「CCR」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年12月6日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

全国オーナー企業分析

2016/11/25全国オーナー企業分析7割が後継者不在〜 65歳以上では過半数、事業承継を模索〜はじめにこれまでの日本経済は、主にオーナー企業によって下支えされ、繁栄を続けてきた。カリスマ性を持つオーナーによる迅速な意思決定、一族の数世代にわたる長期的な視点での経営など多数のメリットを持つオーナー企業。一方で、散見される「お家騒動」報道でみられるような、オーナーの独断による判断ミスや誤った経営方針などが取りざたされた場合、企業価値の毀損が避けられず、企業存続の致命傷となる恐れも生じてくる。また

2016年9月6日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

有料老人ホーム・サ高住の経営企業実態調査

2016/8/31有料老人ホーム・サ高住の経営企業実態調査老人ホーム・サ高住専業は1500社超え 〜 収入は5年で15%増加 〜はじめに日本社会の高齢化の進展とともに注目されるのが、介護事業。なかでも、高齢者の終の棲家となり得る、老人福祉施設の需要は高まっている。地方公共団体などが経営し、費用負担の軽い特別養護老人ホームに人気が集まる中で、その他の選択肢として民間企業の参入が続いているのが、有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)だ。今後も需要が期待される中で、両施設の経営業者

2015年6月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第3回 中国進出企業の実態調査

2015/6/8第3回 中国進出企業の実態調査中国進出の日本企業は1万3200社〜 円安や中国経済減速で前回調査から1200社減少 〜はじめに6月3日、LIXILグループ(東証1部上場)は、中国で事業を展開する連結子会社の破産に伴い、最大662億円の損失が発生する可能性があると発表した。中国経済の急減速をきっかけに中国進出企業の損失などが目立ちはじめた。改めて「チャイナリスク」が意識されるようになり、中国へ進出する日本企業への影響が注目されている。帝国データバンクは、自社データベース・信用調査報

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ