相手は、自分の子や孫より、「趣味の仲間」や「近所の人」。

高齢者が望むのは、世代間交流よりも「同世代との交流」。交流を望む相手は、自分の子や孫より、「趣味の仲間」や「近所の人」。 アンケート調査「高齢者が望んでいる交流」 高齢期のライフスタイルに関する研究を行っております、NPO法人「老いの工学研究所」(https://www.oikohken.or.jp/)は、「高齢者が望んでいる交流」について調査し、65歳から93歳まで301名の回答を得ました。その結果がまとまりましたので、お知らせいたします。(なお、本調査にはハイネスコーポレーション株式会社の協

2020年4月15日エアトリフィードバック数:0エンタテインメント

エアトリが「自動運転」に関するアンケート調査を実施

自動運転車に「乗ってみたい」が6割超えも 8割以上が「自動運転機能の誤作動」を不安視。 自動車の他に自動運転が普及してほしい乗り物は「路線バス」 ~エアトリが「自動運転」に関するアンケート調査を実施~ One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛ける株式会社エアトリ(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CFO:柴田 裕亮、証券コード:6191)は、20代以上の男女1,086名を対象に「自動運

2019年6月6日在宅医療マッサージフィードバック数:0ライフスタイル

「足のトラブル」に関する意識調査

【QOLの追求のために・・・】7割の方が数年間にわたって足のトラブルを抱えていることが判明!?長期化・重症化しやすい足のトラブルの解決法とは・・・? 足元からの健康づくり 在宅医療マッサージ株式会社が運営する”ドクターネイル爪革命”は、全国の20代~60代男女を対象に「足のトラブル」に関する意識調査を実施しました。 QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の追求が当たり前になりつつある現代において、生活の質を上げるためのサービスが次々と世に出てきています。高齢者を対象とした「フットケア」もそのうちの一

2019年5月29日NEXER★フィードバック数:0社会/政治

高齢者の運転免許についての意識調査

検索79.2%が「返納するべき」!高齢者の運転免許についての意識調査 インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、「運転免許についてのアンケート」を実施しましたので、その結果を公開します。 運転免許についてのアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、「運転免許についてのアンケート」を実施しましたので、その結果を公開します。【実施概要】実施日:2019/5/10

2019年5月21日エアトリフィードバック数:0社会/政治

「自動車免許の返納」に関するアンケートを実施

68%の人が自動車免許を「返納済み」「いつかは返納するつもり... 68%の人が自動車免許を「返納済み」「いつかは返納するつもり」と回答 免許の“強制”返納については意見が分かれる結果に~エアトリが「自動車免許の返納」に関するアンケートを実施~※本調査を引用する際は【旅行サイト「エアトリ」調べ】とご記載ください。 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は

高齢者の自転車事故実態調査

高齢者の自転車事故実態調査/高齢者はハンドル操作ミスや転倒事故が他世代を大きく上回る結果に!自転車の安全利用促進委員会は、高齢者の自転車事故とその傾向について、当委員会メンバーでもある三井住友トラスト基礎研究所 研究理事 古倉宗治氏、公益財団法人交通事故総合分析センターITARDAから提供を受けた事故データに基づき、2015年に発生した事故について調査・分析いたしました。その結果、高齢者(65歳以上)の自転車事故件数は19,510件あり、事故におけるハンドル操作ミスの割合が他の世代の約2.5倍で

2017年11月28日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

20代男性、休日の外出が30年間で半減~第6回全国都市交通特性調査結果(とりまとめ)~

20代男性、休日の外出が30年間で半減 ~第6回全国都市交通特性調査結果(とりまとめ)~ 平成29年11月21日 昨年12月に「外出する人が調査開始以来最低に」として、平成27年に実施した全国都市交通特性調査(速報)を公表いたしました。今般、調査データのさらなる分析を進め、別添の通り調査結果をとりまとめました。 (1)全体傾向○調査日に外出した人の割合、一日の移動回数ともに、調査開始以来最低の値に【既報】○若者(20代)の移動回数が高齢者(70代)の移動回数を下回るまで減少【既報】○若者の移

2017年11月1日名古屋市役所フィードバック数:0社会/政治

平成29年度千種区区民アンケート

名古屋市千種区役所 〒464-8644 名古屋市千種区覚王山通8-37 電話番号:052-762-3111(代表)平成29年度に実施しました区民アンケートの結果です。 平成29年度千種区区民アンケート調査の概要調査の目的…千種区の取り組みへの意見等を把握し、基礎資料とすることで今後の区政運営方針の計画実行に活用する。調査の地域…名古屋市千種区の全域調査の対象、数…区内居住の18歳以上2,000人調査対象抽出方法…無作為抽出法調査方法…通達員配布後、郵送回収法調査期間…平成29年7月6日から7

2017年4月3日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「尿もれ不安をかかえる高齢者とペット」に?関する意識調査

「尿もれ不安をかかえる高齢者とペット※1」に関する意識調査を実施外出習慣にペットが寄与し、9割が認知機能低下の抑制を実感※2 〝人とペットの共生″で「外出」「会話」「社交性」を生む生活リズムが重要 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は、一人ひとりの〝生活者″の心と体の健康をサポートする企業として、赤ちゃんからお年寄りまで様々な世代に向けた商品やサービスを提供しています。この度、高齢化の進行に伴う「外出不安」や「認知機能の低下」といった社会問題の改善につながるき

2017年3月15日色彩検定協会フィードバック数:0社会/政治

色と高齢者に関する実態調査

60歳以上の93%が『色の見えづらさを感じない』と回答 加齢... 60歳以上の93%が『色の見えづらさを感じない』と回答加齢で視覚機能は低下するはずが 『年齢を重ねるにつれ、自覚がなくなる』結果に「色の見えづらい」エピソードは “信号機や道路標識が見えにくい”など、交通関連が最多~色と高齢者に関する実態調査~ 公益社団法人 色彩検定協会は「改正道路交通法の施行」や「高齢者ドライバー問題」などに社会的関心が集まる中、「色と高齢者に関する実態調査」を行いましたので、その結果を報告いたします。

2017年2月27日ニワンゴフィードバック数:0マーケティング

月例ネット世論調査2017年2月

月例ネット世論調査2017年2月トランプ政権、高齢者の定義など12問のネット世論調査を実施 トピックス内閣支持率 「支持する」58.1%、「支持しない」15.2% Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前月より0.3ポイント増の58.1%となり、前月に続き2014年の衆議院総選挙以降、最高を記録しました。一方、不支持率は、前月より0.3ポイント減の15.2%となりました。男女別でみると、支持率は男性が65.3%で、女性を16.3ポイント上回りました。 景

2016年12月12日名古屋市役所フィードバック数:0社会/政治

よりよい地域をつくるための住民アンケート

名古屋市熱田区役所 〒456-8501 名古屋市熱田区神宮三丁目1番15号 電話番号:052-681-1431(代表) 「よりよい地域をつくるための住民アンケート」実施結果 「よりよい地域をつくるための住民アンケート」の結果の概要 高齢者の皆さまが住み慣れた地域でいつまでも安心してくらしていけるよう、よりよい地域にしていくことにいかすため、「熱田区内の65歳以上の方(1,500人)を対象に、住民アンケート調査を実施しましたので、その結果をご報告します。 アンケートにご協力いただきました皆さま

2016年10月11日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

平成28年版厚生労働白書

平成28年版厚生労働白書 −人口高齢化を乗り越える社会モデルを考える−(本文)第1部人口高齢化を乗り越える社会モデルを考える はじめに [801KB]第1章 我が国の高齢者を取り巻く状況 [2,746KB]第1節 高齢化の状況第2節 高齢者の暮らしの状況第3節 高齢期の就労の状況第2章 高齢期の暮らし、地域の支え合い、健康づくり・介護予防、就労に関する意識[2,259KB]第1節 高齢者の意識第2節 暮らしに関する意識第3節 地域の支え合いに関する意識第4節 健康づくり・介護予防に関する意識第5

2016年9月6日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

有料老人ホーム・サ高住の経営企業実態調査

2016/8/31有料老人ホーム・サ高住の経営企業実態調査老人ホーム・サ高住専業は1500社超え 〜 収入は5年で15%増加 〜はじめに日本社会の高齢化の進展とともに注目されるのが、介護事業。なかでも、高齢者の終の棲家となり得る、老人福祉施設の需要は高まっている。地方公共団体などが経営し、費用負担の軽い特別養護老人ホームに人気が集まる中で、その他の選択肢として民間企業の参入が続いているのが、有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)だ。今後も需要が期待される中で、両施設の経営業者

2016年7月21日トレンダーズ★フィードバック数:0ライフスタイル

シニア世代の「室内熱中症」に関するレポート

メディア関係者のためのトレンド情報ポータル -トレンド総研-シニア世代の「室内熱中症」に関するレポート ~シニアの「室内熱中症」対策に関する調査~猛暑予想の2016年夏、「室内熱中症」に要注意!4割が”気温の感じ方が鈍い”と自覚 「シニア世代」の対応策は?専門家が「室内熱中症」対策をアドバイス!離れて暮らす子どもも安心、対策グッズを紹介生活者の意識・実態を調査する「トレンド総研」では、このたび、シニア世代の「室内熱中症」に注目し、レポートいたします。毎年夏、話題になる「熱中症」。総務省消防庁「熱

2016年6月14日AmazingLife★フィードバック数:0大型消費/投資

遺言と相続争いについての意識調査

[AmazingLife] ,シニア 老人 資産 遺言 相続 高齢者 終活

2016年1月28日法務省★★フィードバック数:0社会/政治

認知症傾向のある受刑者の概数調査

認知症傾向のある受刑者の概数調査結果の公表について 法務省は,昨年,認知症傾向のある受刑者の推計人員,比率等の概数調査を行ったため,その結果を公表します。 1 経緯高齢者(65歳以上の者)の入所受刑者人員は,最近20年間,ほぼ一貫して増加しており,平成7年と比べて同26年は約4.6倍に激増しています。また入所受刑者総数に占める高齢者の比率(高齢者率)もほぼ一貫して上昇しています。こうした中,法務省は,昨年,今後,増加が見込まれる認知症及び認知症傾向のある受刑者に対する処遇方針等を検討するため,認

施設(高齢者向けホーム)の入居者・保証人を対象とした「介護に関する意識調査」

施設(高齢者向けホーム)の入居者・保証人を対象とした「介護に関する意識調査」

ケアマネジャーアンケート

[CUC] ,高齢化社会 介護 高齢者 福祉 ホームページ 医療 ケアマネジャー 在宅医療 居宅介護支援 いしくる

2015年7月1日オウチーノフィードバック数:0社会/政治

日本創生会議公表の「移住候補地」、人気No.1は沖縄県宮古島市、No.2は石川県金沢市。

「高齢者の地方移住」意識調査

「現代のうば捨て山」に当事者はNO!「高齢者の地方移住」意識調査 「現代のうば捨て山か」という声も聞こえてくる提言が公表された。民間有識者で構成する、日本創生会議(座長:増田寛也 元総務大臣)が2015年6月5日に公表した「東京圏高齢化危機回避戦略」に含まれる「高齢者の地方移住」のことだ。すでに医療、介護のサービスで、他の地域から高齢者の移住を受け入れる余力があるとする41の移住候補地も公表され具体性を帯びてきているが、今回、オウチーノ編集部では、「高齢者の地方移住」について、当事者である、6

2015年6月22日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用についてのレポートです。

各産業の高齢者・女性・非正規雇用の現状

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs各産業の高齢者・女性・非正規雇用の現状 ここから本文です各産業の高齢者・女性・非正規雇用の現状人口減少の中で求められる生産性向上 第2回サマリー◆少子高齢化による生産年齢人口の減少を補うため、政府の政策では高齢者や女性などの労働参加を促すことに重点が置かれている。一方、製造業からサービス業への就業者シフトが鮮明になっており、サービス業を中心に産業毎に労働生産性を維持・向上させることが求められている。◆全産業の2014年の高齢化率(65歳以

2015年5月22日総務省フィードバック数:0社会/政治

「ICT利活用による高齢者の社会参画促進に向けた実証」に関する報告書等

報道資料「ICT利活用による高齢者の社会参画促進に向けた実証」に関する報告書等の公表 総務省は、平成26年度に実施した「ICTシニアコミュニティ形成促進プロジェクト」について、「『ICT利活用による高齢者の社会参画促進に向けた実証』に関する報告書」等としてその結果を取りまとめましたので、公表します。1 概要総務省では、平成26年度に「ICTシニアコミュニティ形成促進プロジェクト」を実施しました。本プロジェクトでは、高齢者がICTの恩恵を享受できるようにするとともに、ICTの積極的な活用による地域

2015年5月7日老いの工学研究所フィードバック数:0社会/政治

死生観に関する調査

検索“成熟”が感じられない高齢者。中年世代と大差ない姿勢、価値観。【死生観に関する調査】 死に対する考え方や姿勢において、年代による顕著な差は見られませんでした。日本において高齢期に幸福度が高まらない状況は、今回の調査からうかがえた、高齢者が高齢期に相応しい成熟をしていない(考え方、価値観が中年世代と変わりない)ことに原因があるとも考えられます。 高齢期のライフスタイルの充実について調査・研究・提言する、特定非営利活動法人「老いの工学研究所」(大阪市中央区、理事長:西澤一二、)は、当研究所のモ

2015年4月8日南都経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

高齢者ケア政策と医療・介護市場(3)(医薬品関連の法改正)

高齢者ケア政策と医療・介護市場(3)(医薬品関連の法改正)

2015年3月19日旭化成★フィードバック数:0ライフスタイル

シニア調査です。

単世帯の高齢者が感じる、くらしの“豊かさ”とは

ホームニュース2014年度プレスリリース2015年3月17日 単世帯の高齢者が感じる、くらしの“豊かさ”とは 〜「くらしの豊かさに大切なこと」と「別居の実子との関わり」から探る〜2015年3月17日旭化成ホームズ株式会社 旭化成ホームズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池田 英輔)は、「シニアライフ研究所」による「単世帯で住む高齢者が感じるくらしの豊かさ」に関する調査を実施し、報告書にまとめましたのでお知らせします。 本調査は、「高齢者のみの世帯」が今後ますます数を増す中で、親子同居

2015年3月10日南都経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

高齢者ケア政策と医療・介護市場(2)(2015年度介護保険法改正)

高齢者ケア政策と医療・介護市場(2)(2015年度介護保険法改正)

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

年金に代えて給与を払う社会

年金に代えて給与を払う社会 | ニッセイ基礎研究所 年金に代えて給与を払う社会 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 朝見る夢は正夢になると言われることがある。さて、筆者の見た朝夢は何とも奇妙なものだったが、正夢なのだろうか? 高齢者には年金が支給されなくなり、代わりに全員に仕事が用意されることになった。人々は皆文句を言いながらも、それぞ

2015年2月15日アスマーク★フィードバック数:0ライフスタイル

食事についての調査です。

シニアのライフスタイルに関する調査

シニアのライフスタイルに関するアンケート調査 シニアのライフスタイルに関するアンケート調査シニアのライフスタイルに関するアンケート調査従来のイメージとは違う!? 時代とともに変化しつつある高齢者のライフスタイル従来のイメージとは違う!? 高齢者のライフスタイル 65歳以上の高齢者人口が占める割合が21%を超え、「超高齢社会」となった日本。今後さらに高齢化率は上昇することが見込まれており、2025年には約30%、2060年には約40%に達するといわれている。そこで今回は、前期高齢者(65歳~74

2015年2月6日大分県フィードバック数:0社会/政治

大分県内の高齢者の状況(高齢者数・高齢化率)

大分県内の高齢者の状況(高齢者数・高齢化率)

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

マイナス貯蓄率の時代

マイナス貯蓄率の時代 | ニッセイ基礎研究所 マイナス貯蓄率の時代 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 内閣府が発表した2013年度の国民経済計算確報によると、低下傾向にあった日本の家計貯蓄率はついにマイナス1.3%となった。日本の家計貯蓄率は1970年代半ばには20%以上もあったが、2000年代に入る頃には5%程度に低下していた。日本

年金に代えて給与を払う社会~初夢は正夢になるか~

年金に代えて給与を払う社会~初夢は正夢になるか~ | ニッセイ基礎研究所 年金に代えて給与を払う社会~初夢は正夢になるか~ 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 新年ももうだいぶ日が経ってしまったが、みなさんはどのような初夢をごらんになっただろうか。筆者の初夢は何とも奇妙な夢だった。高齢者には年金が支給されなくなり、代わりに全員に仕事が用

季刊社会保障研究  第50巻 第3号 (2014年12月刊行)

刊行物(シリーズ別)目次ページ季刊社会保障研究地域包括ケアシステムにおけるサービス付き高齢者向け住宅の課題−サービスの質を中心に− 高齢者における相対的剥奪の割合と諸特性〜JAGESプロジェクト横断調査より〜斉藤雅茂 近藤克則 近藤尚己 尾島俊之 鈴木佳代 阿部彩 2012(平成24)年度 社会保障費用―概要と解説―国立社会保障・人口問題研究所 社会保障費用統計プロジェクト 社会保障法判例―遺族補償年金の支給と憲法14条1項― 藤村正之編『シリーズ福祉社会学�B 協働性の福祉社会学:個人化社会の

マイナス貯蓄率の時代

マイナス貯蓄率の時代 | ニッセイ基礎研究所 マイナス貯蓄率の時代 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 内閣府が発表した2013年度の国民経済計算確報によると、低下傾向にあった日本の家計貯蓄率はついにマイナス1.3%となった。日本の家計貯蓄率は1970年代半ばには20%以上もあったが、2000年代に入る頃には5%程度に低下していた。日本

千葉県の人口動向と今後の取り組みについて

調査研究情報千葉県の人口動向と今後の取り組みについて(株)ちばぎん総合研究所受託調査部主任研究員安間 慎一郎 のついている記事はPDF形式です。PDFファイルをご覧になるためには、 Adobe Reader が必要となります。下のアイコンをクリックすると入手(無料)できます。(7.4MB 時間 2.51 MOV形式」) ○WMV形式(9.2MB) ○FLV形式(9.2MB)動画ファイルの再生には、プレーヤーが必要です。下記よりダウンロードしてご覧ください。(flv形式再生)<内容>これまで増加基

親と子の意識の比較です。

親子の意識の違いに関する実態調査

経営・マーケティングに関する課題を解決するためのソリューション シンクタンクとして蓄積してきた先進的かつ実践的な知識、ノウハウを活かし、国・地方自治体の取り組みを支える調査・研究事業を展開しています。 学術研究の成果を最大化させるためのリサーチ・プラットフォーム 病院経営のプロフェッショナルが、多彩な視点から貴院の現在値(課題)を探り、目的地(解決)へ導きます。 高齢者6090(ロクマルキューマル)マーケティングリサーチ・ソリューション ビジネスシーンでは、高齢者市場での生き残りをかけて、

2014年10月3日日本総研★フィードバック数:0ライフスタイル

高齢者の住まいについての論文です。

高齢者向け住宅政策の現状と課題-地域主導でサ高住の機能拡充を

高齢者向け住宅政策の現状と課題-地域主導でサ高住の機能拡充を

2014年9月30日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル

大都市圏における在宅ケア普及のカギ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 大都市圏における在宅ケア普及のカギ高齢者の孤立を防ぐため、「互助」関係を意図的に創設する ◆超高齢社会の医療・介護政策として、政府は地域包括ケアを推進し、在宅ケアの普及を図っている。しかし、2025年に高齢化がピークアウトしていく地方圏と異なり、それ以降も高齢者世帯が急増する大都市圏においては、現状のまま、在宅ケアを推し進めることは問題が多いだろう。◆核家族化が進む大都市圏では、医療・介護の専門サービ

2014年9月16日大阪府フィードバック数:0社会/政治

大阪府における百歳以上高齢者の状況

現在、ご指定のページをご利用いただけません。 申し訳ありませんが、しばらく時間をおいてから再度お試しください。 ここまで本文です。

高齢期の社会参加支援策に関する一考察~次代の高齢者50-60代の社会参加ニーズ調査より

高齢期の社会参加支援策に関する一考察~次代の高齢者50-60代の社会参加ニーズ調査より | ニッセイ基礎研究所 高齢期の社会参加支援策に関する一考察~次代の高齢者50-60代の社会参加ニーズ調査より 生活研究部 主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任 前田 展弘基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 年齢に関わらず社会に参加し活躍し続けられる社会を実現していくことは、

2014年9月16日鳥取県フィードバック数:0社会/政治

県内の百歳以上高齢者等の状況

鳥取県令和新時代創造本部広報課 住所〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220 E-mailkouhou@pref.tottori.lg.jp ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。

シニア調査です。

シニアの買い物意識とメディア接触に関する調査

経営・マーケティングに関する課題を解決するためのソリューション シンクタンクとして蓄積してきた先進的かつ実践的な知識、ノウハウを活かし、国・地方自治体の取り組みを支える調査・研究事業を展開しています。 学術研究の成果を最大化させるためのリサーチ・プラットフォーム 病院経営のプロフェッショナルが、多彩な視点から貴院の現在値(課題)を探り、目的地(解決)へ導きます。 高齢者6090(ロクマルキューマル)マーケティングリサーチ・ソリューション ビジネスシーンでは、高齢者市場での生き残りをかけて、

敬老の日調査です。

2014年・敬老の日『高齢者と年齢に関する考え方と外見』アンケート調査

[ゴリラクリニック(医療法人社団十二会)] ,高齢者 団塊世代 団塊 敬老の日 吉永小百合 姿勢 見た目 外見 年寄り 9月15日

2014年8月27日日本総研フィードバック数:0ライフスタイル

農産物の高関税政策が消費者に及ぼす影響-低所得者・高齢者の負担感が大きく、負担割合も拡大傾向

農産物の高関税政策が消費者に及ぼす影響-低所得者・高齢者の負担感が大きく、負担割合も拡大傾向

2014年8月18日大和総研★フィードバック数:0マーケティング

テレビ視聴についてのコラムです。

若者のテレビ離れと昼下がりの高齢者

トップレポート・コラムコラム若者のテレビ離れと昼下がりの高齢者 ここから本文です若者のテレビ離れと昼下がりの高齢者「若者のテレビ離れ」という言葉が出回り始めてから15、6年が経った。「若者はテレビを見ない」「携帯やスマートフォンで十分」といった認識も世間に定着しつつある。実際の統計を見ても、10代や20代のみならず、30代や40代もテレビの視聴時間を減らしている(図表1)。このままテレビを見ない世代が増え続け、テレビ自体もいずれ消滅してしまうのだろうか?実は、若年層の視聴時間が急減しているにもか

2014年7月31日高齢者住宅財団フィードバック数:0社会/政治

低所得の高齢者等への住まい・生活支援を行う事業の全国展開に関する調査研究事業 事業概要及びアンケート調査結果の速報

低所得の高齢者等への住まい・生活支援を行う事業の全国展開に関する調査研究事業 事業概要及びアンケート調査結果の速報

人手不足経済への処方箋

人手不足経済への処方箋 | ニッセイ基礎研究所 人手不足経済への処方箋 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■要旨高齢化、人口減少によって労働供給力が趨勢的に低下する中、景気回復に伴う労働需要の拡大という循環的な要因が加わったため、企業の人手不足感が急速に高まっている。政府は成長戦略において、女性、高齢者の活躍推進を重点課題と

2014年7月14日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【アベノミクスを考える No.2】農産物の高関税政策が消費者に及ぼす影響-低所得者・高齢者の負担感が大きく、負担割合も拡大傾向

【アベノミクスを考える No.2】農産物の高関税政策が消費者に及ぼす影響-低所得者・高齢者の負担感が大きく、負担割合も拡大傾向

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

70歳まで働く社会-磯野波平さんは何歳か?

70歳まで働く社会-磯野波平さんは何歳か? | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 70歳まで働く社会-磯野波平さんは何歳か?70歳まで働く社会-磯野波平さんは何歳か? 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら まんがサザエさんが、朝日新聞で連載が始まったのは1951年のことだという。作者が亡くなった後もテレビでの放映

2014年6月1日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

日本の高齢者はどのように変化しているか ―全国高齢者の健康と生活に関する長期縦断研究における1987年、1999年、2012年調査の比較より―

トップページ > 中央調査報 > 日本の高齢者はどのように変化しているか ―全国高齢者の健康と生活に関する長期縦断研究における1987年、1999年、2012年調査の比較より―■「中央調査報(No.679)」より ■ 日本の高齢者はどのように変化しているか―全国高齢者の健康と生活に関する長期縦断研究における1987年、1999年、2012年調査の比較より―地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チーム小林 江里香1.はじめに2012年秋、全国の60歳以上の方を対象に

2014年5月29日赤穂化成フィードバック数:0ライフスタイル

「睡眠中の熱中症」対策に『ミネラル入りむぎ茶』が効果的!~専門医が推奨する健康効果について~

検索「睡眠中の熱中症」対策に『ミネラル入りむぎ茶』が効果的!~専門医が推奨する健康効果について~ 今年も例年同様に熱中症への注意が必要となります。特に地面の反射熱を浴びやすい小さなお子様や、暑さや喉の渇きを感じにくい高齢者の方は、より熱中症の危険性が高くなると言われています。熱中症対策に効果的な「ミネラル入りむぎ茶」の働きについて学会での研究結果や専門医の意見をもとにまとめました。 記録的な猛暑が続いた昨年の夏は熱中症で搬送された人が相次いでおり、今年も例年同様に熱中症への注意が必要となります

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ