「ECB」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第185回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第185回日本経済予測(改訂版)「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?~日米欧3極の非伝統的金融政策の効果を検証する~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 サマリー:2015年1-3月期GDP二次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+2.0%(前回:同+1.7%)、2016年度が同+1.9%

2015年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要

6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要 | ニッセイ基礎研究所 6月3日ECB政策理事会:ギリシャのユーロ圏残留には「強固な合意」が必要 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が3日、政策理事会を開催、現状維持を決めた。ドラギ総裁は、金融政策の完全実施の方針を確認する一方、長期

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

未知の世界に挑むECB

トップレポート・コラム経済分析欧州未知の世界に挑むECB ここから本文です未知の世界に挑むECB~ついに国債買取を開始~『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載サマリー1999年に設立されたECB(欧州中央銀行)は現在、欧州19カ国の金融政策を一機関で担当しているユニークな中央銀行である。2007年以降、ECBは金融危機、ユーロ圏債務危機、そしてデフレ懸念と次々に新しい問題に直面し、事態打開のために様々な「非伝統的な金融政策」を繰り出してきた。2015年1月にはついに国債を主な

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測

トップレポート・コラム経済分析経済予測第185回日本経済予測 ここから本文です第185回日本経済予測「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?~日米欧3極の非伝統的金融政策の効果を検証する~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 サマリー:2015年1-3月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+1.7%(前回:同+1.9%)、2016年度が同+1.8%(同:同+1.8%)

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は? ここから本文です日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 サマリー◆7年10ヶ月振りの円安が日本経済に与える影響は?:為替市場で円安が加速している。5月26日の外国為替市場において、円相場は対ドルで7年10ヶ月ぶりの安値をつけた。

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追い風ときどき向かい風

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 追い風ときどき向かい風 ここから本文です欧州経済見通し 追い風ときどき向かい風ECBは資産買取プログラムを粛々と継続サマリー◆ユーロ圏の2015年1-3月期のGDP成長率(速報値)は、前期比+0.4%に加速した。ドイツ、フランス、イタリア、スペインの主要4ヵ国がほぼ5年ぶりにそろってプラス成長となったが、原油価格下落という追い風を得た個人消費が牽引役となり、ユーロ圏における景気回復が広がりを持ってきたと判断される。ただ、原油安、ユーロ安、金利低下

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復 ここから本文です欧州経済見通し 消費が牽引する景気回復順調なスタートを切ったECBの国債買取プログラムサマリー◆ECBが3月9日に開始したPSPP(国債等公的部門の債券買取を通じた量的緩和策)は順調なスタートを切り、ABSなど民間部門の債券買取と合わせて月額600億ユーロの資産買取が進行中である。PSPPを含む過去1年余りのECBの追加金融緩和措置により、ユーロ圏各国で国債利回り低下や銀行の貸出金利低下が進んでいるが、20

4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴

4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴 | ニッセイ基礎研究所 4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が15日、政策理事会を開催した。今回は、ドラギ総裁が、会見で量的緩和の規模縮小(テーパリング)や期

ECBの量的緩和策とユーロ圏経済~様々な制約条件の下で効果は未知数~

ECBの量的緩和策とユーロ圏経済~様々な制約条件の下で効果は未知数~

2015年3月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

1兆ユーロ超のB/S拡大に突き進むECB ~アクセルの踏み過ぎに注意?~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年3月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

出玉不足が不安視されるECBの量的緩和 ~需給逼迫による金利低下やユーロ安効果に期待~

出玉不足が不安視されるECBの量的緩和 ~需給逼迫による金利低下やユーロ安効果に期待~

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し ECBの金融緩和の有効性

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し ECBの金融緩和の有効性 ここから本文です欧州経済見通し ECBの金融緩和の有効性マインドは改善してきたが、実体経済の回復は道半ばサマリー◆ユーロ圏の2014年10-12月期のGDP成長率は前期比+0.3%に加速した。内需(個人消費と固定資本形成)と外需が揃って改善しており、唯一、在庫変動が成長率の押し下げ要因となった。原油安、金利低下、ユーロ安が、景気回復の追い風になったと考えられる。消費者と企業の景況感は2015年に入っても改善傾向にあり、ユ

2015年3月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

いよいよ始まるECB版QE ~買い入れ目標の達成が不安視~

いよいよ始まるECB版QE ~買い入れ目標の達成が不安視~

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱

総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月25日のギリシャの総選挙は、政府債務の削減、緊縮財政路線の修正を掲げた「急進左派連合(SYRIZA)」の

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2015年3月ECB政策理事会:量的緩和は9日に開始

3月ECB政策理事会:量的緩和は9日に開始 | ニッセイ基礎研究所 3月ECB政策理事会:量的緩和は9日に開始 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が5日、政策理事会を開催、1月に決めた月600億ユーロの量的緩和の中核となる国債等の買い入れプログラム(PSPP)の詳細を決めた。PSPPは9日に開始、現在マイナ

ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~

ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~ | ニッセイ基礎研究所 ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら EUの欧州委員会は、2月5日に公表した「2015年冬季経済予測」で、15年の実質GDPを前回(11月時点)予測からユーロ

1月ECB政策理事会: 資産買入れプログラムを拡大、国債含め月600億ユーロに

1月ECB政策理事会: 資産買入れプログラムを拡大、国債含め月600億ユーロに | ニッセイ基礎研究所 1月ECB政策理事会: 資産買入れプログラムを拡大、国債含め月600億ユーロに 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が22日に政策理事会を開催、資産買い入れプログラムの拡大とターゲット型資金供給(TLTRO

2015年1月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年1月19日~) ~ECB、量的緩和の規模や内容が肝心~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~ | ニッセイ基礎研究所 ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月25日のギリシャの議会選挙が迫ってきた。最大野党SYRIZA勝利の観測は、年明け後の世界的株価下落の一因となったが、その後の影響は12年に比べて限定的だ。足もとのユ

2015年1月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ECB版国債QEの制度設計 ~市場の期待に届く内容となるか?~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国債QEがやってくる ~来年早々までお預け~

EU Trends国債QEがやってくる発表日:2014年12月5日(金)~来年早々までお預け~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ECBは4日の理事会で追加緩和の決定を見送ったが、来年の早い段階で追加緩和が必要かどうかを判断することを示唆。足許で原油安が一段と加速しており、目先の物価上昇率は一段と鈍化し、マイナス圏に転落する可能性も否定できない状況。ドラギ総裁は低インフレの長期化が期待インフレ率に組み込まれるリスクへの警戒を強めており、来年1-3月

2014年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し ECBは国債の量的緩和に踏み込まず

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州金融見通し ECBは国債の量的緩和に踏み込まず ここから本文です欧州金融見通し ECBは国債の量的緩和に踏み込まず第1の矢(量的緩和)より第2の矢(財政出動)が課題かロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆12月4日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、

12月ECB政策理事会: 15年初に政策効果を再評価、規模、ペース、構成比を見直しへ

12月ECB政策理事会: 15年初に政策効果を再評価、規模、ペース、構成比を見直しへ | ニッセイ基礎研究所 12月ECB政策理事会: 15年初に政策効果を再評価、規模、ペース、構成比を見直しへ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4日、欧州中央銀行(ECB)が12月の政策理事会を開催した。ターゲット型資金供給(TLTRO)の第2

2014年11月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し 追加緩和直前のリスク要因

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州金融見通し 追加緩和直前のリスク要因 ここから本文です欧州金融見通し 追加緩和直前のリスク要因AQR実施後もフランス、イタリアには追加的不良債権の不確実性がロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆11月6日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、マイナス0

11月ECB政策理事会:1兆ユーロ規模を公式目標化-全会一致を強調

11月ECB政策理事会:1兆ユーロ規模を公式目標化-全会一致を強調 | ニッセイ基礎研究所 11月ECB政策理事会:1兆ユーロ規模を公式目標化-全会一致を強調 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6日、欧州中央銀行(ECB)が11月の政策理事会を開催した。新たな政策決定はなかったが、声明文に、12年初のバランス・シートの水準を目指

欧州中央銀行の「包括査定」でユーロ圏は変わるか?-ECBだけでは問題は解決できない

欧州中央銀行の「包括査定」でユーロ圏は変わるか?-ECBだけでは問題は解決できない | ニッセイ基礎研究所 欧州中央銀行の「包括査定」でユーロ圏は変わるか?-ECBだけでは問題は解決できない 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(以下、ECB)が、銀行監督一元化に先駆けて1年がかりで進めてきたユーロ参加国の主要銀行の包

2014年10月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ECBの追加緩和の可能性は? ~11月にもTLTROの利用促進策と社債購入の概要発表を予想~

ECBの追加緩和の可能性は? ~11月にもTLTROの利用促進策と社債購入の概要発表を予想~

2014年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ディストレスファンド化するECB

トップレポート・コラム経済分析欧州ディストレスファンド化するECB ここから本文ですディストレスファンド化するECBギリシャ、キプロスの資産担保証券(ABS)も条件付きで対象にロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆10月2日、欧州中央銀行 (ECB) は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、マイナス0.2%と据え置

10月ECB政策理事会:強力な金融緩和の約束への期待は裏切られたが・・・

10月ECB政策理事会:強力な金融緩和の約束への期待は裏切られたが・・・ | ニッセイ基礎研究所 10月ECB政策理事会:強力な金融緩和の約束への期待は裏切られたが・・・ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2日、欧州中央銀行(ECB)が10月の政策理事会を開催、前回9月の理事会後の記者会見で予告した民間資産の買入れプログラムの詳

2014年10月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ECBの資産購入プログラム~最低2年実施。ただし数値目標は示さず~

ECBの資産購入プログラム~最低2年実施。ただし数値目標は示さず~

2014年10月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年10月号:[ドル円]日米金利差拡大と円売りに傾く需給環境が支える円安ドル高。[ユーロ]金融緩和の「量」の重要性に気付いたECBとユーロ相場

為替相場展望2014年10月号:[ドル円]日米金利差拡大と円売りに傾く需給環境が支える円安ドル高。[ユーロ]金融緩和の「量」の重要性に気付いたECBとユーロ相場

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

期待外れのTLTRO第1弾 ~これで本格量的緩和に近づいた?~

EU Trends期待外れのTLTRO第1弾発表日:2014年9月19日(金)~これで本格量的緩和に近づいた?~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ TLTRO第1弾の利用額は826億ユーロと、予想レンジの下限(1,000億ユーロ)を下回った。第2弾と合わせて4,000億ユーロの利用上限に近づくのは難しい。TLTRO全体の資金供給額は4,500億ユーロ前後がせいぜいか。また、現在の市場規模や格付け要件を考えれえは、ABSとカバードボンドの現実的な買い

欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~

欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4~6月期のユーロ圏の実質GDPは3大国の失速が響き、前期比ゼロ

2014年9月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

これぞドラギノミクス ~いま出来ることは全てやり尽くした~

EU Trendsこれぞドラギノミクス発表日:2014年9月5日(金)~いま出来ることは全てやり尽くした~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ジャクソンホールでのドラギ総裁のアドリブ発言やこのところの景気・物価指標全般の下振れを受け、ECBの追加緩和観測が高まっていたが、ドラギ総裁は今回もまた期待を裏切らなかった。追加利下げと利下げ打ち止めの強調でTLTROの利用を促進したほか、ABSとカバード債の購入プログラムを10月から開始することを決定した。

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

9月ECB政策理事会:サプライズ利下げを決定。民間資産買入れも従来想定以上の規模に

9月ECB政策理事会:サプライズ利下げを決定。民間資産買入れも従来想定以上の規模に | ニッセイ基礎研究所 9月ECB政策理事会:サプライズ利下げを決定。民間資産買入れも従来想定以上の規模に 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が4日に9月の政策理事会を開催、0.1%の追加利下げとABSとカバード・ボンドの買

2014年8月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

果報は寝て待て ~年内の追加緩和は見送り~

EU Trends果報は寝て待て発表日:2014年8月8日(金)~年内の追加緩和は見送り~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 足許で景気・物価指標の下振れが相次いでいるが、ECBは7日の会合で景気・物価判断を据え置き、新たな政策変更を示唆することもなかった。6月に追加緩和策を発表後、短期金利全般が低下し、ユーロ高進行に歯止めが掛かっている。次回9月初旬のECB会合でスタッフ見通しの引き下げは不可避とみられるが、9月に初回TLTRO、10月に銀行の包

2014年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ユーロ債も投資家の主食だ、パスタかパエリアか

リサーチ TODAY2014 年 7 月 31 日ユーロ債も投資家の主食だ、パスタかパエリアか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2013年以降のユーロ高を招いた要因として、ユーロ圏の経常収支の改善や低インフレの継続、ECBのバランスシート縮小などが挙げられるが、なかでもユーロ圏への投資資金の流入による影響が注目される。みずほ総合研究所は、ユーロ圏への投資資金流入に関するリポートを発表している1。ユーロ圏資産への投資が復調した背景には欧州債務問題への警戒感の後退が挙げられ、投資環境が大幅に

2014年7月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ECBは量的緩和に逆行、ユーロ安誘導は困難

ECBは量的緩和に逆行、ユーロ安誘導は困難

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し ドイツの減速は一時的

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し ドイツの減速は一時的低インフレが長期化するユーロ圏 ◆ユーロ圏の景気回復を牽引してきたドイツの5月の生産、輸出、小売売上高がそろって前月比マイナスとなった。ドイツの景気回復が息切れしてしまった場合、現在のフランスやイタリアにドイツの代わりを務める力はなく、ユーロ圏全体でも景気失速を懸念せざるを得ない。ただ幸いなことに、米国と中国という2大輸出相手国でこのところ景況感改善がみられる。また

【投資環境レポート2014年7月号】 投資の視点:「マイナス金利」を導入したECB

【投資環境レポート2014年7月号】 投資の視点:「マイナス金利」を導入したECB

2014年7月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2014年7月ECB政策理事会:動き出した追加緩和パッケージ

7月ECB政策理事会:動き出した追加緩和パッケージ | ニッセイ基礎研究所 7月ECB政策理事会:動き出した追加緩和パッケージ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が3日に7月の政策理事会を開催した。前回理事会で導入を決めた最長4年の資金供給プログラム(TLTRO)の詳細のほか、金融政策を決める政策理事会の頻

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国 ここから本文です欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国金融緩和のアクセルを踏んだECB、ブレーキを意識したBOEサマリー◆ECB(欧州中央銀行)は6月5日の金融政策理事会で予想通り複数の追加緩和策を発表した。その目的は2つあり、1つはユーロ高でECBの意図に反した金融引き締め効果が出ることを阻止すること、もう1つはECBによる金融緩和を民間部門に伝達する銀行部門の機能再生である。なお、国債買取を通じた量的緩和策(QE)

2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ高是正の効力 ~ECBのマイナス金利~

ユーロ高是正の効力 ~ECBのマイナス金利~

2014年6月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ECBも異次元緩和に突入

トップレポート・コラム経済分析欧州ECBも異次元緩和に突入 ここから本文ですECBも異次元緩和に突入マイナス金利を遂に導入、欧銀のデレバレッジが加速かロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆6月5日、欧州中央銀行 (ECB) は、定例の理事会を開き、政策金利である、主要オペ金利を0.1%引き下げ過去最低の0.15%とする決定をした。また上限政策金利である限界貸出金利を0.35%引き下げ0.4%とすると同時に、下限金利である中央銀行預金金利を0.1%引き下

2014年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

6月ECB政策理事会:追加緩和パッケージを発表-象徴的意味が大きいマイナス金利導入

6月ECB政策理事会:追加緩和パッケージを発表-象徴的意味が大きいマイナス金利導入 | ニッセイ基礎研究所 6月ECB政策理事会:追加緩和パッケージを発表-象徴的意味が大きいマイナス金利導入 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が5日に6月の政策理事会を開催、「低インフレがより長期にわたり持続するリスクが高ま

2014年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 「デフレ阻止」に動くECB

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 「デフレ阻止」に動くECB ここから本文です欧州経済見通し 「デフレ阻止」に動くECB低成長+低インフレを受けてマイナス金利を含む追加緩和へサマリー◆ユーロ圏の1-3月期のGDP成長率は10-12月期と同じ前期比+0.2%と発表された。これで4四半期連続のプラス成長となるが、ごく緩やかな成長にとどまっている。加盟各国の成長率はドイツ、スペインは予想を上振れしたが、フランス、イタリアは予想を下振れし、明暗が分かれた。フランスとイタリアは以前から構造

5月ECB政策理事会:示唆された6月の行動、次の一手は何か?

5月ECB政策理事会:示唆された6月の行動、次の一手は何か? | ニッセイ基礎研究所 5月ECB政策理事会:示唆された6月の行動、次の一手は何か? 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が8日に5月の政策理事会を開催した。今回の政策決定は見送ったが、「重大な脅威」であるユーロ高を牽制する目的もあり、スタッフ経済

2014年4月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ECBは量的緩和で国債を買わざるをえないか

ECBは量的緩和で国債を買わざるをえないか

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ステルス量的緩和再び ~1月末以来のSMPの完全不胎化失敗~

EU Trendsステルス量的緩和再び発表日:2014年4月16日(水)~1月末以来のSMPの完全不胎化失敗~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 15日に行われたSMPの資金吸収オペでは、1月末以来となる完全不胎化に失敗した。イースター休暇を控え、銀行が手元資金を厚めに確保したことが影響したとみられるが、短期金利の水準が徐々に切り上がっており、市中銀行の資金需給がややタイトになっている可能性もある。◇ 今後も完全不胎化失敗が続いたり、ECBの過剰流

2014年4月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

課題が多いECBの量的緩和~QEは年後半以降のインフレ動向次第~

課題が多いECBの量的緩和~QEは年後半以降のインフレ動向次第~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ