「BEI」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響

日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響 | ニッセイ基礎研究所 日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費税率引き上げ後の景気後退や原油価格の大幅な下落など、消費者物価を取り巻く環境は変わった。これに対し、日銀は追加の金融緩和を決定し、政府は今年10月に予定していた消費税率

【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標)

【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標) | ニッセイ基礎研究所 【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標) 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら FOMCの声明文(10月28-29日分)では、物価動向について3通りの表現がみられた。本稿ではFRBが重視していると思われる物価指

2013年9月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)購買力平価を利用したわが国のインフレ予想の計測の有用性について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 購買力平価を利用したわが国のインフレ予想の計測の有用性について2013年9月20日鎌田康一郎*1中島上智*2要旨本稿の目的は、購買力平価に基づいたインフレ予測の計測手法を紹介し、その性質について、理論と実証の両面から検討を加えることにある。購買力平価が成立するもとでは、自国の予想インフレ率は、外国の予想インフレ率に名目為替レートの予想減価率を加えたものに等しい。本稿では、この関係を用いて、5か国(米、英、豪、加、スウェ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

特集データ

お知らせ