「CO2排出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月19日資源エネルギー庁フィードバック数:0社会/政治

2016年度、どんなエネルギーがどう使われた?~エネルギーミックスの動きを追え~

2017-12-14 2016年度、どんなエネルギーがどう使われた?~エネルギーミックスの動きを追え~ 資源エネルギー庁では、毎年、さまざまなエネルギー関係の統計資料などをもとにして、エネルギー需給に関する統計情報を「総合エネルギー統計」としてまとめ、日本のエネルギーミックス(「今さら聞けない『パリ協定』~何が決まったのか?私たちは何をすべきか?~」参照)の動きを確認したり、毎年4月に国連へ報告する「温室効果ガス国内排出量」を計算したりといったことに活用しています。統計の速報値は翌年の11月に

2015年6月4日国際環境経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年度電源構成のなかの再生可能エネルギー(再エネ)比率の意味を考える(その3)

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考える2030年度電源構成のなかの再生可能エネルギー(再エネ)比率の意味を考える(その3)COP 21に向けて日本に求められるのは、世界の化石燃料消費の具体的な削減提案でなければならない印刷用ページ COP21に向けて温室効果ガス(CO2)の排出削減目標が発表されたが 今年(2015年)末に予定されている第21回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP21)に向けて、日本のCO2の排出削減目標の提示が迫られている。このCOP21への温室効果ガス(CO2

エネルギー需給についてのレポートです。

日本のエネルギーミックスと約束草案の評価

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

2015年4月14日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

CO2削減のための政策手段

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGsCO2削減のための政策手段 ここから本文ですCO2削減のための政策手段大幅な削減ポテンシャルを持つCCSの導入を促す政策サマリー◆地球温暖化を防止するためには、CO2排出量の削減ポテンシャルが大きい安価な削減技術の選択と削減技術を促進するための地球温暖化防止政策に戦略的に取り組んでいくことが重要と考えられる。本稿では、二酸化炭素回収貯留技術(CCS)について、実用化に向けた動向を概観した上で、CCSの導入を促す政策について考える。◆EOR

2015年2月26日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

運輸系の低炭素化についてのレポートです。

モビリティ低炭素化の展開(後編)

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGsモビリティ低炭素化の展開(後編) ここから本文ですモビリティ低炭素化の展開(後編)消費者の変化に対応するライフサイクルの視点サマリー◆運輸部門(旅客部門と貨物部門)のエネルギー消費量は、減少傾向にある。ただし、貨物部門のCO2排出量のほとんどが自動車(トラック)からのものであることから、政府等ではトラックのCO2排出量削減にかかわる取り組みを中心に運輸部門の低炭素化が進められている。◆CO2排出量を押し上げる要因の一つに、出荷1件当たりの

電気料金値上げの影響です。

燃料費調整制度・FIT賦課金を含む電気料金値上げによる都道府県別の製造業への影響分析

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

今後の見通しです。

世界および日本のCO2排出量見通し 2014

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

CO2の排出量は計画できない

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考えるCO2の排出量は計画できない「数値目標」ではなく「参考数値」とすべし印刷用ページ 日本のCO2数値目標をどうすべきか。今回は、過去の数値目標を振り返ろう。結論:政府に数値目標を達成する能力は無い。数値目標は強制するのではなく、飽くまで「参考数値」に留めるべきだ。 日本は京都議定書の数値目標を「達成した」。しかしながら、エネルギー起源のCO2が減ったのか、というとそうではない。1990年と比べて、2012年には14%も増えてしまった。CDMや森

コスト観点での分析です。

電源別発電コストの最新推計と電源代替の費用便益分析

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

世界主要国のエネルギー効率ランキング報告の検証-ACEEE報告の解釈について-

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

火力発電所の発電効率国際比較:2011年時点まで

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

2010年時点のエネルギー原単位の推計(鉄鋼部門-転炉鋼)

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

第25回:企業の環境ニュースに対するイメージ調査(2008)

ブランドなんでもランキング第25回:企業の環境ニュースに対するイメージ調査環境への配慮は多くの企業にとってますます避けることができないものとなっており、各社とも様々な努力をしています。さて、環境に対する企業の取り組み情報は消費者からどのように受け止められているのでしょうか(環境に対する取り組み情報は【表1】をご覧下さい)。■ファミマ、おむすび、寿司、弁当全製品を無洗米に【出所:ファミリーマートニュースリリース(08年11月4日)】株式会社ファミリーマートは、米飯製造(炊飯)に関わる環境負荷に着目

経団連のまとめです。

環境自主行動計画〔温暖化対策編〕 2013年度フォローアップ結果

トップPolicy(提言・報告書)環境、エネルギー環境自主行動計画〔温暖化対策編〕 2013年度フォローアップ結果 環境自主行動計画〔温暖化対策編〕 2013年度フォローアップ結果 2013年11月19日一般社団法人 日本経済団体連合会概要版(本文) 環境自主行動計画〔温暖化対策編〕2013年度フォローアップ結果 概要版<2012年度実績>1.京都議定書約束期間(2008年度~2012年度)における目標達成方針 2.産業・エネルギー転換部門の2012年度のCO2排出量 3.業種別の動向 4.自

2013年6月7日大和総研フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

日本の大気中の二酸化炭素濃度が400ppmvを突破

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs日本の大気中の二酸化炭素濃度が400ppmvを突破 ここから本文です日本の大気中の二酸化炭素濃度が400ppmvを突破サマリー気象庁は、大気汚染の直接的な影響を受ける可能性がきわめて低い南鳥島(東京都小笠原村)で、大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の4月の平均値が観測開始以降、初めて400ppmvを超えたことを発表した。これで、国内に3か所ある気象庁の観測地点すべてで400ppmvを超えたことになる。CO2濃度は地球温暖化の進行度を示す代表

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ