「Accenture」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年12月30日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

AI: Built to Scale(ビジネス全体でAIを活用する)

アクセンチュア最新調査――77%の日本企業が、人工知能をビジネス全体で活用しなければ著しい業績低下の可能性があると認識 AIをビジネス全体に導入している企業はROIが高く、競争に打ち勝つ俊敏性も備えていることが明らかに【ニューヨーク発:2019年11月14日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、日本企業の経営幹部の77%(グローバル全体では75%)が、人工知能(AI)をビジネス全体に積極的に導入しなければ、2025年までに著しく業績が低下するリスクがあると考えて

2019年10月21日アクセンチュアフィードバック数:0ライフスタイル

2019年上半期の世界のフィンテック投資は減少、中国における投資の落ち込みが欧米での拡大を相殺 ――アクセンチュア最新調査

2019年上半期の世界のフィンテック投資は減少、中国における投資の落ち込みが欧米での拡大を相殺――アクセンチュア最新調査 2018年にAnt Financialが行った過去最高額の調達後、グローバルの投資総額は29%減となったものの、米国、英国では大幅に上昇し、ドイツ、スウェーデン、フランスでも投資活動が堅調に拡大アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、グローバルにおける2019年上半期のフィンテックベンチャー企業への投資額は大幅に減少しました。これは、前年同期に一

2019年10月2日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新調査――創造的破壊は短期間で収束せず、長期にわたって進行することが判明

アクセンチュア最新調査――創造的破壊は短期間で収束せず、長期にわたって進行することが判明 先進企業は、創造的破壊を通じてイノベーションを促進【東京発:2019年10月2日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、72%の企業が過去8年間で創造的破壊の規模拡大を経験しており、企業価値(調査対象企業の時価総額と純負債の合計)のうち41兆ドルものビジネスが破壊の対象になっていることが明らかになりました。アクセンチュアの最新レポート「Breaking Through Disr

2019年8月26日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――製造業における先進企業は、PoCの半数以上を本格化し、20%超の投資収益率を達成

アクセンチュア最新調査――製造業における先進企業は、PoCの半数以上を本格化し、20%超の投資収益率を達成 デジタルイノベーションを成功させる4つの要因が明らかに【ニューヨーク、ハノーバー発】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、製造業において卓越した成果をあげている企業は、デジタルを活用したイノベーションの拡大方法を見極め、高いデジタル投資収益率(Return on Digital Investment、RODI)を実現していることが分かりました。こうした企業は

2019年7月25日アクセンチュア★★フィードバック数:0キャリアとスキル

アクセンチュア最新調査――日本の経営層の約7割が5Gがもたらすインパクトを理解していないことが判明

アクセンチュア最新調査――日本の経営層の約7割が5Gがもたらすインパクトを理解していないことが判明 【2019年7月25日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、世界の企業経営層および技術担当幹部は、5G技術によるネットワークの速度向上や容量拡大によってもたらされる創造的破壊の可能性をまだ十分に理解していないことが明らかになりました。世界10カ国のさまざまな業界の大手および準大手企業の幹部約1,800人を対象に実施した同調査では、「5Gについて何を知らないかについても

2019年6月20日アクセンチュア★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア、最新のコーポレート・シチズンシップ・レポートを発表

アクセンチュア、最新のコーポレート・シチズンシップ・レポートを発表 社会課題の解決に向けた「Skills to Succeed(スキルによる発展)」プログラムおよび環境負荷抑制や多様性を推進する取り組みの進捗を報告【ニューヨーク発:2019年4月16日】アクセンチュア(NYSE:ACN)は最新のコーポレート・シチズンシップ・レポートを発表し、世界中の人々の働き方と暮らしを向上させるためにグローバルで推進している取り組みの目標や進捗状況について報告しました。アクセンチュアの最高CSR責

2019年3月8日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新調査――イノベーション創出には「平等の文化」がカギ

アクセンチュア最新調査――イノベーション創出には「平等の文化」がカギ 平等の文化を整備して社員のイノベーション創出を促すことで、2028年までに世界のGDPが8兆ドル増大する可能性【東京発:2019年3月8日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、企業のイノベーション創出や成長には、平等を重んじる企業文化がカギとなることが明らかになりました。 アクセンチュアが発表した調査レポート「男女ともに活躍する企業への変革2019 [Getting to Equal 2019(

2018年11月30日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明

アクセンチュア最新調査――時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明 経験学習、個別教育、AI弱者支援への投資が、スキルギャップを埋める鍵【ニューヨーク発:2018年9月19日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、デジタル技術によってもたらされるべき経済成長が、時代のニーズに合わない教育や企業研修システムによって達成できない恐れがあることが明らかになりました。G20のうち

2018年11月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明

アクセンチュア最新調査――時代のニーズに合わない教育や企業研修が、人工知能(AI)などの先端技術がもたらす11兆5,000億ドルの経済成長を阻む恐れがあることが判明 経験学習、個別教育、AI弱者支援への投資が、スキルギャップを埋める鍵【ニューヨーク発:2018年9月19日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、デジタル技術によってもたらされるべき経済成長が、時代のニーズに合わない教育や企業研修システムによって達成できない恐れがあることが明らかになりました。G20のうち

2018年5月18日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

保険会社は、ビジネスやオペレーティングモデルの変革により、3,750億ドルの増収が可能と試算

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月9日アクセンチュア最新調査――保険会社は、ビジネスやオペレーティングモデルの変革により、3,750億ドルの増収が可能と試算アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、保険会社はビジネスモデルの見直し、事業の変革と活性化に前向きに取り組むことにより、今後5年間で3,750億ドルの増収が世界全体で見込めると試算しました。アクセンチュアが世界の保険会社を対象に実施した最新調査「Ins

2018年5月11日アクセンチュア★★フィードバック数:0マーケティング

5つの最新テクノロジートレンド

インテリジェント・ エンタープライズの 勃興 Research Report5つの最新テクノロジートレンドAccenture Technology Visionでは、あらゆる業界において今後3年以内に大きな影響を及ぼすと予想されるテクノロジーと、現在企業が取りうる対応を調査しています。2018年版レポートでは、企業がどのようにテクノロジーを活用し、人々の暮らしに溶け込んでいくかを詳細に解説します。今後、企業には人々とビジネスだけではなくパーソナルな関係性を築くことが求められます。今や

2017年7月14日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

2035年には人工知能によって16業界で平均38%の増収が可能

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年7月5日アクセンチュア最新レポート――2035年には人工知能によって16業界で平均38%の増収が可能 【ニューヨーク発:2017年6月21日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新レポートによると、企業は人工知能(AI)を最大活用することで、2035年までに収益を平均で38%向上できる可能性がある結果となりました。企業のAI活用が進むことで、先進12カ国(*1)における16の業界(*2)で、新

2016年11月29日アクセンチュア★★フィードバック数:0マーケティング

The future of commerce has arrived: Understanding the Asian consumer

Communications, media and technology companies are the backbone of the information economy. But the technology that powers these industries is also disrupting them. No worries. Disruption is our sweet spot. Businesses may be putting trust at risk

2016年11月17日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明

Skip to main content Skip to Footer2016年11月17日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、人工知能(AI)が仕事の在り方を変え、人間と機械との新たな関係性を生み出すことで、2035年には年間経済成長率が倍増する可能性があることが判明しました。AI技術によって根本的に働き方が変わり、ビジネス成

2015年11月28日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス海外

Fintech Investment in Asia-Pacific set to at least quadruple in 2015

Skip to main content Skip to FooterFintech Investment in Asia-Pacific set to at least quadruple in 2015Lending and payments are where Asia-Pacific banks should seek startup expertise now. Blockchain, cloud and cybersecurity are the next frontier.

2015年3月29日アクセンチュアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

アクセンチュア・デジタルグリッド調査 2014年

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア・デジタルグリッド調査 2014年エネルギー需要のかつてない変化をいかに乗り切るか。新エネルギー技術の影響で、公益事業者は2025年までに15%を超える需要の減少に直面すると予測されます。 新しいエネルギー技術の影響により、公益事業者は2025年までに15%を超える需要の減少に直面する――アクセンチュア調査 最新のアクセンチュアの調査によると、新しいエネルギー技術がエネルギー需要にかつてない変化をもたらし、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ