「FOMC」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済 労働市場の改善で年内利上げへ

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済 労働市場の改善で年内利上げへ ここから本文です米国経済 労働市場の改善で年内利上げへ製造業の停滞と期待される家計関連需要の増加サマリー◆6月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策が維持された。今回のFOMCからいつでも政策変更を判断するとされていたが、1-3月期の実質GDP成長率が下方修正されてマイナス成長に転じ、想定通りの結果となった。◆年内に利上げ開始の可能性が高いことが強調されたが、イエレン議長の記者会見では、最初の利上げ時期

2015年6月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:6月FOMC~金融政策運営は見極めの難しい状況が続く

BTMU Focus USA Weekly:6月FOMC~金融政策運営は見極めの難しい状況が続く

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC ハト派の印象を与えたイエレン議長

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC ハト派の印象を与えたイエレン議長 ここから本文ですFOMC ハト派の印象を与えたイエレン議長景気認識は上方修正、先行きの見方も明るさを増すサマリー◆2015年6月16日-17日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策を維持し、保有する資産規模を維持することを決定した。今回のFOMCからいつでも政策変更を判断するとされていたが、1-3月期のGDP成長率が下振れし、ゼロ金利政策維持は想定通りの結果である。◆今回のFOMCにおける

【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし

【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし | ニッセイ基礎研究所 【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が6月16-17日(現地時間)に開催された。予想通り金融政策の変更はなし。声明文では、前回

2015年6月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年6月15日~) ~9月利上げを示唆するFOMCなら新興国に注意~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米消費おかえりなさい、でもFOMCまで待機

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

Market Flash 欧州のためにも、お手柔らかに(6月FOMC)

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年6月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 マイナス成長でFOMC予想の達成は困難に(15年1-3月期実質GDP:改定) ~国内最終需要の基調は堅調さを維持。PCEコアはインフレ鈍化を示した~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年4月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げにはドル高是正も必要に

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げにはドル高是正も必要にエネルギー以外の輸入物価の下落を懸念 2015年4月30日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年4月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。3月のFOMCで4月の利上げ開始の可能性が低いとしたことで、ゼロ金利政策維持は想定通りの結果となった。◆経済の現状認識は下方修正された。一時的要因を一部

2015年4月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:4月FOMC~景気見通しは不変、政策運営は引き続きデータ次第

BTMU Focus USA Weekly:4月FOMC~景気見通しは不変、政策運営は引き続きデータ次第

米国経済(週次)予測(2015年3月13日)<3月17-18日のFOMCを前に沈黙を守る連銀エコノミスト>

米国経済(週次)予測(2015年3月13日)<3月17-18日のFOMCを前に沈黙を守る連銀エコノミスト> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

【3月米FOMC】声明文は変更されたものの、6月利上げの可能性は後退

【3月米FOMC】声明文は変更されたものの、6月利上げの可能性は後退 | ニッセイ基礎研究所 【3月米FOMC】声明文は変更されたものの、6月利上げの可能性は後退 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が3月17-18日(現地時間)に開催された。注目された声明文のフォワードガイダンスでは、市場の予想

2015年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

事実上の追加緩和となったFOMC~声明文・記者会見に驚きはなく、“点”が主役に~

事実上の追加緩和となったFOMC~声明文・記者会見に驚きはなく、“点”が主役に~

注目の3月FOMCを受けた為替レートの行方~マーケット・カルテ4月号

注目の3月FOMCを受けた為替レートの行方~マーケット・カルテ4月号 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 注目の3月FOMCを受けた為替レートの行方~マーケット・カルテ4月号基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ドル円レートは今月上旬に上昇し

2015年3月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年3月16日~) ~FOMCでの文言再変更はあるか~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

米国経済(週次)予測(2015年3月6日)<3月のFOMCにおいて、連銀は“Patient”の文言を削除するかではなく、物価安定の考え方を見直すべき>

米国経済(週次)予測(2015年3月6日)<3月のFOMCにおいて、連銀は“Patient”の文言を削除するかではなく、物価安定の考え方を見直すべき> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年3月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

市場変動の影響を受けた時給と労働時間

トップレポート・コラム経済分析米国市場変動の影響を受けた時給と労働時間 ここから本文です市場変動の影響を受けた時給と労働時間2015年2月の米雇用統計:雇用者数の増勢回復サマリー◆2月の非農業部門雇用者数は前月から29.5万人増加した。雇用者数の増勢は回復し、1月の鈍化は一時的であったとみられる。業種別では、娯楽・レジャー、教育・医療、企業向けサービスなどで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は減少した。◆失業率は5.5%と前月から0.2%ポイント低下した。職探しを諦めた人が増えたことが主要因だ

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 議会動向と国際情勢に注目

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 議会動向と国際情勢に注目 ここから本文です米国経済見通し 議会動向と国際情勢に注目金融政策の変更時期にも影響を及ぼすサマリー◆オバマ大統領の一般教書演説と予算教書は、格差の是正を目指し、原資として富裕層や大企業への増税を行うなどとした。全般にリベラルな内容で、多くは共和党が賛成するとは考えにくいが、共和党は2016年の選挙をにらんだ政権担当能力を示す必要がある。◆2月末で国土安全保障省関連の予算が切れることに対応しなければならない。3月15日には

2015年1月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 インフレ率低下も現時点でFRBのスタンスに変化はみられない(15年1月27、28日FOMC) ~利上げ開始は経済指標次第とのスタンスは継続~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年1月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年1月26日~) ~FOMCでは再び文言に注目~

Weekly Market Report(2015年1月26日~) ~FOMCでは再び文言に注目~

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 賃金上昇は偏っているのか

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 賃金上昇は偏っているのか ここから本文です米国経済見通し 賃金上昇は偏っているのか原油価格の変動で実態が把握しにくいがインフレ圧力は限定的サマリー◆新たな連邦議会が始まった。オバマ大統領による一般教書演説と予算教書発表を経て、財政論議が本格化することになる。最初の課題となるのは、2015年度の暫定予算のうち、国土安全保障省関連の予算が2月末で切れることである。◆金融政策については、2014年の12月のFOMC(連邦公開市場委員会)で声明文を変更し

【2014年12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始

【12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始 | ニッセイ基礎研究所 【12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が12月17-18日(現地時間)に開催された。予想通り、金融政策の変更は無かった。注目された声明文のフォワードガイダンスでは、市場

2014年12月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

慎重にガイダンスを修正したFOMC~緩和スタンスは不変であると強調、市場に配慮~

慎重にガイダンスを修正したFOMC~緩和スタンスは不変であると強調、市場に配慮~

2014年12月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 「相当の期間」から「辛抱強く」に文言を変更し15年の利上げ準備(14年12月16、17日FOMC) ~利上げ開始は経済指標次第とのスタンスは継続~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

米国経済(週次)予測(2014年11月21日)<FOMC(10/28-29)ミーティング議事録にみる連銀エコノミストの誤った潜在成長率の捉え方>

米国経済(週次)予測(2014年11月21日)<FOMC(10/28-29)ミーティング議事録にみる連銀エコノミストの誤った潜在成長率の捉え方> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年10月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3終了を決定、利上げは経済情勢次第とのスタンス変わらず(14年10月28、29日FOMC) ~FRBは再投資の継続により利上げまで緩和的な金融環境を維持する方針~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年10月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 声明文の修正も実は変化はない

FOMC 声明文の修正も実は変化はない

2014年10月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:経済に残る課題を反映~9月FOMC議事要旨

BTMU Focus USA Weekly:経済に残る課題を反映~9月FOMC議事要旨

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FOMCのインフレ見通しを下回る動き(14年8月消費者物価) ~物価の安定感が強まる~

米国 FOMCのインフレ見通しを下回る動き(14年8月消費者物価) ~物価の安定感が強まる~

2014年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook USD/JPY115を再確認

Global Market OutlookUSD/JPY115を再確認2014年9月18日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値16049.2117,156.859,661.506,780.904,431.41108.58 円1.2869 ㌦日経平均株価 11:24

2014年9月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3縮小継続。FOMCの利上げ予想中央値は小幅上方シフト(14年9月16、17日FOMC) ~利上げ時期は経済情勢次第とのスタンスは変わらず~

Fed Watching米国 QE3QE3縮小継続縮小継続。継続。FOMCの利上げ利上げ予想中央値予想中央値は中央値は小幅上方小幅上方シフト上方シフト(14年14年9月16、16、17日17日FOMC)FOMC)発表日:201発表日:20142014年9月17日17日(水)~利上げ利上げ時期は時期は経済情勢次第と経済情勢次第とのスタンスはスタンスは変わらず~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○ 14年14年10月10月の資産購入額を10

2014年9月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:9月FOMC~予想通り声明文の変更は限定

BTMU Focus USA Weekly:9月FOMC~予想通り声明文の変更は限定

【9月米FOMC】修正版「出口戦略の原則」を公表

【9月米FOMC】修正版「出口戦略の原則」を公表 | ニッセイ基礎研究所 【9月米FOMC】修正版「出口戦略の原則」を公表 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が9月16-17日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額)が決定された。FOMCの決定に関して、資産購入

2014年9月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ガイダンスが効き過ぎるのも困り者 ~9月FOMCでガイダンスを修正へ~

ガイダンスが効き過ぎるのも困り者 ~9月FOMCでガイダンスを修正へ~

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3縮小継続も労働市場での著しい余剰を指摘し金利上昇抑制(14年7月29、30日FOMC) ~FRBは早期の利上げ期待が高まり過ぎないよう配慮~

米国 QE3縮小継続も労働市場での著しい余剰を指摘し金利上昇抑制(14年7月29、30日FOMC) ~FRBは早期の利上げ期待が高まり過ぎないよう配慮~

2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げに向けて半歩前進か

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げに向けて半歩前進かQE3の縮小が続き、経済の現状認識を上方修正 2014年7月31日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆7月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が月250億ドルに縮小された。イエレン議長の議会証言からは、10月のFOMC会合で資産買い入れ額をゼロにする決定が行われる見込みである。◆経済

2014年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【7月米FOMC】タカ派の声が強まる?

【7月米FOMC】タカ派の声が強まる? | ニッセイ基礎研究所 【7月米FOMC】タカ派の声が強まる? 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が7月29-30日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額)が決定された。資産購入額の減額は事前の市場予想の通りだった。声明文

2014年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3の縮小を継続する一方、「慎重な」金融政策スタンスを維持(14年6月17、18日FOMC) ~FF金利の中立水準の中央値がこれまでの4%から3.75%に下方シフト~

Fed Watching米国 QE3「慎重なQE3の縮小を縮小を継続す継続する一方、一方、慎重な」金融政策金融政策スタンス政策スタンスをスタンスを維持(14年14年6月17、17、18日18日FOMC)FOMC)発表日:201発表日:20142014年6月18日18日(水)~FF金利の中立水準の中央値がこれまでの4%から3.75FF金利の中立水準の中央値がこれまでの4%から3.75%に下方3.75%に下方シフト%に下方シフト~シフト~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治03

【6月米FOMC】大きなサプライズはないが、イエレン議長の発言には注目材料も

【6月米FOMC】大きなサプライズはないが、イエレン議長の発言には注目材料も | ニッセイ基礎研究所 【6月米FOMC】大きなサプライズはないが、イエレン議長の発言には注目材料も 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が6月17-18日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(週次)予測(2014年5月23日)<FOMC(4月29-30日)の議事録にみる連銀の出口戦略への考え方>

米国経済(週次)予測(2014年5月23日)<FOMC(4月29-30日)の議事録にみる連銀の出口戦略への考え方>2014-05-26 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 予想どおりQE3の月額450億ドルへの縮小を決定(14年4月29・30日FOMC) ~成長率下振れも年内にQE3終了とのFRB方針に変更なし~

米国 予想どおりQE3の月額450億ドルへの縮小を決定(14年4月29・30日FOMC) ~成長率下振れも年内にQE3終了とのFRB方針に変更なし~

2014年5月1日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:4月FOMC~量的緩和縮小を継続、今後の焦点は成長率下振れリスク

BTMU Focus USA Weekly:4月FOMC~量的緩和縮小を継続、今後の焦点は成長率下振れリスク

2014年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC: 資産買い入れ規模の縮小継続と論点

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC: 資産買い入れ規模の縮小継続と論点 ここから本文ですFOMC: 資産買い入れ規模の縮小継続と論点雇用面のみならず、利上げを巡る財政・金融面からの論点も要確認サマリー◆4月29日から30日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3(量的緩和第3弾)の資産買い入れ規模を、さらに月当たり100億ドル減額することが決定された。2014年は資産買い入れ規模の縮小が続き、QE3は年内に終了するだろう。◆経済の現状判断は悪天候の影響が和らいだことにより

2014年3月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 半年のゼロ

Global Market Outlook半年のゼロ2014年3月20日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:46 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値14224.2316,222.179,277.056,573.134,308.06(円)14550前日比-238.29-114.0234.

2014年3月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 資産購入額の100億㌦縮小とフォワードガイダンスの変更を予想(3月FOMCの見通し) ~雇用の閾値削除で市場のボラティリティが高まる可能性大~

米国 資産購入額の100億㌦縮小とフォワードガイダンスの変更を予想(3月FOMCの見通し) ~雇用の閾値削除で市場のボラティリティが高まる可能性大~

2014年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほインサイト]定性的ガイダンスに転換したFOMC~課題が残ったコミュニケーション政策~

[みずほインサイト]定性的ガイダンスに転換したFOMC~課題が残ったコミュニケーション政策~

【3月米FOMC】金融政策は予想通り、利上げ時期示唆?にサプライズ

【3月米FOMC】金融政策は予想通り、利上げ時期示唆?にサプライズ | ニッセイ基礎研究所 【3月米FOMC】金融政策は予想通り、利上げ時期示唆?にサプライズ 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が3月18-19日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額)が決定され

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 円滑な緩和縮小が重要に

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 円滑な緩和縮小が重要に ここから本文です米国経済見通し 円滑な緩和縮小が重要に寒波で経済指標は軟調でもマインドは冷え込んでいないサマリー◆悪天候を背景に軟調な経済指標が相次いでいる。自動車販売などの個人消費が落ち込み、企業活動も精彩さを欠く。ただし、マインド面では、消費者センチメントや企業マインドは低下したものの、なおポジティブさを失っていない。◆連邦政府の債務上限が2015年3月まで一時撤廃され、2014年度予算の成立と合わせて当面の財政関連の

【1月米雇用統計】雇用増は+11.3万人、弱含みが続く

【1月米雇用統計】雇用増は+11.3万人、弱含みが続く | ニッセイ基礎研究所 【1月米雇用統計】雇用増は+11.3万人、弱含みが続く 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:今回も雇用増は低調だが、失業率は改善2月7日、米国労働省(BLS)は1月の雇用統計を公表した。1月の非農業部門雇用者数は前月対比で11.3万人の増

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ