「DevOps」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年12月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年国内IT市場の主要10項目を発表

Japan, 2018年12月11日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2019年の国内IT市場において鍵となる技術や市場トレンドなど主要10項目を発表しました。IDCでは、前回のPredictions(2017年12月発表)において、クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術からなる第3のプラットフォームが「第2章」に入っているという見方を示し

2018年4月16日CA Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

AgileとDevOpsの全社展開が企業のビジネス成長のカギになることが明らかに

CA Technologiesの調査で、AgileとDevOpsの全社展開が企業のビジネス成長のカギになることが明らかに ~日本ではAgile活用によるビジネス成長の意識が世界に比べ遅れているという結果に~ CA Technologiesは本日、日本を含む世界15カ国1,279人のIT上級管理者・経営者を対象に実施された「経営幹部への意識調査」(企業のリーダーシップや、最先端のソフトウェア・ツールや手法の導入が収益にどう関係するかを明らかにした調査)の結果を発表しました。 CA Technol

2017年12月12日ATLASSIANフィードバック数:0企業情報システム

Serverlessconf 2017 意識調査アンケート

11月3日(金) に開催された Serverlessconf 2017 に協賛し、ブース出展をしてきました。今回も、RubyKaigi と同様にサーバーレス技術の市場におけるアトラシアンの利用率および今後のサービス向上のためのデータを集めることを目的としています。特に、アトラシアンにはいわゆるプッシュ型の営業チームがおらず、口コミをベースにビジネスを行なっています。したがって、今回の様な機会を通じてユーザーと直接会いフィードバックを受けることで、現状の確認を行っています。今回は、ブースにて92人

2017年11月14日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内PaaS市場予測

2016年 国内PaaS市場規模は、820億円、前年比成長率は30.5% ハイブリッドクラウドやデジタルトランスフォーメーション(DX)へのニーズを取り込むことで市場は高い成長率を継続 2016年~2021年の年間平均成長率は26.0%、2021年の市場規模は 2,602億円と予測 ITサプライヤーはDX推進に適するPaaSを活用したDevOps型の開発を進めるために組織的な取組みを行うことが望ましい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2016年12月19日テナブルフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Global Cybersecurity Confidence Falls to 70 Percent with a “C-” Overall Grade for 2017

Your modern attack surface is exploding. Learn how you can see and understand the full cyber risk across your enterprise LoginGlobalDecember 5, 2016Second annual international survey of information security professionals finds global confidence i

2016年2月22日InfoQフィードバック数:0マーケティング

2015年のInfoQ読者アンケート

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ TopicsデベロップメントAPI GatewayサービスをClojureからGo言語に書き直す - AppsFlyerによる実例報告 AppsFlyerはマイクロサービスアーキテクチャ方式で構築されており,1日700億近いHTTPリクエストを処理しています。すべてのフロントエンドサービスをラップしてシステムへのエントリポイントとなるのは,API Gatewayと呼ばれるミッションクリティカルな(非マイクロ)サービスです。この記事では,Cl

2015年2月5日VSNフィードバック数:0企業情報システム

IT技術に関する動向調査

技術者派遣サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、IT技術者を対象に、「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する動向調査」を実施。約200名から回答を得ました。 今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?調査概要調査方法インターネット調査、他 調査地域全国 調査対象当社クライアント 有効回答数合計200サンプル 調査結果今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?OS・サーバ・ストレージ・データベース「仮想化」「クラウド」に関す

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ