「GHG排出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年11月12日WWFフィードバック数:0ビジネス

企業の温暖化対策ランキング第8弾『運輸業』

あなたの支援が必要です!1年間その支援を継続すると…南米のチリで海の大切さを伝え、地域の人たちにも その保全に参加してもらう普及活動を 1回実施できます。 1年間、その支援を継続すると…ロシアでケガをしたトラを 野生復帰させるためのリハビリ活動を 6日間、支えることができます。 1年間、その支援を継続すると…スマトラの熱帯林で、 違法伐採や野生動物の密猟を防ぐパトロールを 14日間、支えることができます。 毎月この金額を一年ご寄付頂くと…南米のチリで海の大切さを伝え、地域の人たちにも その保全に

増加する石炭火力発電所が日本の中長期削減目標に与える影響

増加する石炭火力発電所が日本の中長期削減目標に与える影響 <要旨>本稿では、現在公表されている18 GWにおよぶ石炭火力発電の新規建設及び更新(以下、設備追加)計画が日本の温暖化対策に関する中期目標(2030年目標)及び長期目標(2050年目標)に与える影響について分析した。加えて、これらの目標の達成に向けて電力業界全体の実効性のある取組が講じられた際の、石炭火力発電設備に対する経済的リスクについて考察した。中期目標(2030年目標)の国際的評価と石炭火力発電の設備追加計画が与える影響2015年

2015年1月30日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温暖化、温室効果ガスについてのレポートです。

国際環境協力で進める地球温暖化対策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 国際環境協力で進める地球温暖化対策環境エネルギー技術で地球全体のGHG排出量削減に貢献 ◆ベースラインシナリオでは、世界全体の温室効果ガス(GHG)の排出量は燃料燃焼等起源の二酸化炭素の増加によって今後も大きく増加していくことが予測されている。地球温暖化をこのまま放置すれば、我々の日常生活や経済活動の広い範囲が不可逆的で非常に厳しい状況に陥る可能性があると指摘されている。日本も世界で5番目にGHG排出

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ