「CPI」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年5月26日Liftoff Mobile★★フィードバック数:0マーケティング

Liftoffがカジュアルゲームアプリレポートを発表

iOSのIDFA利用制限により、カジュアルゲームアプリのインストールコストが120%上昇、Androidに広告費が集まるーLiftoffがカジュアルゲームアプリレポートを発表 モバイルアプリマーケティングとリターゲティングプラットフォームを提供するLiftoff Mobile 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:Mark Ellis、シニアカントリーマネージャー:天野 耕太)は、カジュアルゲームの傾向をまとめたレポート「カジュアルゲームアプリレポート」を発表しました。本レポートでは、世界

2015年4月17日総務省フィードバック数:0ライフスタイル

CPIと東大指数の乖離の分析について

ここから本文です。統計研究彙報 第72号 No.4概要タイトル CPIと東大指数の乖離の分析について著者 丸山 歩、嶋北 俊一、落合 牧子、上田 聖刊行年月 2015年3月要旨 近年、情報などのいわゆるスキャナデータを用いて価格指数を作成する試みが行われている。カバレッジ(ウエイトベース)は、総務省が作成する消費者物価指数(CPI)の17%であるが、東京大学でも東大日次物価指数プロジェクト(東大指数)として、食料品・日用品を中心とした価格指数の作成が日次で行われている。 本稿では、東大指数(21

2014年9月23日Asian Development Bank★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

「クリエイティブな生産性」の国別評価、ランキングです。日本がトップです。

Creative Productivity Index: Analysing Creativity and Innovation in Asia

Creative Productivity Index: Analysing Creativity and Innovation in AsiaThis report presents the results and analysis of the Creative Productivity Index (CPI) for a select number of Asian economies. This report presents the results and analysis of th

2014年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI-

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI-CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI- 日本大学経済学部教授 小巻 泰之総合政策研究部 研究理事 チーフエコノミスト・経済研究部 兼任 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レ

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(3/19~4/18発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(3/19~4/18発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(3/19~4/18発表統計分)サマリー◆2月の企業関連の指標は、改善基調が続く中で、大雪の影響もあり一時的に弱含んだ。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比▲2.3%と6ヶ月ぶりの低下となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は同+2.9%と3ヶ月ぶりの上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、同▲8.8%と2ヶ月ぶりに減少した。企業関連の指標の先行きは、

2013年11月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州も「日本化?」、CPI下振れでデフレに向かう?

欧州も「日本化?」、CPI下振れでデフレに向かう?

2013年7月18日大和総研フィードバック数:1キャリアとスキル

春闘と賃上げ:高い「次元」の視点が必要?

トップレポート・コラムコラム春闘と賃上げ:高い「次元」の視点が必要? ここから本文です春闘と賃上げ:高い「次元」の視点が必要?2013年の春闘も、例年であればやがて厚生労働省による最終的な集計結果が公表される頃となった。かつて春闘では、金属労協の鉄鋼、造船、電機、自動車の賃上げ交渉が先行し、次いで主要民間産業大手企業が続き、それらが国営企業等(当時)の賃金決定、さらには中小企業、未組織労働者の賃上げにも反映されると言われていた。下図を見ると、1997年頃までは(厚生)労働省調べの春闘賃上げ率はお

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について -家計消費デフレーターとCPI-

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について -家計消費デフレーターとCPI- | ニッセイ基礎研究所 CPIとGDPデフレーターにおける乖離について -家計消費デフレーターとCPI- 日本大学経済学部教授 小巻 泰之総合政策研究部 常務理事 チーフエコノミスト・経済研究部 兼任 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■要旨金融政策で消費者物価指数(以

2013年5月16日大和総研フィードバック数:4社会/政治

名目GDPの低下と「デフレ感」

トップレポート・コラムコラム名目GDPの低下と「デフレ感」 ここから本文です名目GDPの低下と「デフレ感」先般、1998年を節目とした日本経済の変貌について論じたところである。そこでは紹介しなかったが、実は、下図のように、名目GDPも1997年度までは基本的に増加を続けていた。しかし、デフレーターやCPI(消費者物価指数)の継続的低下が始まった1998年度に名目GDPも減少し、その後、はかばかしくない状態が続いてきている。一方、実質GDPはデフレーターの低下もあって、リーマン・ショック後を除き、

2013年3月7日大和総研フィードバック数:4社会/政治

『CPI(耐久財除く総合)』の試み

トップレポート・コラムコラム『CPI(耐久財除く総合)』の試み ここから本文です『CPI(耐久財除く総合)』の試み1990年度以降のCPI(消費者物価指数)の動きを十大品目別に見ると(下図)、過去において価格水準がかなり高く、逆に言えば最近までの著しい価格低下が目立つのは「家具・家事用品」と「教養娯楽」である。(なお、「教育」の2010年度における急激な変化は、高校授業料無償化等による特殊要因とみられる。)「教養娯楽」を更に細かく見ると、2010暦年を100として、過去に1000を超えているケー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ