「Future」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年11月26日日本IBM★★フィードバック数:0ライフスタイル

IBM Future Design Lab.が独自調査。生活者視点から、コロナ後の市場変容への見解を発表。

IBM Future Design Lab.が独自調査。生活者視点から、コロナ後の市場変容への見解を発表。 日本IBMは、社会変革とテクノロジーを焦点にした議論を深めるプロジェクト「IBM Future Design Lab.」の活動として、国内の生活者を対象とした市場調査「コロナ後を見据えた、生活者動向・DX受容性調査」を実施。新型コロナウイルス感染症対策が継続する中で生活価値観の変化やデジタルトランスフォーメーション(以下DX)によるサービスの高度化への期待などを明らかにしました。特に、D

2018年6月4日日本マイクロソフト★★フィードバック数:0企業情報システム

The Future Computed 人工知能とその社会における役割

The Future Computed 人工知能とその社会における役割

働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~

『働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~』調査結果を発表 ブックマークが追加されました 『働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~』調査結果を発表 ブックマークが削除されました 記事タイトル 『働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~』調査結果を発表 既にブックマークされています 『働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~』調査結果を発表 今回が3回目の実

2017年7月14日businesswireフィードバック数:0企業情報システム

Robots to Enhance, not Replace Humans in most Jobs

Key findings: 61% of respondents think AI will help society, with only 22% believing change will be negative Future jobs: 30% list job concerns as biggest drawback of AI citing construction, delivery and transportation as being most impacted Health

エリクソ ン・モビリティレポート北東アジア地域

Ericsson in Japan began operations in 1985 ahead of national deregulation of the telecommunication industry. In 1989, Ericsson Japan entered its first memorandum of understanding together with leading mobile operator NTT DoCoMo. Soon after, landmark

エリクソン・モビリティレポート2016

Ericsson in Japan began operations in 1985 ahead of national deregulation of the telecommunication industry. In 1989, Ericsson Japan entered its first memorandum of understanding together with leading mobile operator NTT DoCoMo. Soon after, landmark

2016年4月17日IHSフィードバック数:0モバイル海外

The Future of Mobile Advertising

CareersExecutiveIHS.comMarkit.comTerms of UseDisclaimersPrivacy & cookie PolicySupplier Diversity Program

2015年6月2日Roland Berger★フィードバック数:0ライフスタイル海外

ASEAN地域での医療についてのレポートです。

AECがもたらすASEANヘルスケア産業の未来

An aerospace supply chain fit for the futureThis publication shows how to make aerospace supply chains fit for the future by using a `local for local´ model Sebastian Thrun and his positive faith in technology Artificial intelligence pioneer Sebastia

PwCのレポートです。

Future of India 勝利への飛躍(エグゼクティブサマリー版)

Future of India 勝利への飛躍(エグゼクティブサマリー版) 独立から70年、インドは大きな変化の時代を迎えようとしています。この20年間でインドの国内総生産(GDP)は1兆米ドル超拡大し、その過程で何百万もの人々が新興中間層と呼ばれる新たな階層への仲間入りを果たしました。本報告書は、インドが年率9%のペースでGDPを拡大させ、今後20年間で10兆米ドル規模の経済大国となるには何が必要かを見極めようとするものです。PwCでは、インド内外の企業経営者、学識者、経済専門家とのワー

Real Estate 2020 不動産の未来(要約版)

本報告書は、PwCが発刊した「Real Estate 2020 building the future」(英語版)から要旨部分を抜粋翻訳したものです。「Real Estate 2020 building the future」では、2020年における不動産の未来の姿について、データ分析、ディスカッションなどの手法で調査を実施し、不動産の取り巻く環境が今後どのように変化していくのか、またそれがファンド、不動産投資業界の戦略にどのような影響を及ぼすのかなど、幅広い視点から考察を行っていますので併せて

2014年10月3日Roland Berger★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気自動車についての競争力比較です。

E-モビリティ・インデックス "E-mobility index for Q3 2014"

Global Aerospace Summit, Abu Dhabi Manfred Hader, expert in Aerospace & Defense, participates in a panel discussion regarding "Aviation energy - what is the future of propulsion?" at this years' Global Aerospace Summit in Abu Dhabi. Event duration:

Future Timeline

インフォグラフィックを世界に発信しよう!デザイナー・ブランド・メディアを繋げる世界最大のインフォグラフィックコミュニティー無料登録Future Timeline2014年から2034年までの未来予測年表をイラストを交えて表現しました。ワークショップやブレストの現場で活用される事を目的にしています。この素材を囲んで議論や企画会議が行われると嬉しいです。 制作/デザイン:ナレジックス株式会社 制作原案/協働制作:株式会社日建設計 出典:博報堂生活総合研究所「未来年表」(データ提供:FUTURE LA

2013年12月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国版「3本の矢」と投資復活の期待~米国経済の回顧と展望(Back to the future?)~

米国版「3本の矢」と投資復活の期待~米国経済の回顧と展望(Back to the future?)~

2013年10月15日comScoreフィードバック数:0マーケティング要登録

2013 Japan Digital Future in Focus

コムスコアによる最新のインターネット利用動向レポートの「Future in Focus」。シリーズ初の日本版をリリースしました。PCやモバイルからのインターネットの概況や、オンライン動画、ソーシャルメディア、オンラインリーテル等、様々なカテゴリー毎にインターネット利用動向を分析しています。以下は内容の抜粋です。国内インターネットユーザーの年齢構成は35歳以下が34%である一方で、55歳以上のユーザーは26%で世界平均の約2倍でした。モバイルは45歳以上のユーザーが半分以上を占め、他調査対象国と比

2013年6月3日IDCフィードバック数:17企業情報システム

2013年第1四半期 国内サーバー市場動向

IDCの"Future of X"プラクティス Future Enterpriseの戦略を定義する:テクノロジー投資をビジネス成果に結び付けるために詳細はこちら IDCの5G市場調査 2020年3月に始まった国内商用5Gサービスは、サービス提供エリアの拡張を進めています。詳細はこちら DX時代の意思決定を支援する IDC DecisionScape機能別に7種類のレポートから構成されています。詳細はこちら IDC Japan株式会社 IDCは、ITおよび通信分野に関する調査・分析、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ