「CFO」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「日本企業における非財務情報活用とその実態調査」結果発表

「日本企業における非財務情報活用とその実態調査」結果発表  アビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長 鴨居 達哉、東京都千代田区、以下 アビームコンサルティング)は、一般社団法人日本CFO協会(理事長 藤田 純孝、東京都千代田区、以下 日本CFO協会)と、日本企業における非財務情報(ESG関連情報)活用とその実態に関して、日本CFO協会に登録する企業のCFOや経理・財務幹部(合計249社)を対象とした共同調査を2021年3月に実施しました。■TOPICS非財務情報(ESG関連情報)と企業

2021年2月26日Accenture★★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新調査――企業のデジタル戦略と実行においてCFOの役割は飛躍的に拡大していることが判明 

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――企業のデジタル戦略と実行においてCFOの役割は飛躍的に拡大していることが判明 アクセンチュア最新調査――企業のデジタル戦略と実行においてCFOの役割は飛躍的に拡大していることが判明20

2020年4月15日日本CFO協会★フィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスによる日本企業の経理財務業務への影響

アカウントをお持ちの方はログインしてご利用ください(お持ちでない方はアカウントにご登録ください) 2020/4/6プレスリリース: 新型コロナウイルスによる経理財務業務への影響に関する調査一般社団法人日本CFO協会(本部:東京都千代田区、理事長:藤田純孝、以下「日本CFO協会」)では、企業のCFO(最高財務責任者)をはじめ経理・財務部門の幹部を対象に、「新型コロナウイルスによる経理財務業務への影響に関する調査」を実施しました。 ■ イベント/アーカイブ情報>イベント>アーカイブ

2017年8月7日Concur Technologiesフィードバック数:0ビジネス

改正電子帳簿保存法、企業の取り組み状況の実態調査

コンカー、「改正電子帳簿保存法、企業の取り組み状況の実態調査(日本CFO協会実施)」に関する調査結果と考察、および領収書電子化普及に向けた提言を発表~ 8割を超える企業が紙の領収書電子化にメリットを感じる一方で、およそ9割の企業が “法的要件の厳しさ”が導入の阻害要因と感じていることが明らかに ~出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、2017年1月より運用が開始されたスマートフォン等を利用した紙の領収書電子化を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

特集データ

お知らせ