「FCV」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』

2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』 ブックマークが追加されました 2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』 ブックマークが削除されました 記事タイトル 2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』 既にブックマークされています 2015年『電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査』燃料電池車(FCV)の認知が大幅上昇。すべての次世代車に対する購入意向が高まる デロイト トーマツ コンサ

2015年1月9日国際環境経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会を拓くエネルギー・キャリア(7)「水素社会」へのシナリオとエネルギー・キャリアの開発、利用目標

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考える水素社会を拓くエネルギー・キャリア(7)「水素社会」へのシナリオとエネルギー・キャリアの開発、利用目標塩沢 文朗 国際環境経済研究所主席研究員、元内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「エネルギーキャリア」サブ・プログラムディレクター印刷用ページ  前回に記した「水素社会」へのシナリオをまとめると【図1】のようになる。これは、シナリオの絵姿を示したという程度のもので、グラフの示す数値関係はきわめてラフなものと理解していただきたい。後

トーマツの調査です。

電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査

電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査 ブックマークが追加されました 電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査 ブックマークが削除されました 記事タイトル 電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査 既にブックマークされています 電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査 デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:近藤 聡)は日本の消費者における電気自動車(EV)を含む次世代車に関する意識

市場データです。

日本の燃料電池自動車の販売台数予測

記事タイトル既にブックマークされています 日本の燃料電池自動車の販売台数予測2020年に年間約5万台、経済波及効果は約8千億円 日本におけるFCV市場は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年前後に本格化。 ただし本格化に向けては、水素社会関連ステークホルダーによるチャレンジが不可欠。 2030年までの燃料電池自動車普及台数・経済波及効果2014年11月17日デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(以下DTC、本社:東京都千代田区 代表取締役社長:近藤 聡)は、

2014年11月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第8回 水素サプライチェーン、実証から実装へ

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し 第8回 ここから本文です水素社会の兆し 第8回水素サプライチェーン、実証から実装へサマリー◆水素のように関連する産業の裾野が広い場合には、要素技術を組み合わせた実物大レベルでの実証試験が不可欠となる。日本は水素・燃料電池に係る社会実証を30年以上にわたって積み重ね、着実に技術やノウハウを蓄積してきており、実証から実装へとフェーズが移行する時期となっている。◆水素の需給を見ると、水素の需要は当面FCVが牽引すると想定される一方

2014年7月7日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第4回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し 第4回 ここから本文です水素社会の兆し 第4回FCVの普及に向けてサマリー◆水素エネルギーの利用に関する取組みは継続して進められてきており、国による主要な事業費用の合計は2003~2013年度で3,000億円以上に及ぶ。水素の需要・供給それぞれの技術にある程度の目途が立ち、水素社会の実現に向けて動き出そうとしている。◆電気自動車は、車両購入に対する国の助成や、充電インフラ整備に対する官民それぞれの補助によって市場環境が整いつ

2013年3月14日経済産業研究所フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

世界を独走する家庭用燃料電池エネファームの最新状況と展望

世界を独走する家庭用燃料電池エネファームの最新状況と展望柴田 恒雄 (トーコ代表(前 パナソニック燃料電池事業化プロジェクトリーダー)) 安藤 晴彦 (RIETIコンサルティングフェロー/一橋大学特任教授・資源エネルギープロジェクトディレクター) 地球温暖化とともにエネルギー問題が我が国の最重要課題となる中で、家庭で発電と給湯ができる家庭用燃料電池「エネファーム」に世界の注目が集まっている。水素を活用する燃料電池は、炭素のサイクルから脱する「水素社会」構築のカギを握る最重要技術であり、次世代自動

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ