調査のチカラ TOP > タグ一覧 > GDPデフレーター

「GDPデフレーター」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げ2巡目の論点 交易条件の改善こそ本筋

賃上げ2巡目の論点 交易条件の改善こそ本筋第2次安倍晋三政権の成立以来、政府による経済団体に対する賃上げ要請が恒例化している。要請の機能は大きく分けて2通りある。1つは日銀がインフレ実現を目指して金融緩和を続けているので、歩調を合わせて名目的な賃上げを求めるというもの。もう1つは雇用の非正規化や利潤の内部留保を通じて実質的な労働分配率が下がっているので、その向上を目指し実質賃上げを求めるものである。ここでは、要請に意義があるとすれば第1の視点によるもので、第2の視点は根拠薄弱であることを論じたい

2014年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI-

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI-CPIとGDPデフレーターにおける乖離について-家計消費デフレーターとCPI- 日本大学経済学部教授 小巻 泰之総合政策研究部 研究理事 チーフエコノミスト・経済研究部 兼任 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レ

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまる

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまる | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経済 > 日本経済 > QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成長にとどまるQE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.0%)~内需の堅調を外需の悪化が打ち消し、2四半期連続で年率1%成

デフレ脱却宣言はいつ出るのか

デフレ脱却宣言はいつ出るのか | ニッセイ基礎研究所 デフレ脱却宣言はいつ出るのか 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府は12/24に発表した12月の月例経済報告で、物価の判断を「底堅く推移している」とし、4年2ヵ月ぶりに「デフレ」の文言を削除した。ただし、日本経済がデフレに再び逆戻りするリスクを完全には排除できないことから

GDPデフレーターで測るデフレ

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年11月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカGDP:民需が経済回復の主役

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカGDP:民需が経済回復の主役 ここから本文ですアメリカGDP:民需が経済回復の主役2013年7-9月期の実質GDP成長率は2.8%増サマリー◆2013年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率2.8%増となり、2011年4-6月期から続くプラス成長を維持した。民需の増加率はわずかに低下したものの、引き続き米国経済を押し上げる構図に変わりはない。◆個人消費は、雇用者数の増加ペース、株価の上昇率の鈍化、それに伴う期中における消費者マインドの低下局面により増加

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について -家計消費デフレーターとCPI-

CPIとGDPデフレーターにおける乖離について -家計消費デフレーターとCPI- | ニッセイ基礎研究所 CPIとGDPデフレーターにおける乖離について -家計消費デフレーターとCPI- 日本大学経済学部教授 小巻 泰之総合政策研究部 研究理事 チーフエコノミスト・経済研究部 兼任 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■要旨金融政策で消費者物価指数(以

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

特集データ

お知らせ