「FOMC」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

【1月米国FOMC】予想通りのテーパリング継続

【1月米国FOMC】予想通りのテーパリング継続 | ニッセイ基礎研究所 【1月米国FOMC】予想通りのテーパリング継続 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が1月28-29日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額、米国債とMBSがそれぞれ50億ドルずつ減額)が決定

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3は2月から月額650億ドルに縮小(14年1月28・29日FOMC) ~QE3の縮小ペースは今後も経済情勢次第のスタンスを維持~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年1月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:1月FOMC~淡々と?資産買入縮小を継続

BTMU Focus USA Weekly:1月FOMC~淡々と?資産買入縮小を継続

2014年1月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年1月27日~) ~FOMC結果次第で新興国市場も決まる~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

米国経済(週次)予測(2013年12月20日)<連銀は資産購入の縮小を12月のFOMCで決定したが、出口戦略へのスムーズな移行は難しいだろう>

米国経済(週次)予測(2013年12月20日)<連銀は資産購入の縮小を12月のFOMCで決定したが、出口戦略へのスムーズな移行は難しいだろう> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年12月19日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:12月FOMC~QE3縮小開始と時間軸強化を決定

BTMU Focus USA Weekly:12月FOMC~QE3縮小開始と時間軸強化を決定

2013年12月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3を小幅縮小する一方、フォワードガイダンスをやや強化(13年12月17・18日FOMC) ~縮小ペースに事前のスケジュールはなく今後も経済情勢次第のスタンスを維持~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

米国経済(週次)予測(2013年12月6日)<最近の好ましい経済統計にもかかわらず、連銀は 12月の FOMCにおいて資産購入の縮小を延期するだろう>

米国経済(週次)予測(2013年12月6日)<最近の好ましい経済統計にもかかわらず、連銀は 12月の FOMCにおいて資産購入の縮小を延期するだろう> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3の縮小開始決定は大きく先送りか

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:QE3の縮小開始決定は大きく先送りか ここから本文ですFOMC:QE3の縮小開始決定は大きく先送りか10月の金融政策は現状維持で、2014年6月のQE3縮小決定を見込むサマリー◆10月29日から30日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)で政策変更はなく、資産買い入れ規模は維持された。現行政策を維持する理由も9月のFOMCと変わらず、今後も経済指標と経済見通しに従うとされた。◆声明文も大部分に変更はなく、全体の経済活動は緩やかに拡大していると

10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視

10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視 | ニッセイ基礎研究所 10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 10月29・30日開催のFOMCでは、金融政策の変更はなく、前回同様に現行緩和策の中核である「資産購入策」と「ゼロ金利政策及びそのフォワードガイダンス」が決定された。FOMCは

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook ともに「無風通過」だろう(日銀会合・米FOMC)

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは月額850億ドルのQE3を継続(13年10月29・30日FOMC) ~景気の現状判断維持はFOMCの予想を下振れていることを示す~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

米国経済(月次)予測(2013年9月)<10 月のFOMC ミーティングでは、Data-Dependentな連銀は資産購入の縮小を決定するだろうか?>

米国経済(月次)予測(2013年9月)<10 月のFOMC ミーティングでは、Data-Dependentな連銀は資産購入の縮小を決定するだろうか?> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年9月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 市場コンセンサスに反してFRBは月額850億ドルのQE3継続を決定(13年9月17、18日FOMC) ~バーナンキFRB議長は引き続き年内のQE3減額開始の可能性を指摘~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年9月19日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:9月FOMC~やはり据え置き

BTMU Focus USA Weekly:9月FOMC~やはり据え置き

2013年9月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

9月FOMCのガイドブック~QE3の行方以上に「2016年ショック」に注意~

9月FOMCのガイドブック~QE3の行方以上に「2016年ショック」に注意~

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の量的改善は鈍化傾向か

トップレポート・コラム経済分析米国雇用の量的改善は鈍化傾向か ここから本文です雇用の量的改善は鈍化傾向か2013年8月の米雇用統計: 金融政策に慎重な判断を求める内容サマリー◆2013年8月の非農業雇用者数は7月から増加幅が拡大した。しかし、過去2ヵ月分のデータが大幅に下方修正されたため、前月差の6ヵ月平均は16万人程度と、雇用の改善ペースが鈍化した可能性がある。◆業種別に見ると、これまで雇用者数の増加を牽引してきた民間サービス部門で増加ペースの鈍化が見られた。また、販売が好調な自動車関連を除く

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へ

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へ ここから本文ですFOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へQE3終了後のゼロ金利解除時期を見越した市場との対話が始まるサマリー◆7月30日から31日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では現行の金融政策を維持。事実上のゼロ金利政策と、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)の買い入れ規模の継続が決まった。◆声明文では、米国経済の現状評価がやや慎重になった。懸念材料として、これまでの財政問題に加え、住宅ローン

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3減額には13年後半の成長率加速と持続性の確認が必要に(13年7月30、31日FOMC) ~成長率・インフレ率の下振れを受け、早期のQE3減額に慎重な意見が増加している模様~

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

米国経済(週次)予測(2013年6月21日)

米国経済(週次)予測(2013年6月21日)<サプライズのなかった 6月18-19 日の FOMC ミーティング、しかしいつまでこだわる超金融緩和> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年6月21日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:6月FOMC~今年後半のQE縮小、来年半ばの停止を示唆

BTMU Focus USA Weekly:6月FOMC~今年後半のQE縮小、来年半ばの停止を示唆

6月FOMCは現行政策維持を決定 ~記者会見で年内の資産購入縮小を提示

6月FOMCは現行政策維持を決定 ~記者会見で年内の資産購入縮小を提示 | ニッセイ基礎研究所 6月FOMCは現行政策維持を決定 ~記者会見で年内の資産購入縮小を提示 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月18・19日開催のFOMCでは、現行緩和策の据え置きを決定、現行政策の中心を成す「資産購入策」と「ゼロ金利政策及びそのフォワードガイダンス」は、昨年

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 資産購入ペースの維持決定、今後は減額と増額の両睨みへ(13年4月30日、5月1日FOMC) ~労働市場だけでなくインフレ見通しの変化に応じて購入ペースを増減する方針~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年4月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

QE3政策転換は早くて9月FOMCと考える訳

QE3政策転換は早くて9月FOMCと考える訳

3月FOMC、現行政策維持を決定~資産購入の変更は効果とコスト次第

3月FOMC、現行政策維持を決定~資産購入の変更は効果とコスト次第 | ニッセイ基礎研究所 3月FOMC、現行政策維持を決定~資産購入の変更は効果とコスト次第 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3/19・20開催のFOMCでは、現行緩和策の据え置きを決定、これに伴い、現行緩和策の中心を成す「資産購入策」と「ゼロ金利政策及びそのフォワードガイダンス」とは

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

FOMC:資産買い入れ規模は流動的と強調

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:資産買い入れ規模は流動的と強調 ここから本文ですFOMC:資産買い入れ規模は流動的と強調今後は財政問題と資産買い入れの「効果」と「コスト」に注目サマリー◆2013年2回目のFOMCでは、政策変更はなく、事実上のゼロ金利政策とQE3の資産買い入れ規模が維持された。声明文では、経済活動が緩やかな成長に戻ったと現状認識を上方修正した。◆Fedメンバーによる金利見通しでは、利上げのタイミングを2013年と予想する者が一人減り、2014年と予想する者が一人増えた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ