「CNET」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

中国人が「端午節」に日本で買ったもの--インフォグラフィックで見る

中国人が「端午節」に日本で買ったもの--インフォグラフィックで見る 図解中国トレンドExpress編集部(株式会社ホットリンク)  ホットリンクでは、2015年の「国慶節」に日本訪問を予定している中国人のクチコミから、人気商品を集計、ランキング形式で発表しました(対象ソーシャルメディア : 新浪微博、Wechatパブリックアカウント部分、BBS、BLOG)。 国慶節前のクチコミでは、酵素ダイエット食品/サプリメント、文房具やカー用品などが上位にあがっていました。では、そのほかの“節”の時は、どの

中国人はこの夏、日本で何を買ったのか--インフォグラフィックで解説

中国人はこの夏、日本で何を買ったのか--インフォグラフィックで解説 図解中国トレンドExpress編集部(株式会社ホットリンク)  訪日中国人の間で日本のお土産として定着しているもの、それは「炊飯器」「温水洗浄便座」「魔法瓶」「セラミック包丁」の4つで、中国では「四宝」と呼ばれています。しかし、昨今は医薬品、化粧品、食品など人気製品が多様化しており、ソーシャルメディアの書き込みでもその傾向を確認することができます。 今回は、実際に訪日して何を購入したか、ソーシャルメディアの書き込みから集計したラ

インフォグラフィックでみる訪日中国人のインバウンド消費

インフォグラフィックでみる訪日中国人のインバウンド消費 図解中国トレンドExpress編集部(株式会社ホットリンク) 「4倍」「30万人」~訪日中国人の爆発的増加~ 近年、訪日中国人が増えていると言われていますが、改めて数字で確認してみましょう。日本政府観光局(JNTO)調べによると、2014年度は前年から100万人以上増加して240万9158人が来日しているとされ、10年前の約4倍となっています。 また、JNTOからの最新発表(2015年7月推計値)によると、7月単月の訪日中国人数は前年同月比

節電 企業内情報システム関与者に聞く、ITシステムに関するアンケート

お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。 ついにシーズン本番へ--差し迫る節電対策 クラウド導入が可能にする、抜本的な節電対策とは 先の震災直後の計画停電を乗り切ったのも束の間、15%節電が求められる異例の夏がスタートした。休日振り替えやサマータイムの導入といった企業施策が、連日報道でとりあげられているが、多くの企業では未だ、抜本的な取り組みが描けていないという事実も浮かび上がっている。こうした実態にこの夏から対応可能で、しかも電力不足の長期化も見据えた、電力の消

iPhoneユーザーのモバイルインターネット利用率は2倍以上--調査結果が示す数々の相関

Ted Schadlar() 翻訳校正:川村インターナショナル"/>iPhoneユーザーのモバイルインターネット利用率は2倍以上--調査結果が示す数々の相関 要旨 就職している「iPhone」ユーザーは、就職している「BlackBerry」「Palm」「Windows Mobile」デバイスなどのユーザーに比べ、携帯電話機からインターネットにアクセスする人の割合が2倍以上多い。このデータは、iPhoneがモバイルインターネットの利用を促進することを証明しているわけではないが、iPhoneの所有

PCとモバイルの検索に関する比較調査--10代でもPCほど積極的に利用しないモバイル検索

PCとモバイルの検索に関する比較調査--10代でもPCほど積極的に利用しないモバイル検索  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同でPCの検索とモバイルの検索の比較調査を行った。本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用して実施された。 モバイルの利用方法は年々多様化しており、「ケータイ白書2009」によるとパケット定額制加入率の上昇もあり、ウェブサイトの利用率は高まっているという。また2月に発表された「2008年(平

モバイルバンキングに関する調査--サービスの選定ポイントは手数料とセキュリティ

モバイルバンキングに関する調査--サービスの選定ポイントは手数料とセキュリティ  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、モバイルバンキングに関する調査を行った。 2009年5月27日、NTTドコモとみずほ銀行が提携し、携帯電話を使った送金サービスを開始するというニュースが流れた。国内では、すでにKDDIと東京三菱UFJ銀行が共同で「じぶん銀行」というモバイルネット銀行を立ち上げており、モバイルバンキング市場は今後一気に拡大していくように思われ

「クロスメディア消費」に関する調査です。

消費行動に関する調査--ネットユーザーに拡がるクロスメディア消費の正体とは?

消費行動に関する調査--ネットユーザーに拡がるクロスメディア消費の正体とは?  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、消費行動に関する調査を行った。 消費行動に関する調査は、「消費行動に関する調査--ネットの普及で衝動買いはなくなる!?」に続き2回目となるが、今回の調査では、ユーザーの消費行動を情報収集と購入時の2軸から分析をした。また、本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用しています。(サービスの詳細

健康食品と薬事法--広告業界に求められる人材

健康食品と薬事法--広告業界に求められる人材  薬事法違反による取り締まり件数が増えている昨今、広告業界には一体何が求められているのだろうか。メーカー、そして広告に関わる者であれば、少なくともそれを理解していなくてはいけないであろう。 そもそも薬事法とは、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療機器」の4つについて規定している法律なのだが、この中で健康食品に関する規定は定められていない。しかし、実際に薬事法で取り締まられている事例をみると、健康食品(サプリメント)を扱うメーカーが多いのが現状だ

クロスメディアに関する調査--30代が最も「指定検索キーワード広告」に接触

クロスメディアに関する調査--30代が最も「指定検索キーワード広告」に接触  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、クロスメディアに関する調査を実施した。 前回の調査「第2回クロスメディアに関する調査(上)」では、「○○と検索してください」という手法の接触率や検索率、広告の影響度に関する調査を行った。 今回は、前回の調査を世帯年収別と年代別にクロス集計をし、クロスメディアがどのような層に効果があるのかを探ってみた。 ≪調査結果サマリー≫世帯年収が高

ニュースを見るためのメディアとしてインターネットはTVに次ぐ位置にあります。

情報メディアの接触に関する調査--20代は新聞よりケータイでニュースを閲覧

情報メディアの接触に関する調査--20代は新聞よりケータイでニュースを閲覧  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、情報メディアの接触に関する調査を実施した。  2008年2月に電通が発表した「2007年日本の広告費」によれば、新聞や雑誌、ラジオ、テレビといったマスコミ四媒体の広告費が前年実績を下回り、インターネットの広告費のみが続伸する結果になった。[引用元]2007年の日本の広告費は7兆0,191億円、前年比1.1%増  このように広告媒体はこ

ネットを中心としたクロスメディア展開に関するアンケート調査です。

クロスメディアに関する調査--「○○と検索」で最も利用する広告、実はフリーペーパー

クロスメディアに関する調査--「○○と検索」で最も利用する広告、実はフリーペーパー  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、クロスメディアに関する調査を実施した。 「インターネット白書2008」によれば、2007年9月度時点でテレビCMの4割が「ネット誘導型CM」であることが発表されており、多様な業種にわたって広告主に支持されていることが伺える。 今回の調査では、2007年11月に調査した「第1回広告メディアに関する調査」の定期調査と製品ごとの広告

海外SNSサイトの利用や認知に関する調査--日本人は「登録制」より「招待制」が好き?

海外SNSサイトの利用や認知に関する調査--日本人は「登録制」より「招待制」が好き?  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、海外ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)サイトの利用と認知に関する調査を行った。  2006年11月には、MySpaceが日本でサービスを開始し、2008年5月にはFacebookが日本語版サービスを開始するなど、海外SNSサイトの注目度は高まりつつある。[参照:SNSマイスペースが日本上陸(ORICON STYLE

ネットの利用実態やネットと他メディアとの比較調査です。

メディア利用実態に関する調査--マスメディアに比べネットメディアの満足度は低い?

メディア利用実態に関する調査--マスメディアに比べネットメディアの満足度は低い?  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、メディアの利用実態に関する調査を実施した。  今回の調査対象者は16歳〜59歳までの男女500人。性年代別で50人ずつの均等割付けを行った。 ≪調査結果サマリー≫最も利用機会が増えているメディアは「検索エンジン」。個人年収が1000万円以上のユーザーはテレビを見ない割合が他の層に比べ高い。個人所得が上がるにつれ、ネット動画

SNSの利用と現状に関する調査--年代により異なるPC・携帯電話での利用

SNSの利用と現状に関する調査--年代により異なるPC・携帯電話での利用  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、SNSの利用と現状に関する調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫SNS利用率に変化はないが、利用を止めたユーザーは増加傾向。アクセス方法に変化あり、PCと携帯どちらも使いこなすユーザーの増加が顕著。日記を更新するために、携帯を利用する10代のユーザーは40%弱。年代によってSNSへのPCと携帯利用方法は大きく異なる。 今回の調査対象者は1

SNSの利用と現状に関する調査--男性は女性よりも、SNSに「飽き」を感じている?

SNSの利用と現状に関する調査--男性は女性よりも、SNSに「飽き」を感じている?  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、変化するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用に関する調査を行った。 前回のSNSの利用と現状に関する調査では、SNSの利用率やPC・携帯電話からのアクセス方法について調査し、10代の40%弱が携帯電話からもSNSサイトへアクセスしており、年代でSNSへのアクセス方法が異なることが分かった。 今回の調査では、SNS

ネットの普及で衝動買いは少なくなるそうです。私はそうは思いませんが。

消費行動に関する調査--ネットの普及で衝動買いはなくなるか

消費行動に関する調査--ネットの普及で衝動買いはなくなるか  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、消費行動に関する調査を実施した。 今回の調査対象者は16歳〜59歳までの男女500人。性年代別で50人ずつの均等割付けを行った。≪調査結果サマリー≫ユーザーの消費パターン、【価格派】が20%、【こだわり派】は17%、残りの60%は【使い分ける派】女性は男性に比べ、商品によって消費パターンを使い分ける傾向が強い消費者が重視するのは、1位

口コミやサンプル・トライアルの利用状況を中心とした調査です。

インターネット上での情報収集に関する調査--男女で異なる情報収集方法

インターネット上での情報収集に関する調査--男女で異なる情報収集方法  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、インターネット上での情報収集に関する調査を実施した。 今回の調査対象者は16歳〜59歳までの男女500人。性年代別で50人ずつの均等割付けを行った。 ≪調査結果サマリー≫約95%のユーザーが、商品購入の前にインターネットで情報収集を行う具体的な情報収集方法では、「検索サイト」が90%弱で最も多く、次いで「比較サイト」の60%が

モバイル検索エンジンの利用に関する調査--モバイルでは複数キーワードでの検索が多用される

モバイル検索エンジンの利用に関する調査--モバイルでは複数キーワードでの検索が多用される  2008年4月1日から、iモードのポータルサイト『iMenu』のリニューアルが行われ(Googleの検索BOXの設置)、モバイルユーザーにとって検索しやすい環境が整ってきた。[参照:ドコモ、「iメニュー」を4月にリニューアル――トップ画面にGoogle検索などを追加(+D Mobile)] そのリニューアルの影響により、ユーザーのモバイル検索エンジンに大きな変化が見られたのかを2007年9月の携帯電話の

職場では広告はクリックしづらいのかもしれません。

職場でのネット利用に関する調査--ネットユーザー、職場では広告をクリックしない

職場でのネット利用に関する調査--ネットユーザー、職場では広告をクリックしない  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、職場でのインターネット利用に関する調査を行った。≪調査結果サマリー≫職場にて、音声付でインターネットを利用できるユーザーはわずか6.4%職場でのネット利用目的は、「気分転換」と「暇つぶし」自宅と職場では、広告の認知率やクリック率に顕著が差がある 今回の調査対象は、20歳以上の男女500人。 男女比については均等割り付けを行った。

「検索エンジンのニーズと利用」に関する調査--4ページ目以降の検索ページは見られない

「検索エンジンのニーズと利用」に関する調査--4ページ目以降の検索ページは見られない  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、定点観測として、「検索サービスの利用実態」に関する調査を実施した。 今回の調査では、2006年12月の「第4回検索エンジンに関する調査」と比較して、検索時のキーワード数や閲覧ページ数などの調査や、Yahoo!とGoogleユーザーで検索方法に違いが見られるかを探った。 今回の調査対象者は16歳〜59歳までの男女

職場でのネット利用に関する調査--約80%のユーザー、「続きは自宅で」

職場でのネット利用に関する調査--約80%のユーザー、「続きは自宅で」  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、職場でのインターネット利用に関する調査を行った。 前回の「職場でのネット利用に関する調査」では、職場におけるPCや携帯電話からのネット利用状況について述べた。続編となる本調査では、「利用場所別のウェブサイト視聴ジャンル」や「職場・学校と自宅間におけるクロスメディア」の利用状況を明らかにしていく。≪調査結果サマリー≫80%前後のユーザーが職

ちなみに、アイティメディアのサイトは職場からの利用率が高いです。

職場でのネット利用に関する調査--自宅よりも多い? 職場での長時間ネット利用者

職場でのネット利用に関する調査--自宅よりも多い? 職場での長時間ネット利用者  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、職場でのインターネット利用に関する調査を行った。  ≪調査結果サマリー≫会社員における職場でのネット利用率は60%を超える会社員の職種別ネット利用率は「経営者・役員」で最も高い90%近くのユーザーが最もインターネットを利用する場所は「自宅」と回答1日に6時間以上インターネットを利用するユーザーの割合は、自宅よりも職場の方が高い携帯

「検索エンジンのニーズと利用」に関する調査--半数のユーザーは検索の数日後に購入決める

「検索エンジンのニーズと利用」に関する調査--半数のユーザーは検索の数日後に購入決める  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、定点観測として、「検索サービスの利用実態」に関する調査を実施した。 前回の「検索エンジンのニーズと利用」に関する調査では、Yahoo!のユーザーとGoogleのユーザーに明らかな違いがあることが分かった。 今回の調査では、スポンサーサイト閲覧の有無やスポンサーサイト(Googleにおいてはスポンサーリンク)と

オンラインスーパーに関する調査--「送料を払ってまで利用する」という主婦はわずか

オンラインスーパーに関する調査--「送料を払ってまで利用する」という主婦はわずか  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、オンラインスーパー(ネットスーパーとも)に関する調査を行った。 食品業界は、賞味期限の偽装問題や餃子問題、そして最近では牛乳類は3-10%度、食用油としょうゆに関しては10%程度の値上げが予定されるなど、明るい話題があまりない。 そんな中、食材販売と食品情報を紹介するサイト「Oisix(おいしっくす)」では、餃子事件の後から資料

主婦の消費行動に関する調査--60%以上の主婦が日用品の買い物にもネットを活用

主婦の消費行動に関する調査--60%以上の主婦が日用品の買い物にもネットを活用  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、主婦の消費行動に関する調査を行った。 昨今は物価上昇にともなう消費力の低下がささやかれている。4月1日からは、一時的ではあるが暫定税率が廃止され、ガソリンの店頭価格は大幅に下落した。 しかし、その一方で牛乳類は3-10%程度、食用油としょうゆに関しては10%程度の値上げが予定されており、家庭の台所を直撃すると考えられる。 今回の自

[Weekly Work-Life Insight]「メタボ」の認知度、9割以上に--通信・IT従事者の不規則な食生活も明らかに

「メタボ」の認知度、9割以上に--通信・IT従事者の不規則な食生活も明らかに  今回のテーマは「メタボに関する意識調査」。 4月より40歳から74歳までの中高年層を対象に「特定健康診査」が義務化される。今やメディアでも数々取り上げられる「メタボリックシンドローム」(メタボ)という言葉。働き盛りで自身の健康を後回しにしがちなビジネスパーソンたちの「メタボ」に対する意識、また日々の就業時における食生活を追い、メタボとの相関性を探った。 今回の調査は3月14日〜3月16日で行い、全国の20代〜50代

インターネット電話に関する調査--通話料無料は今後のスタンダードに

インターネット電話に関する調査--通話料無料は今後のスタンダードに  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、インターネット電話に関する調査を実施した。  前回の「インターネット電話に関する調査」ではインターネット電話の認知度や利用状況、実際にどんな人が通話しているのかを調べた。  今回の調査では、インターネット電話の利用による通話時間・通話料金の変化やインターネット電話無料サービスと通話無料サービスを比較した場合のニーズについて調査し

メッセンジャーに関する調査--認知度は7割超えるが、「携帯電話メールが便利」の声も大きい

メッセンジャーに関する調査--認知度は7割超えるが、「携帯電話メールが便利」の声も大きい  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、インスタントメッセンジャー(IM)に関する調査を実施した。 1999年のiモード登場以降、日本市場では若い世代や女性の間で携帯電話メールがテキストのチャットのように使われてきた。 そのため、日本市場では携帯電話メールとIMの違いを打ち出し、日々の生活の中でのコミュニケーションツールとして根付いていくのはこれ

シニア層の約3割がコミュニティサイトを利用--SNSよりブログやQ&Aコミュニティが人気

シニア層の約3割がコミュニティサイトを利用--SNSよりブログやQ&Aコミュニティが人気  今回のテーマは「シニア層におけるコミュニティーサイト利用に関する調査」。 若年層では、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やブログをはじめとしたさまざまなCGMサイトの利用が定着してきたが、シニア層の利用実態はどうか。今後、コミュニティーサイトがシニア層に広く利用されるためにはどうすればよいか。コミュニティーサイトの利用状況や今後の利用意向、阻害要因などから、シニア層がコミュニティーサイトに求め

OpenIDに関する調査--OpenIDの利用率はわずか1.2%

2008年1月30日、Yahoo!JAPANは以下のようなリリースを発表しました。〜引用開始〜 ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は1月30日より、Yahoo! JAPAN IDの利用範囲を広げて利用者にさらに利便性の高いサービスを提供するため、外部サイトでもYahoo! JAPAN IDを利用可能にするOpenIDの発行サービスをベータ版として開始します。〜引用終了〜 OpenID自体は数年前から日本でもサービスが開始されていたが、Yahoo!JAPANの参入、そしてシックス・アパート、

インターネット電話に関する調査--男性は国内利用、女性は海外利用の傾向あり

インターネット電話に関する調査--男性は国内利用、女性は海外利用の傾向あり  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、インターネット電話に関する調査を実施した。 総務省は、2007年12月末時点での050番号、0AB〜J番号を合計したIP電話の契約者数について、1676万6000件 で前年同期比21.9%増と増加傾向が続いていると発表した。 IP電話のうち電話網としてインターネットを用いて利用されているインターネット電話の「Skype」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ