「APAC」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年3月5日Integral Ad Scienceフィードバック数:0マーケティング

IAS が日本を含むAPAC地域の消費者を対象とした インターネット広告とコンテンツのコンテキスト関連性に関する調査レポートを公開

IAS が日本を含むAPAC地域の消費者を対象とした インターネット広告とコンテンツのコンテキスト関連性に関する調査レポートを公開 【シンガポール発 –2021年3月4日】インターネット広告の計測と効率化を実現するアドベリフィケーション・ソリューションのグローバルリーダー Integral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、以下 IAS)は、本日、日本、シンガポール、インドネシア、オーストラリアの2,000人以上の消

2020年10月12日AppsFlyerフィードバック数:0モバイル

ショッピングアプリに関する最新調査レポートを発表

新型コロナウイルス感染拡大により世界で利用が加速 AppsFlyer、ショッピングアプリに関する最新調査レポートを発表 〜2020年はホリデーシーズンにオンライン購入の需要が急増と予測〜モバイル広告効果計測プラットフォームとマーケティングアナリティクスを提供するAppsFlyer Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:オーレン・カニエル、カントリーマネジャー:大坪直哉、以下AppsFlyer)は本日、ショッピングアプリに関する2020年版の最新マーケティング調査レポートを発表し

2020年6月13日AppsFlyer★フィードバック数:0マーケティング

アプリリターゲティング調査レポート ? 2020年版

アプリリターゲティング調査レポート – 2020年版ウェブでのリターゲティングは約15年前から行われていますが、アプリでのリターゲティングが大規模に実施されるようになったのはここ数年のことです。リテンション率の低迷、競争が激化、ユーザー獲得コストの増加を背景に、アプリの既存ユーザーとのリエンゲージメントは、アプリマーケティングにおいてますます重要になっています。リターゲティングの規模と可能性を理解するため、AppsFlyerで初となるアプリリターゲティング調査レポートをリリースします。それぞれの

パーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに

HOMEニュース パーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに国際競争力低下の懸念。日本で働く人の46.3%が社外で自己研鑽せずパーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに 国際競争力低下の懸念。日本で働く人の46.3%が社外で自己研鑽せずパーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに国際競争力低下の懸念。日本で働く人の46.3%が社外で自己研鑽せず日本で働く人で管理職志向があるのは21.4%にとどまり、14の国・

2019年7月24日adjust★★フィードバック数:0マーケティング

AdjustとLiftoffがショッピングアプリに関する共同調査を発表

AdjustとLiftoffがショッピングアプリに関する共同調査を発表 日本のユーザーはアプリのインストールから商品の購入までの時間が長い反面、ロイヤリティが高いことが判明モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーであるadjust(アジャスト) 株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)(https://www.adjust.com/ja)とLiftoff Mobile株式会社(本社:米・パロアルト、代表取締役社長兼共同創設者マーク・エリス)は、

2019年3月12日GfKフィードバック数:0モバイル

2018年グローバルのスマートフォン販売動向

28.02.2019 「GfK調べ:2018年 グローバルのスマートフォン販売動向」- 販売金額は前年比5%増の5,220億ドル 2018年におけるグローバルのスマートフォン販売台数は前年比3%減の14億4,000万台となったが、販売金額は前年比5%増の5,220億ドルに拡大した。高価格帯製品の好調により平均価格が上昇し、金額規模を押し上げた。 ・高価格帯製品の成長がスマートフォン販売をけん引 2018年のスマートフォン販売における価格帯別の金額構成比をみると、ボリュームゾーンである中価格帯

2018年1月17日Intralinksフィードバック数:0ビジネス

2018年1-3月期はM&Aが世界全体で増加すると予測

イントラリンクス、2018年1-3月期はM&Aが世界全体で増加すると予測 日本の初期段階M&Aディール件数は2016年10-12月期以来の増加に転じ、2018年全体で前年比6%増となる見込み アジア太平洋地域(APAC)で初期段階M&A活動件数が増加しており、2018年1-3月期の公表M&Aディール件数は約14%増と予測。日本の初期段階M&A活動件数は2016年10-12月期以来の成長となり、年間で約6%増。ヨーロッパ/中東/アフリカ(EMEA)の公表M&Aディール件数は約6%増と予

2017年11月20日KAYAKフィードバック数:0大型消費/投資

世界を牽引する旅行検索エンジンKAYAK、トラベルアディクト(旅行中毒度)に関する調査データを発表!

世界を牽引する旅行検索エンジンKAYAK、トラベルアディクト(旅行中毒度)に関する調査データを発表! -日本人旅行者の62%が旅行先を決める際「価格」を重視することが明らかに!安全性よりも価格が旅の決め手という驚きの結果が判明APAC地域の旅行者はユニークな場所で旅行予約をしていることも明らかに-トラベルアディクト(旅行中毒度)に関する調査_12017年11月6日 ‐ 世界を牽引する旅行検索エンジンであるKAYAK(カヤック)はこの度、日本及びアジア太平洋地域(以下、APAC地域)におけるトラベ

2017年3月2日アドビ システムズ★★フィードバック数:0モバイル

Adobe Digital Insights: 日本のスマートフォンのトラフィックシェアが世界で最も高いことが判明

Adobe Digital Insights: 日本のスマートフォンのトラフィックシェアが世界で最も高いことが判明 アドビは、バルセロナでのモバイル ワールド コングレス(MWC)の開催にあたり、モバイルに関する最新のAdobe Digital Insights(ADI)調査結果を公開しました。2016年の世界のインターネットトラフィックに占めるスマートフォンの割合を地域ごとに調査したところ、調査対象となった米国、APAC(*1)、欧州(*2)の中で日本が最も高く、日本のトラフィック全体のうち

2016年7月5日qlikフィードバック数:0ライフスタイル海外

Qlik APAC Cost of Living

1993 – 2016 QlikTech International AB, All Rights Reserved.Privacy policy.Terms of use.

2015年9月8日アドビ システムズフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Best of the Best Benchmark 2015

アドビからソフトウェアおよびマーケティング製品、会社情報、CSR活動やキャンペーン情報などをお知らせする、コーポレート・コミュニケーションブログです。 HOMEアドビ調査、日本を含むAPACのWebサイトでモバイルへの最適化が進んでいることが判明アドビ調査、日本を含むAPACのWebサイトでモバイルへの最適化が進んでいることが判明スマートフォンへの最適化では日本と韓国がリード【2015 年9月8日】Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ) が実施し

2015年度ベスト・エンプロイヤー企業

[] グローバル人事コンサルティング会社であるエーオンヒューイットは、本日、報道機関向けの説明会で日本における2015年度ベスト・エンプロイヤー企業を発表しました。本説明会では、日本で企業が抱えるビジネス上の課題と人材のリスク、そのリスクを緩和していくためにベスト・エンプロイヤー企業が取り組んでいる人事施策を中心に、2015年度ベスト・エンプロイヤー調査の分析結果を公開しました。エーオンヒューイットのベスト・エンプロイヤー調査は、アジアでは2001年に初めて実施されました。日本においては今回が初

2014年9月8日Aonフィードバック数:0キャリアとスキル

グローバルにおける社員のエンゲージメントに関する調査

APACでは過去5年間、社員エンゲージメントの変化とGDP成長率の関係性に時間的なずれが生じているが、これは世界的な傾向とも合致している。この時差は、企業が社員エンゲージメントに関する方針の推進や人材施策への投資を行う場合は一般的な経済状況に合わせて調整するために生じるものである。GDPによって社員エンゲージメントに関する会社の意思決定および一年後のエンゲージメント・レベルをある程度予測できるというこの仮説を裏付けるように、APAC全域における社員エンゲージメントの今後に関する重要な見通しを伴っ

2013年12月26日CFA Instituteフィードバック数:0大型消費/投資

グローバル・マーケット・センチメント・サーベイ2014

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire ◎CFA協会、グローバル・マーケット・センチメント・サーベイ2014を発表AsiaNet 55365【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。[No.18 1312-02]2013年12月16日一般社団法人日本CFA協会CFA協会CFA協会、グローバル・マーケット・センチメント・サーベイ2014を発表日本の専門家は国内経済成長に大きく期待もガバナンス欠如に懸

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ