「BIS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年5月9日財務省フィードバック数:0社会/政治

外貨準備等の状況(平成26年4月末現在)

外貨準備等の状況(平成26年4月末現在)平成26年4月末における我が国の外貨準備高は、1,282,822百万ドルとなり、平成26年3月末と比べ、3,476百万ドル増加した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は46,788百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

住宅価格上昇への対処と中央銀行のVIEW ~FED VIEWとBIS VIEW ~

住宅価格上昇への対処と中央銀行のVIEW ~FED VIEWとBIS VIEW ~

2013年9月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

BISの店頭デリバティブ規制改革の影響評価

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融ビジネス・金融ITBISの店頭デリバティブ規制改革の影響評価 ここから本文ですBISの店頭デリバティブ規制改革の影響評価規制強化は年間GDP+0.12%の経済効果をもたらすと分析サマリー◆2013年8月26日、国際決済銀行(BIS)店頭デリバティブ規制改革に係るマクロ経済影響評価グループ(MAGD)は、9月5-6日開催のG20サンクトペテルブルク・サミットに向けた、店頭デリバティブ規制改革に係るマクロ経済影響評価に関する報告書を公表。◆同報告書では、分析

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ