調査のチカラ TOP > タグ一覧 > CtoCサービス

「CtoCサービス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年10月22日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

CtoCサービス利用経験者のうち、「メルカリ」利用率が半数超え

CtoCサービス利用経験者のうち、「メルカリ」利用率が半数超え Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年8月度)CtoCサービス利用経験者のうち、「メルカリ」利用率が半数超え昨年比で、最も利用率が伸びたECアプリは「UNIQLO」調査結果サマリーCtoCサービス利用経験者に、現在利用中のサービスを聞いたところ、「メルカリ」を挙げた人が最も多く(51.8%)、次いで「ヤフオク!」(43.7%)、「ラクマ」(29.2%)でした※1。2019年8月度調査と比べ、「メルカリ」の利用率は11.2

2019年4月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え

「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年2月度)「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え4割強が、「ECの試着サービスに、興味あり」調査結果サマリー「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え 個人間商取引(CtoCサービス)を利用した経験がある人のうち、現在利用中のサービスとして「メルカリ」を挙げた人は47.1%で、「ヤフオク!」の46.2%を上回りました。「メルカリ」の利用率を年代別に見てみると、10代(70.0%)、20代(62.3%)

2019年1月31日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」

Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2018年総集編2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」スマートフォンからのEC利用は、約6割が「アプリ」調査結果サマリー2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」で昨年の1.6倍に 主要なECアプリのなかで、特に利用している人の割合が増えたのは「ZOZOTOWN」で、14.4%(2017年4月度調査)から22.6%(2018年12月度調査)と、約1.6倍に増加しました。10代に限って見ても、「ZOZOTOWN」の利用

2018年3月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2017年総集編40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト利用者の4割超が「InstagramやTwitter上に購入ボタンがあったら使いたい」調査結果サマリー「Instagram」「Twitter」利用者の4割超が、SNS上に「商品購入ボタン」があったら使いたい 2017年9月度調査において、SNSを週1回以上利用する人に、それぞれのSNS上に商品購入ボタンが設置され

2017年2月18日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】

カーシェアリングで自動車を提供した人の7割が利用者の評価を重視 シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】カーシェアリングで自動車を提供した人の7割が利用者の評価を重視~6割以上が民泊サービスを「安全だとはいえない」と評価~調査結果サマリーカーシェアリングで自動車を提供した人の7割が利用者の評価を重視個人間カーシェアリングサービスを利用したことがある人は3.4%でした。利用経験者のうち「オーナーとして自動車の提供をしたことがある」という人は55.3%でした。自動車提供時に重視すること

2017年2月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年1月度)

10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年1月度)10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」~"リア充系CtoCサービス"は、若年層ほど強い利用意向~調査結果サマリー10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」スマートフォンユーザーのうち、ネット記事などをSNSでシェアする「ソー

2016年6月19日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

CtoCサービス実態調査

フリマアプリとネットオークションを徹底比較!「CtoCサービス実態調査」 10代のファッションアイテム購入、フリマが64.8%、オークションが46.5%フリマアプリとネットオークションを徹底比較!「CtoCサービス実態調査」フリマは「すぐに手に入れたいモノ」、オークションは「レアモノ」を購入調査結果サマリーフリマでは「すぐに手に入れたいモノ」、オークションは「レアモノ」を購入 「すぐに使用したい、手に入れたい商品」を購入する場合に、「フリマアプリ」を使う人は66.7%、「インターネットオークショ

2016年4月4日ブラケットフィードバック数:0ライフスタイル

「一度も使っていないファッションアイテム」 がクローゼットにある人は4割!

[] 昨今、フリマアプリなどのCtoCサービスが興隆を見せています。その背景には何があるのでしょうか? 今回、ファッションフリマアプリ「ZOZOフリマ」を運営する株式会社ブラケット(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:光本 勇介)は、「ZOZOフリマ」の出品アイテムの中にもよく見られる「一度も着用していない」アイテムから、そのヒントを探ってみました!【アンケート調査概要】◇対象:720名(男性 360名、女性 360名(20代:240名、30代:240名、40代:240名)) ◇インターネッ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ