「CO2」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月26日経済協力開発機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

OECDのレポートです。

エネルギー利用への課税2015(Taxing Energy Use 2015)

エネルギー税はエネルギー利用が環境に与える影響からずれている2015年6月25日各国政府は、エネルギー利用の環境コストを削減するためのツールとして課税を利用するということがまだ十分にできていません。また、気候変動や大気汚染の原因となっている温室効果ガス排出の主要因に対する攻撃も弱めています。「エネルギー利用への課税2015(Taxing Energy Use 2015)」は、世界の41カ国におけるエネルギー利用(これが世界のエネルギーの80%を占める)に対する課税を比較しています。OECDによる

2015年4月1日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果

ホーム報道・広報報道発表資料先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果について (お知らせ) 先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果について (お知らせ)環境省では、業務部門・産業部門における温室効果ガス排出量の大幅削減のため、事業場・工場を対象に、エネルギー起源二酸化炭素排出抑制のための先進的で高

Co2削減、エネルギーについてのレポートです。

2050年、05年比でCO2、6割削減は可能

2050年、05年比でCO2、6割削減は可能

2030年まで、国内外で2005年比の25~30%のCO2削減を

2030年まで、国内外で2005年比の25~30%のCO2削減を

2014年5月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

共済総研レポート No.132(2014.4.1)

共済総研レポート農業・農協・共済、経済・金融、高齢福祉等に関する調査結果や話題をタイムリーに取り上げる情報提供誌です。(年6回発行) 第6次エネルギー基本計画の素案が発表されました。再エネの比率を高めることで計画通り脱炭素化が進められるかどうか、国際エネルギー機関(IEA)ロードマップとの比較などによって考察します。 株式会社H&Sエナジー・コンサルタンツ パートナー石丸 美奈(古金 義洋) 植物が吸収するCO2はグリーンカーボン、海藻などにより海洋に取り込まれるCO2はブルーカーボンと呼

2014年4月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

運輸分野におけるCO2排出量削減施策とその総合的評価手法に関する調査研究

運輸分野におけるCO2排出量削減施策とその総合的評価手法に関する調査研究◆要旨 地球温暖化対策は人類の生存基盤に関わる最重要課題の一つであり、気候変動枠組条約における「気候系に対し危険が人為的干渉を及ぼさない水準で温室効果ガス濃度を安定させる」という究極的な目的の達成を目指して取り組む必要がある。我が国の運輸分野について見ると、2011年度の日本のCO2排出量のうち運輸分野からの排出量は約20%を占め、そのうち自動車全体では運輸分野の87.8%(日本全体の16.3%)、貨物自動車に限ると運輸分野

2013年8月23日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート2013.8.22

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs排出量取引マーケットレポート2013.8.22 ここから本文です排出量取引マーケットレポート2013.8.22世界銀行グループが石炭火力発電の支援停止を発表サマリー◆マーケットサマリー(2013/7/19~2013/8/21)EUA価格は€ 4台前半の横ばい、出来高も低調な展開が続く◆関連トピック世界銀行グループが石炭火力発電の支援停止を発表世界銀行グループは、発展途上国などに対する新規の石炭火力発電の支援を停止すると発表した。6月に同様

2009年5月19日日経BPフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

45社が最新のCO2削減目標を公開-国内排出量取引制度(試行排出量取引スキーム)

特集米マクドナルドは、欧州でプラスチック製ストローに替えて紙ストローの導入を始めた。その意図と次世代容器の開発についてサステナビリティの幹部が語った。 ESG投資は資本市場にどのような影響を及ぼし、今後はどうなっていくのか。世界のマネーの動向に詳しい日興アセットマネジメントの柴田社長に聞く。 ニュース欧州委員会がパリ協定に基づく長期戦略を示した。2050年までの温室効果ガスの大幅削減と経済成長に意欲を見せる。 エーザイは、非財務資本の価値を定量化して訴求するIR活動を実践している。ROE(自

2008年7月22日マイボイスコムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ地球温暖化に対して危機感を感じている人は88.4% 期待する地球温暖化防止策のトップは「太陽光発電などの自然エネルギーの一般家庭普及」で70.7% 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】 2008年6月1日〜6月5日【調査機関】 マイボイスコム株式会社【回答者数】 13,867名 地球温暖化に対する危機感〔あなたは地球温暖化にどのくらい危機感を感じてい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ