「高齢者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年3月23日総務省★フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢者の就業率です。

高まる高齢者の就業率-労働力調査・平成25年平均結果から-

ここから本文です。統計Today No.74高まる高齢者の就業率 −労働力調査・平成25年平均結果から−総務省統計局統計調査部国勢統計課労働力人口統計室長 河野 好行 我が国の総人口は、平成25年(2013年)10月1日現在(概算値)、1億2730万人で、うち65歳以上人口は3190万人と過去最高を更新しています。総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)も25.1%と、4人に1人が高齢者となっており、我が国は世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えています。また、「団塊の世代(194

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ 土堤内 昭雄基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年3月末、旧ライブドアの元社長、“ホリエモン”こと、堀江貴文さ

2014年3月14日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

高齢者の消費についての調査です。

高齢化に関するグローバル調査

ニールセン ニューヨーク報道発表資料をもとに作成● 高齢化する世界の消費者のニーズは満たされていない。小売店、メーカー、サービス事業者にはより一層の努力が求められている● 自分で身の回りのことができなくなり、一人で暮らすことも不可能になった場合、日本はほかの地域に比べ、「老人ホームで暮らす」(21 %)と予想する人が多いマーケティングリサーチと分析において世界最大の企業であるニールセンは、「高齢化に関するグローバル調査」の結果を発表しました。これによると、世界の消費者に占める 65 歳以上の人口

2014年3月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

シニアツアーと高齢者の働き方

シニアツアーと高齢者の働き方 | ニッセイ基礎研究所 シニアツアーと高齢者の働き方 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 50歳以上の選手が出場する日本プロゴルフ協会のシニアツアーは、2014年は全部で10試合が開催される予定だという。世界男子のプロテニスにもATPチャンピオンズツアーなるシニアツアーがあって、こちらは年齢制限がもっと低く

2014年2月20日博報堂フィードバック数:0大型消費/投資

新大人研レポートXIV いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化(7) 旅行は従来の名所観光高齢者から妻優先で自由に滞在の “エスコートダンディ”へ

新大人研レポートⅩⅣ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化⑦旅行は従来の名所観光高齢者から妻優先で自由に滞在の “エスコートダンディ”へ・60代男性が一緒に旅行したいのは「妻」で7割超。これに対し、60代女性の旅したい相手は「夫」「子供」「友人」がほぼ横並びで約5割。・配偶者との旅で、最もパートナーを気づかうのは60代男性。男女間の差が最も開いたのも60代、夫婦の気持ちにややすれ違いの傾向。 い ま40-60代生活者が「日本の高齢社会を大きく転換」しようとしています。会社は退職しても社

2014年2月2日老いの工学研究所フィードバック数:0社会/政治

高齢者のありよう、役割に関する調査

高齢者を、もっとも“弱者”だと認識しているのは、50歳代。高齢者を経済的に弱者だとした人が、そうでないとした人を上回ったのは、50歳代のみ。健康面でも他の世代に比べて弱者だと考える傾向。裏付けるように50歳代は、高齢者を保護すべき対象だと考える人の割合が最も多く、公的制度や民間サービスで「高齢者を優遇しすぎだ」とした人の割合も、唯一、30%台に留まった。 高齢者を“弱者”と認識しているのは、50歳代。「親の衰え」に直面する年代に、悩みや不安が顕著。~ 『高齢者のありよう、役割に関する調査』 ~老

高齢者には「60歳時までと同じ業務を任せる」が8割(滋賀県内企業動向調査特別アンケート)

高齢者には「60歳時までと同じ業務を任せる」が8割(滋賀県内企業動向調査特別アンケート)

2014年2月2日ジー・エフ★フィードバック数:0マーケティング

シニア調査です。

第4回シニア・高齢者の景気動向に関する意識調査

第4回シニア・高齢者の景気動向に関する意識調査

シニアツアーと高齢者の働き方

シニアツアーと高齢者の働き方 | ニッセイ基礎研究所 シニアツアーと高齢者の働き方 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 50歳以上の選手が出場する日本プロゴルフ協会のシニアツアーは、2014年は全部で10試合が開催される予定だという。世界男子のプロテニスにもATPチャンピオンズツアーなるシニアツアーがあって、こちらは年齢制限がもっと低

2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

今春から本格化する社会保障制度改革

トップレポート・コラム政策分析社会保障今春から本格化する社会保障制度改革 ここから本文です今春から本格化する社会保障制度改革真の意味での社会保障・税一体改革の姿を示すべきサマリー◆2013年12月に社会保障改革プログラム法が成立し、施行された。今後は2014~15年の通常国会で個別の法案が審議されることになる。また同法は、内閣に社会保障制度改革推進本部と社会保障制度改革推進会議を設置することを定めている。国民会議では定量的な議論が乏しかったため、推進会議の発足後は定量的な把握や、制度の持続可能性

2013年12月8日南都経済研究所フィードバック数:0社会/政治

統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)~総務省「統計トピックス」から~

統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)~総務省「統計トピックス」から~

高齢者向け住宅・施設の不動産投資特性に関する考察

高齢者向け住宅・施設の不動産投資特性に関する考察

判断能力に疑義のある高齢者等との金融取引―農協へのアンケート調査結果から―

判断能力に疑義のある高齢者等との金融取引―農協へのアンケート調査結果から―

2013年11月29日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

中高年の社会貢献意識です。

新大人研レポートⅩⅠ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化(4) いたわるべき弱者・受益者高齢者から “自ら社会に貢献するエルダー”へ

NEWSHOMENEWSニュースリリース新大人研レポートⅩⅠ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化④いたわるべき弱者・受益者高齢者から “自ら社会に貢献するエルダー”へ新大人研レポートⅩⅠ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化④いたわるべき弱者・受益者高齢者から “自ら社会に貢献するエルダー”へ 2013年11月28日60代男女の半数以上が社会貢献活動に意欲。社会性消費も意識。クルマはハイブリッド車、家はエコハウス。いま40~60代生活者が「日本の高齢社会を大きく転換」しよう

2013年11月27日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

流動性と安定性を目指すべき雇用改革 ~雇用を考える(4):若者・女性・高齢者の活躍が労働力維持の鍵~

流動性と安定性を目指すべき雇用改革 ~雇用を考える(4):若者・女性・高齢者の活躍が労働力維持の鍵~

盛り上がる高齢者の消費~高品質なサービスへの高まるニーズ

盛り上がる高齢者の消費~高品質なサービスへの高まるニーズ | ニッセイ基礎研究所 盛り上がる高齢者の消費~高品質なサービスへの高まるニーズ 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 団塊の世代を中心とする高齢者の間で高価格帯の旅行が大変な人気を博している。JR九州が主催している高級寝台列車「ななつ星in九州」(3泊で約40万円)は来年6月まで予約で埋まってお

2013年11月6日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

シニアのメディア利用についての調査です。

新大人研レポートⅩ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化(3)

NEWSHOMENEWSニュースリリース新大人研レポートⅩ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化③ 自ら情報収集し、メディアを賢く使いこなす“メディアエルダー”へ新大人研レポートⅩ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化③ 自ら情報収集し、メディアを賢く使いこなす“メディアエルダー”へ 2013年11月06日50~60代の情報源は、テレビと新聞がダントツ。男性の3位にWebサイト、女性は友人や家族からのクチコミ。いま40~60代生活者が「日本の高齢社会を大きく転換」しようとして

2013年11月6日参議院★フィードバック数:0マーケティング

参議院のレポートです。

高齢者の消費について

高齢者の消費について

国内人口推移が、2030年の「働く」にどのような影響を及ぼすか

2030年、実に人口の1/3近くが65歳以上の高齢者になる2010年と2030年の人口ピラミッド(国立社会保障・人口問題研究所の推計による。)  2030年の「働く」を考えるにあたって、まず初めに、日本国内の人口推移予測が労働環境にどのように影響するかを考えてみたい。人口推移は、中長期の未来を考える際、最も予測が立てやすく、予測幅の小さい事象の1つである。しかも、経済環境や労働環境への影響は大きい。2030年の「働く」を考える上で欠かせない要素である。国立社会保障・人口問題研究所の推計によれ

2013年11月2日Yahoo!★フィードバック数:0マーケティング

シニアのネット利用についての調査です。

高齢者のインターネット利用に関する意識調査

【業界情報】高齢者のインターネット利用に関する意識調査シニア層にとって重要な要素は 「わかりやすさ」と「視認性」 作成日:2016.08.16 最終更新日:2016.10.21総務省が2013年7月に発表した人口推計※によると、65歳以上のいわゆる「高齢者」人口は3,164万人、総人口に占める割合では24.8%と、人口、割合ともに過去最高を更新し続けています。日本人のおよそ4人に1人が「高齢者」であり、彼らシニア層は、マーケティングにおいて無視できない存在といっても過言ではありません。今回、月に

2013年10月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

これで社会保障制度改革は十分か

トップレポート・コラム政策分析社会保障これで社会保障制度改革は十分か ここから本文ですこれで社会保障制度改革は十分か「木を見て森を見ず」とならないよう財政健全化と整合的な改革をサマリー◆社会保障制度改革国民会議が提出した報告書の内容に沿って、政策の実施時期や法案提出のタイミングなどを記述したプログラム法案の骨子が2013年8月21日に閣議決定された。同骨子を概観すると、医療・介護分野について重点的に取り上げられており、関連法案が2014~15年度の通常国会に提出され、2014~17年度の間に多く

2013年10月11日秋田経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

秋田県シニアマーケットの現状

機関誌「あきた経済」本県シニアマーケットの現状人口が減少し、県全体の消費規模縮小が予想される一方で、総人口に占める高齢者の割合が上昇し、消費全体に占めるシニア消費の割合が高まることは確実である。全国のシニア消費市場規模は、2012年に100兆円に達し、2030年には111兆円となり、家計消費市場全体に占める割合も、49.3%となる見込みである。本稿では、シニアマーケットを支えるシニアの家計状況や、県内のシニアを対象としたサービスについてレポートする。 1 シニアマーケットとは「高齢者」に厳密な定

2013年10月4日綜合警備保障フィードバック数:0ライフスタイル

高齢者とその子どもに関するアンケート調査

ホームセキュリティー・防犯対策をお考えならALSOKにご相談ください。

2013年10月2日参議院フィードバック数:0ライフスタイル

高齢者向け住宅・施設の現状と課題

高齢者向け住宅・施設の現状と課題

2013年9月17日総務省★フィードバック数:0社会/政治

高齢者についての統計です。

統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで-

ここから本文です。平成25年9月15日総務省統計トピックスNo.72統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)−「敬老の日」にちなんで− 総務省統計局では、「敬老の日」(9月16日)を迎えるに当たって、統計からみた我が国の高齢者のすがたについて取りまとめました。高齢者の人口 (人口推計)高齢者人口は3186万人で過去最多総人口に占める割合は25.0%で過去最高となり、4人に1人が高齢者高齢者の人口移動 (住民基本台帳人口移動報告)福島県及び宮城県の転出超過数は前年に比べて大幅な減少高齢者の就業 (

2013年9月5日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

シニアの食生活についての調査です。

新大人研レポートⅨ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化2 従来の“粗食高齢者”から“肉好きエルダー”へ

新大人研レポートⅨ いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化② 従来の“粗食高齢者”から“肉好きエルダー”へ60代男女の82%が「肉料理好き」、91%が「食べることが楽しみ」。・60代、特に男性は86.0%が「肉料理好き」。野菜料理よりも上、魚料理と同程度の好意度。 ・40~60代ともに90%前後が「食べることに楽しみ」。60代になっても食の楽しみは変わらない。 ・料理や食材にこだわった充実の食生活。食卓の品数は年代が上がるほど増える。 ・朝食の主食はこの10年でパンがご飯を逆転。いま40

2013年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費税と高齢者世帯 ~家計には株価上昇の恩恵もある~

Economic Trends消費税と高齢者世帯経済関連レポート発表日:2013年8月28日(水)~ 家 計 に は 株 価 上 昇 の 恩恵もある~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)消費増税の影響を受けやすいのは、高齢者だと考えられる。1997 年に比べて現在の方が高齢者消費の規模は大きくなっている。今のところ、株式投資を保有する高齢者世帯は、株価上昇の恩恵を受けている。そうした好影響が継続し、個人消費の拡大がさらに勤労世代の雇用・所得に回っていくこと

高齢者の熱中症に関する意識調査

<水と生活プロジェクト『高齢者の熱中症に関する意識調査』>搬... <水と生活プロジェクト『高齢者の熱中症に関する意識調査』> 搬送患者の半数は65歳以上 高齢者の熱中症対策、大誤解高齢者の7割以上は水分不足!~高齢者の2割以上が、家の中では熱中症にならないと 勘違いしていることも明らかに~ 水と生活プロジェクトは、全国の60歳以上の男女400人を対象に「高齢者の熱中症対策における課題」をテーマに『高齢者の熱中症に関する意識調査』を実施しました。 1日1.2リットル以上の水分を摂取してい

2013年8月16日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル

超高齢社会医療の効率化を考える

トップレポート・コラム政策分析社会保障超高齢社会医療の効率化を考える ここから本文です超高齢社会医療の効率化を考えるIT化を推進し予防・健診・相談を中心とした包括的な医療サービスへサマリー◆2010年時点で日本の国民医療費の55.4%は、65歳以上の高齢者の医療費が占めている。高齢者の一人当たり医療費は、平均でその他の世代の5倍近くかかっているが、その高齢者が総人口に占める割合は年々上昇し、現在の2割強から2060年には4割に高まると推計されている。超高齢社会を突き進み高齢者が増加するのに伴い、

高齢者の同居家族の変容と貧困率の将来見通し―結婚・離婚行動変化の影響評価―

高齢者の同居家族の変容と貧困率の将来見通し―結婚・離婚行動変化の影響評価―

2060年の高齢者像-INAHSIMによる推計

2060年の高齢者像-INAHSIMによる推計

「再犯社会」が問う高齢社会像 -「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像 -「安全社会」から「安心社会」へ | ニッセイ基礎研究所 「再犯社会」が問う高齢社会像 -「安全社会」から「安心社会」へ 土堤内 昭雄基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年3月末、旧ライブドアの元社長、“ホリエモン”こと、堀江貴文さんが収監先の長野刑務所から仮釈放された。昨年、その獄中生活を描いた「刑務所なう。」(文藝春秋、2012

2013年4月16日富士通フィードバック数:3ライフスタイル

医療サービス利用頻度と医療費の負担感について

医療サービス利用頻度と医療費の負担感について高年齢者の所得と医療需要、負担感に関するシミュレーション上級研究員 河野 敏鑑(兼)駒澤大学経済学部非常勤講師2013年4月要旨本研究は高齢者の健康に関する意識調査の個票データを用いて高齢者における医療費の負担感の決定要因を明らかにした上で、シミュレーションを行おうとするものである。本研究では医療サービス利用頻度と医療費の負担感との変数間での内生性に配慮した二段階最小二乗法を用いて、医療サービス利用頻度や所得階層、生きがい、主観的健康度との関係について

2013年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル海外

韓国における退職年金制度の導入過程や現状について

韓国における退職年金制度の導入過程や現状について | ニッセイ基礎研究所 韓国における退職年金制度の導入過程や現状について 生活研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――老後所得保障の代名詞であった退職金制度(1953年)3――退職年金制度の導入過程や現状4――退職年

2013年3月7日第一生命保険★フィードバック数:5ライフスタイル

世帯の収入と消費についての分析です。

女性と高齢者が支える家計消費 ~配偶者収入と公的年金給付が増えている

女性と高齢者が支える家計消費 ~配偶者収入と公的年金給付が増えている

2013年3月7日みずほ総合研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

高齢者の人件費負担増と高齢者も働く社会

高齢者の人件費負担増と高齢者も働く社会

団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方

団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお

2013年2月20日みずほ総合研究所フィードバック数:10キャリアとスキル

希望者全員を65歳まで雇用義務化~高齢者が活躍できる職場の創設と人材育成が課題~

希望者全員を65歳まで雇用義務化~高齢者が活躍できる職場の創設と人材育成が課題~

2013年2月17日愛知県★フィードバック数:8マーケティング

愛知県での買い物環境についての調査です。

消費者買い物環境調査

緊急雇用創出事業基金事業「消費者買い物環境調査事業」の調査結果報告書を作成しました。 「消費者買い物環境調査事業」の調査結果報告書を作成しました。1.調査の目的 少子高齢化の進展や家族・地域のつながりの希薄化など、社会情勢の大きな変化に伴い、買い物の場所や移動手段の確保など、日常の買い物に必要な支援が受けられずに困難と感じる方、いわゆる“買い物弱者”が増えています。とりわけ、高年齢層における買い物弱者についてはさまざまな課題や問題が出てきています。  本調査は、県内に在住する高齢者が置かれている

2012年8月31日日本銀行★フィードバック数:1社会/政治

経済の観点からの少子高齢化についての考察です。

(論文)日本の人口動態と中長期的な成長力:事実と論点の整理

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 日本の人口動態と中長期的な成長力:事実と論点の整理2012年8月31日日本銀行調査統計局桜健一※1永沼早央梨※2西崎健司※3原尚子※4山本龍平※5要旨本稿では、わが国における人口動態—少子高齢化の急激な進展—及びこれが中長期的な成長力を中心に経済・物価に及ぼす影響について、多面的に事実整理と分析を行った。その概要は次のとおりである。わが国の人口動態をみると、少子高齢化が、予測を上回り続けるかたちで急激に進展した。しかも

2012年7月18日日本銀行★フィードバック数:1マーケティング

個人消費、その中でもシニア層の消費についてのレポートです。

(日銀レビュー)最近の高齢者の消費動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の高齢者の消費動向について2012年7月18日調査統計局 白木紀行、中村康治*要旨足もとの個人消費は、家計所得が伸びない中にあっても緩やかに増加しており、わが国のマクロの消費性向、すなわち所得に対する消費支出の割合は、上昇傾向にある。その背景として、本稿では、2つの点に着目する。第一に、若年層と比べて消費性向の高い高齢者の数が増加することによって、マクロの消費性向は継続的に押し上げられている。第二に、近年の特徴とし

2012年2月23日厚生労働省フィードバック数:7社会/政治

平成22年度介護予防事業(地域支援事業)の実施状況に関する調査結果

平成22年度介護予防事業(地域支援事業)の実施状況に関する調査結果II 二次予防事業II 1.二次予防事業における対象者把握事業(1)把握経路別の二次予防事業の対象者数(2)二次予防事業の対象者把握事業の実施状況(3)基本チェックリスト配布及び必要に応じて行う検査の実施状況(4)郵送した場合の未回収者に対するフォロー実施状況(5)ケアプラン作成状況(6)調査対象年度中の二次予防事業の対象者の状況(7)調査対象年度に新規に決定した二次予防事業の対象者の該当項目 4.二次予防事業の対象者の経過(1)

2011年9月9日ジー・エフフィードバック数:0社会/政治

シニア・高齢者の介護に関する意識調査

シニア・高齢者の介護に関する意識調査

2010年9月7日アイシェアフィードバック数:0大型消費/投資

高齢者と年金の行方に関する意識調査

rTYPEは2017年12月14日を持ちまして閉鎖致しました。

2009年1月5日NTTデータ経営研究所フィードバック数:0デジタル家電

高齢者におけるパソコン・ネットの利用動向に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ