「GDP統計」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月3日ダイヤモンド社フィードバック数:0社会/政治

日本の自治体の経済規模を世界の「国」と比較してみた

統計データ分析家。元立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師。1951年生まれ。東京大学農学部農業経済学科卒業。同大学院単位取得済修了。(財)国民経済研究協会研究部長、常務理事を歴任。現在、アルファ社会科学(株)主席研究員。インターネット上で「社会実情データ図録」サイトを主宰。本連載では、統計データの動きを独自に整理、グラフ化することによって、意外な社会の動きやわが国の状況を追って行きたいと考えている。もっとも堅苦しいものではなく、趣味的な個人の嗜好も含めたざっくばらんなものとしたい。体系的

2015年6月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド 判断が難しくなったGDP統計 ~成長加速を示唆も、一進一退の内容で判断は一段と困難に~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年5月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2015-1】2015年1~3月期GDP統計予測

【QE予測シリーズ No.2015-1】2015年1~3月期GDP統計予測

2015年2月5日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

マイナスの家計貯蓄率 国債消化 焦点は企業貯蓄

マイナスの家計貯蓄率 国債消化 焦点は企業貯蓄内閣府が昨年末に発表した2013年度の国民経済計算で、家計貯蓄率がマイナス1.3%となったことが大きく報じられた。エコノミストらの間では1年ほど前から指摘され、日本経済の先行きに与える影響についても議論が繰り広げられてきた。直近の家計貯蓄率は11年度の2.2%から2年で3.5ポイント低下している。大きな数字のように思えるが、実は00年代初頭には、1999年度の8.1%から01年度の3.5%へと、2年で4.6ポイントもの低下が起きていた。過去2回の大幅

2015年1月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2014-7】2014年10~12月期GDP統計予測

【QE予測シリーズ No.2014-7】2014年10~12月期GDP統計予測

2015年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/12/17~2015/1/20発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(12/17~1/20発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(12/17~1/20発表統計分)サマリー◆11月の企業関連の指標は、足踏みの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲0.5%と3ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲1.4%と低下した。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比1.3%と2ヶ月ぶりに増加した。◆11月の家計関連の指標を見ると、個人消費では反動減から緩やかに回復して

2014年12月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し(2014年12月改訂)

PRESS RELEASE2014年12月8日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し(2014年12月改訂)当社は、2014年7~9月期のGDP統計(2次速報)および2013年度確報の発表を受け、経済見通しを改訂しました。日本経済は、生産が増加に転じ輸出の増勢も強まるなど、今年初めから夏場にかけての軽微な景気後退からはすでに脱却しており、2015年度にかけては景気の賃金への波及も着実に進み、景気拡大が持続していくとの前回見通しのシナリオに変更はありません。統計の改訂に伴い、予測値は微

2014年12月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

7-9月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本7-9月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です7-9月期法人企業統計と二次QE予測製造業を中心に増益幅拡大/二次QEはわずかに下方修正と予測サマリー◆2014年7-9月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+7.6%と、11四半期連続の増益となり、増益幅は前四半期(同+4.5%)から拡大した。労働需給のひっ迫や、ベースアップの動きが広がる中で、人件費が11四半期ぶりの増加に転じ、固定費負担の増加が収益の下押し要因となったものの、売上高の増加が

2014年6月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1-3月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本1-3月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です1-3月期法人企業統計と二次QE予測増収増益が続くが、増益幅は縮小。GDP二次速報は下方修正を予想サマリー◆2014年1-3月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+20.2%と、9四半期連続の増益となったが、増益幅は前四半期を下回った。売上高は同+5.6%と3四半期連続の増収となり、増収幅は前四半期から拡大した。消費税増税前の駆け込み需要により、小売関連業種の売上高は増加が続いた模様だ。ただし、

2014年3月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

10-12月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本10-12月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です10-12月期法人企業統計と二次QE予測経常利益は2四半期ぶりの前期比増加。GDP二次速報は上方修正を予想サマリー◆2013年10-12月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+26.6%と、8四半期連続の増益となった。また、売上高は同+3.8%と2四半期連続の増収となった。売上高が増加するなかで、人件費の削減が進んでいること、変動費率の改善が続いていることで経常利益が大きく押し上げられた格好

2013年10月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、政府の成長率目標実現の意欲を示したGDP統計 ~7-9月期の予想外の加速を加味し、今年の成長率見通しを上方修正~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年6月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年1-3月期法人企業統計と2次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本1-3月期法人企業統計と2次QE予測 ここから本文です1-3月期法人企業統計と2次QE予測企業収益は持ち直し/GDP2次速報はわずかに上方修正と予想サマリー◆2013年1-3月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+6.0%となり5四半期連続の増益となった。売上高は同▲5.8%と4四半期連続の減収となっており、低水準での推移が続いているものの、変動費の減少や、人件費を中心とした固定費の削減が経常利益の押し上げに寄与した格好。企業収益動向を季節調整値で

2013年2月1日日本総研フィードバック数:22社会/政治海外

中国の地方GDP統計の信頼性

中国の地方GDP統計の信頼性

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ