「BYOD」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年3月11日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年度 中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査

「2015年度 中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査」報告書について最終更新日:2016年3月8日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター報告書の概要 近年、インターネットバンキングの不正送金(*1)や特定企業の情報資産を狙った標的型サイバー攻撃、内部の不正行為による情報漏えいなどが企業にとって脅威となっています。こうした攻撃は政府機関や大企業だけでなく、中小企業にも向けられおり、直接の被害だけでなく、取引先を標的とした攻撃の踏み台にされる場合もあります。そ

利用デバイスやBYODについてアンケート

ワイモバイルビジネスニュース会員さまを対象にアンケートを実施いたしました。今回は利用デバイスやBYODについてアンケートを実施いたしました。アンケート調査結果調査期間:2015年12月2日~11日 | 調査対象:ワイモバイルビジネスニュースレター購読者 | 総回答数:987社 【Q1】あなたの会社では現在、業務用端末(モバイル)にどの製品(種別)をお使いですか? 【Q2】あなたの会社でスマートフォンを導入する場合の機種選定基準について教えて下さい。 【Q3】外出先などでメールや資料の送受信

2016年1月6日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

セルフBI、IoT、BYOD――2015年で一番読まれた「事例記事」は?

セルフBI、IoT、BYOD――2015年で一番読まれた「事例記事」は?:ランキング形式で紹介 ITmedia エンタープライズは、2015年からIT導入事例記事に注力しています。そこで今回は2015年で特に反響が多かった記事をピックアップし、ランキング形式でまとめてみました。さて、気になる1位の記事は……? 2015年に最もアクセス数が多かった事例記事は『「全社員2300人に会社貸与PCやめます」は成功するのか?』でした。15万円を支給し、全社員にPCを自由に選択させるというBYOD移行にチャ

2015年9月1日エフセキュア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業は要注意 : 新たな調査でBYODのセキュリティギャップに警告

フィーチャーエフセキュア、企業のニーズに合わせた柔軟な月額課金設定の新サービス『F-Secure Elements』を発表 F-Secureからのリリース配信をご希望の方は、こちらからご登録ください。 【エフセキュア】プレスリリース配信登録につきまして この度はエフセキュアからのリリース配信にご登録をいただき、ありがとうございました。ご不明な点などございましたら広報担当窓口 japan-pr@f-secure.com までお問合せください。よろしくお願い申し上げます。エフセキュア広報部

2014年8月26日トレンドマイクロフィードバック数:0モバイル

個人用デバイス・ツールの業務利用実態 2014

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) トレンドマイクロについて プレスリリース 個人用デバイス・ツールの業務利用実態 2014 禁止されても6割以上が個人所

2014年6月10日アイティメディア★フィードバック数:0ビジネス

キーマンズがスマートフォンについての調査結果を公開しました。

業務用スマートフォンの導入状況(2014年)

IT担当者300人に聞きました:業務用スマートフォンの導入状況(2014年度) (1/5)IT担当者439人にスマートフォンの実態調査を実施した。導入状況、BYODの認可状況、セキュリティ対策状況、満足度、導入しない理由などが明らかになった。 キーマンズネットでは、2014年3月12日〜2014年3月19日にかけて「業務用スマートフォンの導入状況(2014年)」に関するアンケートを実施した(有効回答数439件)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の40.1%、一般部門が51.5%、ベンダー

2014年3月19日ITRフィードバック数:0企業情報システム

企業IT利活用動向調査

経営課題としてコミュニケーションや組織改革の重要度が上昇標的型サイバー攻撃への懸念も前年に引き続き高止まり ― JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査」の速報結果を発表 ―2014年3月19日 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 株式会社アイ・ティ・アール一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業600社以上のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査」

2013年12月27日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

2014年は中小企業の「私物スマホ解禁元年」に 4000人のITプロに調査

関連キーワードBYOD(Bring Your Own Device) | MDM(モバイルデバイス管理) | モバイル端末 | スマートフォン | タブレット | スマートデバイス  2014年は、世界各国の企業が従業員へのモバイル端末支給を増やし、職場へのモバイル浸透は一層進む見通しだ。 米TechTargetは、2014年に向けた優先課題とIT動向を探るため、各国のITプロフェッショナル4100人余りを対象に調査を実施。企業のモバイル化と、それがIT部門とエンドユーザーの日常生活に果たす役割

2013年11月4日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ジェネレーションYはBYOD、BYOC(ブリング ユア オウン クラウド)ポリシーに抵抗感を抱いている

フォーティネットは、同社が世界各地で行った調査結果によると、私物のデバイスや個人のクラウドストレージ アカウント、およびスマートウォッチ、Google Glass、コネクティッドカーといった新しい技術の使用を制限する企業ポリシーに反対する意見がジェネレーションY の従業員のなかで高まっていることを公表しました。 2013年11月1日フォーティネットジャパン株式会社米国時間2013年10月21日に発表されたプレスリリースの抄訳です。(抄訳には日本の調査結果を追加しました。)フォーティネッ

2013年10月16日Dimension Dataフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュアなエンタープライズモビリティに関する調査レポート

[] ディメンションデータ調査レポート、BYODによるネットワーク利用の激増とセキュリティ問題について モビリティ戦略の構築、導入時、ITリーダーの77%がセキュリティとプライバシーの問題に苦慮2013年10月16日、東京発- 企業ITネットワークにアクセスする個人所有端末と、その端末上のアプリケーション数、およびそれらのアプリケーションのセキュリティ監査の間には大きな隔たりがあり、ITリーダーはセキュリティ問題の解決に頭を痛めています。売上高58億米ドルのグローバルITソリューションおよびサー

2013年10月7日デジタルアーツ★フィードバック数:0ビジネス

スマートフォン、タブレット、PCの利用やデータの持ち出しについての調査です。

デバイスの多様化における就業者のワークスタイルの変化実態調査

2013年10月07日 デジタルアーツ株式会社デバイスの多様化における就業者のワークスタイルの変化実態調査~全国の都市部・郊外に勤務する就業者におけるデバイス活用やセキュリティ意識を調査~個人端末を仕事で利用することが許可されている人は35.6%会社のデータの持ち出し経験者は22%でデータを持ち出すことへの罪悪感は34%がないと回答 ~「BYOD」のためのルールや「シャドーIT」への対策が今後は必須に~情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 

2013年8月28日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク要登録

ゲートウェイセキュリティに関する読者調査リポート

TechTargetジャパンは2013年7月17日から30日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に、各種ファイアウォールや侵入検知システム(IDS)/侵入防御システム(IPS)といった、ネットワークの境界などに設置するセキュリティ対策製品「ゲートウェイセキュリティ製品」に関するアンケート調査を実施した。ゲートウェイセキュリティ製品の導入状況や運用方式、課題などを聞いた。本稿は、アンケート調査から明らかになったゲートウェイセキュリティに関する実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記

2013年4月30日アイティメディア★フィードバック数:13モバイル要登録

TechTargetがBYODについての調査結果を公表しました。

BYODに関する読者調査リポート

TechTargetジャパンは2013年4月1日から4月14日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に、従業員の私物ノートPCや私物スマートデバイスを業務利用する「私物端末の業務利用(BYOD)」に関するアンケート調査を実施した。BYODの解禁状況や導入効果、課題などを聞いた。本稿は、アンケート調査から明らかになったBYODの実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。調査概要目的:TechTargetジャパン会員の企業に

2013年2月20日日経BP★フィードバック数:17モバイル

BYODについてのアンケートです。

約4割が個人所有デバイスを活用、うち15%は「こそっと」利用中

日経クロステック トップITシステムITpro会員100万人に聞く!ICT大調査約4割が個人所有デバイスを活用、うち15%は「こそっと」利用中 約4割が個人所有デバイスを活用、うち15%は「こそっと」利用中「約4割が個人所有デバイスを仕事に活用」「全社的にBYOD(Bring Your Own Device)を推進しているとの回答は約1割。ただし私物デバイスの利用は禁止にもかかわらず『こっそり』使っているユーザーも15%」。ITproが実施したBYODに関するアンケート調査で、このような実態が判

2013年2月10日アイティメディア★フィードバック数:17企業情報システム海外

トップは「データ保護」とのことです。

2013年IT優先度調査

米TechTargetが世界各国の3282人のIT管理者を対象に実施した「2013 IT Priorities Survey」(2013年IT優先度調査)によると、2013年に優先される課題の多くは、ここ数年間重視されてきたものとほぼ変わらないようだ。ただし、クラウドサービスやコンシューマーITをより一層活用するための対策が始まりつつあることも、調査結果からははっきりと読み取れる。関連記事高まるDWHへの投資意欲、「砂金探し」のビッグデータ活用を成功させるには「仮想化」「タブレット」――読者調査

ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査 ◆ 利用ユーザー(540名) の利用実態を調査。過去7回の調査との比較分析も実施。◆ 導入ユーザーの用途は、「会議のみ」が60%、「会議以外にも使う」が40%。Web会議の「会議以外利用」が44%と、業務そのものに使う割合が増加。◆ 今後使いたい端末は 「iPad」。◆ 回答者の所属する企業・団体のBYOD(*)は、従業員数が少ない企業ほど「認められている」傾向。 (*)BYOD…(Bring

2012年12月26日日経BP★フィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

企業でのセキュリティ対策についての調査です。

企業セキュリティ調査

Activeトップ企業セキュリティ調査目次 目次出典:日経NETWORK 2012年7月号pp.38-47 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります) セキュリティ対策は企業にとって必要不可欠であり、コストをかけた分だけ強度が増す。しかし、売り上げや利益が上がるわけではない。どこにどの程度対策するかが難しいのだ。ユーザー企業はセキュリティ対策をどのように行っているのか──日経NETWORKが行ったアンケート調査を中心に、BYODなど4項目の企業セキュリティの実態を見ていこ

2012年11月27日マイナビ★フィードバック数:26モバイル

職種、業種別に会社でのモバイルの利用について調査しています。

業務でよく使うのに通話料は自腹? スマホが使いたいのに使えない!? 業種別、業界別の携帯電話実態調査

レポート 業務でよく使うのに通話料は自腹? スマホが使いたいのに使えない!? 業種別、業界別の携帯電話実態調査 - マイナビニュース調査 電気通信事業者協会(TCA)が公表した2012年10月末日時点での国内の携帯電話・PHSの累計契約数は、1億2,788万8,300契約だった。これは日本の総人口に匹敵する数である。 1人で複数台持っているという人も少なくないだろう。業務での携帯電話の利用に関しては、「BYOD」(Bring Your Own Device)が注目されている。BYODは、個人

2012年11月16日マイナビ★フィードバック数:27モバイル

携帯電話の業務利用についてのアンケートです。

BYODにおける携帯電話の利用と通信料金の実態

レポート 個人所有の機器を仕事で使いたくない、その理由とは? 見えてきたBYOD導入の課題と解決策 - マイナビニュース調査 個人所有のパソコンやスマートフォンなどの情報機器を業務に使う「BYOD(Bring Your Own Device)」の導入は、コスト削減や業務効率化を図れるというメリットから関心が高まっている。そこで今回は、BYODにおける携帯電話の利用と通信料金の実態について、マイナビニュース会員にアンケートを実施した。期間は10月29日から11月1日までで、919件の有効回答を

2012年9月14日日経BP★フィードバック数:51ビジネス

スマートデバイスやクラウドサービスなど個人による企業内での利用についての調査です。

スマートフォンやタブレット端末、クラウドサービスの業務利用に関するアンケート

日経クロステック トップITシステム記者の眼私物スマホと個人向けクラウドの業務利用―実態調査報告 私物スマホと個人向けクラウドの業務利用―実態調査報告2012年7月18日に掲載した記者の眼「口コミで広がる“BYOX”」は、おかげさまで多くの反響をいただいた。同時期に実施した、スマートフォンやタブレット端末、クラウドサービスの業務利用に関するアンケート(調査期間は7月11日から26日)にも、ITpro読者の方々から多数のご回答をお寄せいただいた。この場を借りて御礼申し上げたい。 今回のアンケートで

2012年6月27日日経BP★フィードバック数:5モバイル

企業でのモバイル利用についての基本的な調査です。

アンケートに見る私物活用の現状 - BYODの実際

ActiveトップBYODの実際[調査]アンケートに見る私物活用の現状 [調査]アンケートに見る私物活用の現状出典:ITpro 2012/05/21 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)BYOD(私物デバイス活用)はどこまで広がっているのか。ユーザーの本音は。実際に導入している企業では、どのような効果が得られ、どのような措置を講じているのか。アンケートと事例からその実際を探る。 読者の職場では、BYOD(私物デバイス活用)はどこまで導入されているのか---ITpro

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ