「FRB」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRBは生産性低下をどのように捉えているのか

トップレポート・コラム経済分析日本FRBは生産性低下をどのように捉えているのか ここから本文ですFRBは生産性低下をどのように捉えているのかサマリーFRB(連邦準備制度理事会)が年内に利上げを実施する可能性が高くなったが、利上げペースは非常にゆっくりとしたものになるという見方が大勢のようだ。ただし、米国でインフレ圧力が増しているとされる根拠は、雇用の回復で労働市場のスラック(余剰資源)が減少していることだけでなく、潜在GDPの下方修正が続き、供給側の要因からGDPギャップが縮小していることによる

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の出口に向けた課題と展望

トップレポート・コラム経済分析米国米国金融政策の出口に向けた課題と展望 ここから本文です米国金融政策の出口に向けた課題と展望『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載サマリーFRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和の第3弾であるQE3は、2014年10月に終了した。FRBは市場にショックを与えないよう、FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文を徐々に修正し、利上げに向けた環境整備を進めている。米国の労働市場の改善は進み、残る賃金上昇などの課題はばらつきがあって、さらなる改善には、

FRB利上げ時期予想で注目される「影の金利」~異次元緩和下の日本の「影の金利」を推計してみた

FRB利上げ時期予想で注目される「影の金利」~異次元緩和下の日本の「影の金利」を推計してみた | ニッセイ基礎研究所 FRB利上げ時期予想で注目される「影の金利」~異次元緩和下の日本の「影の金利」を推計してみた 大山 篤之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014/9/4のThe Wall Street Journal(日本版)に、『投資家は「影のFF金利」に注

米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは

米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは | ニッセイ基礎研究所 米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら FRBは15年中の政策金利の引上げを目指し、これまで段階的に金融緩和政策の解除を実施している。FRBは、「物価の安定」に加えて、金融政策目標に

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復。 | ニッセイ基礎研究所 【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは前月から大幅に加速5月8日、米国労働省(BLS)は4月の雇用統計を公表した

2015年4月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

G20声明とドル高に不満な米国~もはや国際協調なくしてFRBの成功もなし~

G20声明とドル高に不満な米国~もはや国際協調なくしてFRBの成功もなし~

2015年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

FRBは事実上の追加緩和だ

FRBは事実上の追加緩和だ

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか | ニッセイ基礎研究所 米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国の中央銀行であるFRBは、金融政策における政策目標として、多くの中央銀行が掲げる「物価の安

FRBの金融政策正常化と米国の個人消費

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標)

【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標) | ニッセイ基礎研究所 【米国物価統計】基礎から見直す米国物価統計(FRBが注視する物価指標) 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら FOMCの声明文(10月28-29日分)では、物価動向について3通りの表現がみられた。本稿ではFRBが重視していると思われる物価指

米国の2014年4-6月期GDPと金融政策

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月31日米国では30日、予想を上回る4-6月期GDP(速報値)が発表されたほか、FRB(連邦準備制度理事会)が物価に対する判断をやや引き上げたことなどが明らかになりました。これらを受け、同国での利上げ開始の前倒しの可能性が市場の一部で懸念されたことなどから、10年国債利回りが上昇した(2.46%→2.55%)ものの、株価は小動きとなりました(ニューヨーク・ダウ工業株30種:前日比▲0.19%、S&P500指数:+0.01%)。ま

2014年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:米国回復は後半戦へ、限られるFRBの政策余地

BTMU Focus USA Weekly:米国回復は後半戦へ、限られるFRBの政策余地

2014年7月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米株市場最高値とFRB、FedビューかBISビューか

米株市場最高値とFRB、FedビューかBISビューか

2014年5月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

クレジット市場の過熱にFRBは注目

クレジット市場の過熱にFRBは注目

【米金融政策】改めて出口戦略を考える

【米金融政策】改めて出口戦略を考える | ニッセイ基礎研究所 【米金融政策】改めて出口戦略を考える 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年1月から資産買入策における購入額削減が開始され、QE3の終了が近づいている。量的緩和からの出口については、2011年6月にFOMCで「出口戦略の原則」が合意されている。現在は、この原則

2014年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

FRBが注視する米金融市場動向~議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念~

FRBが注視する米金融市場動向~議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念~

実質ゼロ金利政策の解除に向けて~問われるFRBの「市場との対話」~

実質ゼロ金利政策の解除に向けて~問われるFRBの「市場との対話」~

2014年2月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:一時的景気減速で試されるFRB

BTMU Focus USA Weekly:一時的景気減速で試されるFRB

2013年12月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

FRBからのX'masプレゼント~QE3縮小の成功は米景気のアクセラレーターに~

FRBからのX'masプレゼント~QE3縮小の成功は米景気のアクセラレーターに~

2013年12月2日Dow Jonesフィードバック数:0マーケティング

WSJ日本版が選んだ2013年注目ニュース

News Corp is a global, diversified media and information services company focused on creating and distributing authoritative and engaging content and other products and services. この記事を複製もしくはプリントアウトして使用する場合、その用途は個人的もしくは非営利、その他これに準ずる範囲内での使用に限られます。社内での利

2013年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 政策の逆風が強まるか

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 政策の逆風が強まるか ここから本文です米国経済見通し 政策の逆風が強まるか近づく財政問題論議、QE3 縮小開始、FRB の人事サマリー◆4-6月期の実質GDP速報値は、財政問題の逆風の割に国内の民間需要は堅調だった。当面は緩やかな自律回復の継続が想定されるが、財政問題や、金融政策の今後、FRBの議長や理事人事などは、多くが9月以降に結果が出る予定である。◆議会の夏休みは9月第2週に明ける予定で、財政問題では、10月以降の新たな会計年度の予算、歳出

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:2社会/政治海外

経済レビュー:FRBの出口戦略と長期金利の行方

経済レビュー:FRBの出口戦略と長期金利の行方

2013年2月25日大和総研フィードバック数:1社会/政治

FOMC議事録を読む:QE3の効果とコスト

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC議事録を読む:QE3の効果とコスト ここから本文ですFOMC議事録を読む:QE3の効果とコスト労働市場のみならず資産買い入れの効果とコストも論点サマリー◆1月開催のFOMC議事録が公表され、資産買い入れペースの縮小が論じられ、タカ派的 内容とみなされたことから、株価は下落、ドルは上昇した。◆労働市場の改善見通しが得られる前に資産買い入れペースを縮小させる点が注目され た。FOMCでの論点は労働市場のみならず、資産買い入れの「効果とコスト」も議論されただけ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ