「16歳」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月29日愛知県フィードバック数:0ライフスタイル

平成28年度愛知県生活習慣関連調査

平成28年度愛知県生活習慣関連調査の結果について 本県では、県民の皆様方の生活習慣及び健康管理に関する意識及び実態を把握するため、平成28年9月に愛知県生活習慣関連調査を実施しました。調査の概要及び結果は、以下のとおりです。調査の概要及び結果1 調査の目的 健康づくり施策の主要な取組を示した「健康日本21あいち新計画」(健康増進計画)で掲げる目標の達成状況を把握する。2 調査の概要(1)調査地域県内全域(2)調査対象調査票A (県内在住の満20歳以上の男女)調査票B (県内在住の満16歳から満1

2017年2月12日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

県政サポーターアンケート 埼玉県産農産物について

ここから本文です。県政サポーターアンケートの結果について-地場産農産物に求めるものは「新鮮」「安全」「安価」- 部局名:農林部課所名:農業ビジネス支援課担当名:販売対策担当担当者名:畑・青木 埼玉県産農産物をテーマとして実施した第54回県政サポーターアンケートの結果がまとまりました。  今回のアンケートでは、「農産物を購入するときに埼玉県産であることを意識している人」は54.6%、「県産農産物サポート店を利用したい人」は69.5%、「地場産農産物に求めるもの」は新鮮さが第1位といった結果となり

2016年12月13日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

県政サポーターアンケート結果 埼玉県の生涯学習及び社会意識について

ここから本文です。県政サポーターアンケート結果 埼玉県の生涯学習及び社会意識について 部局名:教育局課所名:生涯学習文化財課担当名:生涯学習・社会教育担当担当者名:伊藤  第53回県政サポーターアンケート「埼玉県の生涯学習及び社会意識について」の結果がまとまりました。 このアンケートでは、生涯学習活動の経験の有無や満足度等の生涯学習活動に関する意識について調査しました。1 主な調査結果(1)過去1年間に取り組んだ「生涯学習活動」について →経験した生涯学習活動の内容は、「趣味に関するもの」(3

2016年8月9日アットホームフィードバック数:0エンタテインメント

リオ五輪で「応援したい選手」、そして「息子・娘にしたい選手」 あの選手が2冠に輝いた!

カテゴリ記事を探すその他ソーシャルメディア 2016.08.08 リオ五輪で「応援したい選手」、そして「息子・娘にしたい選手」 あの選手が2冠に輝いた!この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!みんなにシェアしよう! 以前at home VOXでは、「ザックJAPANから多数ランクイン! 息子にしたいサッカー選手ランキング」というアンケートを行いました。当時はブラジルW杯の期間中で、サッカー熱が沸騰していたタイミング。そして今回も同じブラジルで、リオデジャネイロ・オリンピックが行われ

2015年1月27日埼玉県★フィードバック数:0ライフスタイル

農産物についての調査です。

県政サポーターアンケートの結果について 地場産農産物に求めるものは「新鮮さ」が第1位

ここから本文です。県政サポーターアンケートの結果について 地場産農産物に求めるものは「新鮮さ」が第1位 部局名:農林部課所名:農業ビジネス支援課担当名:販売対策担当担当者名:遠藤・青木 埼玉県産農産物をテーマとして実施した第46回県政サポーターアンケートの結果がまとまりました。  今回のアンケートでは、「農産物を購入するときに埼玉県産であることを意識している人」は55.1%、「県産農産物サポート店を利用したい人」は62.3%、「地場産農産物に求めるもの」は新鮮さが第1位といった結果となりまし

高齢になるまで働かなければならないと考えている人は61%

WHAT'S NEW[トピックス]高齢になるまで働かなければならないと考えている人は61%- 韓国は81%。16歳以上の消費者の価値観調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から3月にかけて16歳以上の消費者を対象に実施した調査の中で、「平均寿命の延長に伴って、私たちは高齢になるまで働かなければならないと思うか」という質

2014年10月22日ライフメディア★フィードバック数:0ライフスタイル

献血についての調査です。

献血に関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイト献血に関する調査。献血の理由「自分の血液が役に立ってほしい」。 献血に関する調査。献血の理由「自分の血液が役に立ってほしい」。2014年10月22日■テーマ:献血に関する調査■有効回答:1500件■調査期間:2014年10月8日から10月10日■対象者:16歳から69歳の全国男女■キーワード:献血,全血献血,成分献血病気やけがなどで輸血を必要としている患者さんの尊い生命を救うため、16~69歳までの健康な方に協力をお願いしている献血。最近では若い年代の協力

アルコール飲料を毎日飲む人の割合が24ヵ国中1番高いのは日本

WHAT'S NEWアルコール飲料を毎日飲む人の割合が24ヵ国中1番高いのは日本市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から3月にかけて16歳以上の消費者を対象に実施した調査によると、アルコール飲料を毎日飲むと回答した人の割合は21%で、24ヵ国中最も高い数値でした。*飲酒が認められる年齢は国により異なりますが、この調査では対象

2013年5月23日タイムカレントフィードバック数:0ライフスタイル

コンタクトレンズ購入店に対する実態調査

Vol.7 コンタクトレンズ購入店に関する実態調査結果 コンタクト購入店・想起率・満足度で 「アイシティ」が首位 ~ コンタクトレンズ購入店に関する実態調査 ~ 株式会社タイムカレント(東京都中央区、代表取締役社長:鎮目英大)は、1年以内に自分用のコンタクトレンズを購入したことがある、全国16歳~60歳の男女を対象として、「コンタクトレンズ購入店に対する実態調査(※)」を実施、合計1198名の回答結果を発表した。視力矯正用として普及してきたコンタクトレンズだが、ソフト・ハード、乱視用、遠近両用と

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ