「ICT」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年5月15日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

あなたのスマホに防災アプリ入っていますか~驚きの結果!最もインストールしていたのはシニア層~

通信業界の直接の利害を離れ自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする研究所です。防災・減災に向けたICT利活用の検討No.4調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~ あなたのスマホに防災アプリ入っていますか~驚きの結果!最もインストールしていたのはシニア層~防災に関するスマホ用アプリのインストール状況を調査。調査の結果は、以下の通り。防災アプリをインストールしている人は3人に1人「防災意識」「年代」「

2018年1月16日NTTドコモフィードバック数:0デジタル家電

シニアのICT利活用生活の検討No.13

通信業界の直接の利害を離れ自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする研究所です。シニアのICT利活用生活の検討No.13調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~ シニアがスマホを習得した手段 男性「自分で解決」女性「人に教えてもらった」~スマホを習得した手段を分析した結果、男女で大きく異なった~2017年1月現在、シニアの36%がスマホを持っている。ではどのような手法でスマホを習得したのか調査し、どん

2017年12月12日NTTドコモフィードバック数:0社会/政治

シニアのICT利活用生活の検討No.12

アクセスが集中しているか、サーバメンテナンス中です。しばらく経ってから再度アクセスしてください。時間をおいてもアクセスできない場合には以下をお試しください。・URLに誤りがないか確認する・トップページから再度アクセスする・ブラウザ、または端末を再起動する

2017年11月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望 ニュースリリース2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望~ 「ソフトウェアがすべてを飲み込む」デジタル変革時代の企業と社会の構造変化 ~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、このほど2023年度までのICT(情報通信技術)・メディア関連の主要5市場(デバイス/ネットワーク/コンテンツ/プラットフォーム/xTech※1)について、国内および一部に関しては世界

2017年10月5日マイクロソフトフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

教育 ICT リサーチ 2017

次期学習指導要領の実施まであとわずかになりました。次期学習指導要領ではプログラミング教育の必修化やデジタル教科書の導入などが検討されているため、各自治体においては、普通教室でコンピュータ端末を利用するための環境をいち早く実現することが求められます。また、文部科学省からは「ICT 環境整備に関するまとめ」や「教育情報セキュリティポリシーに関するガイトライン案」などの重要な指針が矢継ぎ早に発表されており、そこでは、校務系のネットワークを含む総合的な観点での ICT 環境整備の検討と推進が求められて

2017年6月20日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.8

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.8シニアの買い物事情 2割強がネットショッピング・宅配サービスを利用高齢者の買い物弱者が社会的課題として顕在化してきた中で、モバイル社会研究所ではシニアの買い物事情の実態を調査した。その結果、以下の事項が判明した。実店舗以外(宅配・ネット・TV)の買い物をおこなっているシニアは45%。「交通の便」「商品の充実」がお店を選ぶ理由として高い。 若い世代と比較すると「付加価値」が高く、「価格の安さ」は低い傾向(下記図参照)。ネットショッピング利用者と関係が

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.5

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.53割のシニアがSNSを使い自ら情報発信する事に関心あり〜趣味との深い関係「写真」「美術」が鍵SNSを使い、自ら情報を発信しているシニアはいったいどれ程いるであろうか。また、今はおこなっていなくても、興味がある人はどれくらいいるのか。 シニアを対象とした調査の結果、現在発信をおこなっているのは約1割、今は使っていないが、今後使ってみたいと意向を表したシニアは2割弱存在し、合わせて3割弱が関心を持っていることが判明した。男女別にみると利用している割合に

2016年11月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2022年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

2022年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

ICT投資の経済効果、一般投資の2倍に!

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2016年3月25日ICT投資の経済効果、一般投資の2倍に!・2014年度GDP統計確報を反映して本研究所のマクロモデルを再推定・ICT関連の設備投資によるGDPの押し上げ効果(乗数効果)は、ICT以外の設備投資と比べると2倍・足元の経済減速を織り込み、昨年12月公表分から経済見通しを下方修正 (株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞藤 務)は、情報通信(以下、

2015~2018年度経済見通し

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年12月18日2015~2018年度経済見通し 実質経済成長率:2015年度1.0%、2016年度1.6%、2017年度0.0%、2018年度1.3%を予測(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握する一環として、篠﨑彰彦・九州大学教授、飯塚信夫・神奈川大学教授の監修のもと、内生変数75、

2015年11月11日ファーウェイフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

デジタル・イネーブルメント(Digital Enablement)

By building more than 1,500 networks in 170 countries, Huawei has brought affordable Internet connections as well as smart phones and enterprise services to people across diverse economies, and helped provide more than a third of the world’s populati

2015年5月28日経済産業研究所フィードバック数:0企業情報システム

企業組織、情報通信で変化

企業組織、情報通信で変化鶴 光太郎 プログラムディレクター・ファカルティフェロー企業組織のあり方を考える際、その構成員に企業の目標に向かって努力させるためどのような誘因を与えるかとともに、企業にとって重要な意思決定をどのレベルで行うかというのは古くて新しい問題である。つまり、最高経営責任者(CEO)に近いレベルで意思決定する「集権化」と、現場の従業員に近いレベルで意思決定する「分権化」のいずれが望ましいかという議論である。 ◆◆◆特に、過去四半世紀の間では情報通信技術(ICT)が企業の意思決定に

2015年4月22日富士通フィードバック数:0企業情報システム

グローバル市場開拓におけるインクルーシブビジネスの活用 ―ICT企業のインクルーシブビジネスモデルの構築―

グローバル市場開拓におけるインクルーシブビジネスの活用 ―ICT企業のインクルーシブビジネスモデルの構築―上席主任研究員 生田 孝史、上級研究員 大屋 智浩、上級研究員 加藤 望2015年4月要旨年収3,000ドル未満の低所得者(BOP)層は世界全体で45億人を超え、5兆ドル規模の購買力は新興・途上国市場の消費支出総額の52%を占める。新たな市場開拓のために、BOP層を、購買対象とするだけでなく、包括的にバリューチェーンに取り込みながら継続的な利益を目指すインクルーシブビジネスの構築が注目されて

2015年3月10日南都経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

ICT投資についてのレポートです。

中小企業のICTによる経営改革

中小企業のICTによる経営改革

ICT関連分野の市場動向-2014年9月の動向

ICT関連分野の市場動向−2014年9月の動向(株)情報通信総合研究所マーケティング・ソリューション研究グループ研究員 鷲尾 哲 2014年9月のICT関連分野の市場動向について、経済産業省が毎月公表している「特定サービス産業動態統計調査」と「生産動態統計調査」を元に整理した。 図表1はICT関連市場を法人向けサービス(売上高)、消費者向けコンテンツ(売上高)、プラットフォーム(売上高)、端末(生産額)の4つのレイヤに大別して動向を表したものである。これを見ると消費増税以降、減少幅が拡大し続け

2014~2017年度経済見通し

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2014年12月19日2014~2017年度経済見通し -実質経済成長率:2014年度▲0.7%、2015年度1.7%、2016年度1.8%、2017年度0.0%を予測-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握する一環として、篠﨑彰彦・九州大学教授、飯塚信夫・神奈川大学教授の監修のもと、内生変数

2014年11月26日ITUフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

ITU releases annual global ICT data & ICT Development Index country rankings

-->ITU releases annual global ICT dataand ICT Development Index country rankingsDenmark ranks in first place in global ICT Development Index (IDI)Geneva, 24 November 2014–Over three billion people arenow online and information and communication techn

2014年11月18日エリクソンフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

Networked Society City Index 2014

{ Markettagged:True , MatchedLanguageCode:True }The 2014 edition of the Networked Society City Index examines and ranks 40 cities from around the world, looking at their performance, challenges and opportunities in terms of ICT, sustainability and de

市場データです。

ICT関連分野の市場動向-2014年8月の動向

ICT関連分野の市場動向−2014年8月の動向(株)情報通信総合研究所マーケティング・ソリューション研究グループ研究員 鷲尾 哲 2014年8月のICT関連分野の市場動向について、経済産業省が毎月公表している「特定サービス産業動態統計調査」と「生産動態統計調査」を元に整理した。図表1はICT関連市場を法人向けサービス(売上高)、消費者向けコンテンツ(売上高)、プラットフォーム(売上高)、端末(生産額)の4つのレイヤに大別して動向を表したものである。これを見ると、端末が減少の一途をたどってい

情報通信白書についての記事です。

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(後編)--地球規模での共通化進む

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(後編)--地球規模での共通化進む 田島逸郎 2014年10月23日 07時30分 クリップした記事をMyページから読むことができます Here's my content現代のICTは生活や仕事をどう変えるのか 総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版を解説する本記事、後編ではますます社会や生活に浸透するICTの現在について取り扱う。スマートフォンやタブレットの現状 スマートフォン、タブレットなどが普及して久しいが、これらはライフス

ICT関連分野の市場動向-2014年7月の動向

ICT関連分野の市場動向−2014年7月の動向(株)情報通信総合研究所マーケティング・ソリューション研究グループ研究員 鷲尾 哲 2014年7月のICT関連分野の市場動向について、経済産業省が毎月公表している「特定サービス産業動態統計調査」と「生産動態統計調査」を元に整理した。 図表1はICT関連市場を法人向けサービス(売上高)、消費者向けコンテンツ(売上高)、プラットフォーム(売上高)、端末(生産額)の4つのレイヤに大別して動向を表したものである。これを見ると、すべてのレイヤで6月と比較

2014年9月19日大和総研フィードバック数:0ビジネス

成長戦略とイノベーション経営

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>イノベーション経営 成長戦略とイノベーション経営ビッグデータの活用によるサービス産業のICT化が鍵 2014年9月19日コンサルティング・ソリューション第三部 主席コンサルタント 中野 充弘◆安倍内閣は6月に成長戦略第二弾(「日本再興戦略」改定2014)を発表した。そこでの重点項目にイノベーションを挙げている。「最大のポイントは、企業経営者や国民の一人一人

ICT関連分野の市場動向-消費増税後の動き

ICT関連分野の市場動向−消費増税後の動き(株)情報通信総合研究所 マーケティング・ソリューション研究グループ研究員 鷲尾 哲 2014年4月の消費増税(5%から8%)により、2014年4−6月期の実質消費支出は前年同期比で−1.6%(ICT関連実質消費支出は前年同期比で−5.5%)と落ち込んだ。しかしながらすべての市場が縮小したわけではない。今回はICT関連分野の市場動向について、経済産業省が毎月公表している「特定サービス産業動態統計調査」と「生産動態統計調査」を元に整理した。 図表1はI

2014年8月31日総務省★フィードバック数:0企業情報システム

総務省のレポートです。

ICT新事業創出推進会議報告書

報道資料「ICT新事業創出推進会議報告書」の公表 総務省は、M2M、ビッグデータ、クラウド、次世代ブラウザ、4K・8Kなどの技術基盤の融合によって可能となる新事業の将来像と、その促進方策、その中での行政の役割について検討することを目的として、平成25年12月より「ICT新事業創出推進会議」(座長:三友仁志 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)を立ち上げ、学識経験者、通信・放送事業者、ベンダー事業者、コンテンツ関係事業者など各分野の中枢を担う有識者24名で、計11回の会合を開催してきました。今

2014年8月31日文部科学省★フィードバック数:0キャリアとスキル

文科省のレポートです。

「ICTを活用した教育の推進に関する懇談会」報告書(中間まとめ)

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成26年度の報道発表 > 「ICTを活用した教育の推進に関する懇談会」報告書(中間まとめ)の公表について 「ICTを活用した教育の推進に関する懇談会」報告書(中間まとめ)の公表について平成26年8月29日 お問合せ先生涯学習政策局情報教育課教育情報施策調整係 電話番号:03-5253-4111(内線2085)、03-6734-2085(直通)PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 Adobe

2014年8月10日文部科学省★★フィードバック数:0ライフスタイル

学校の情報化についての調査です。

平成25年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果【速報値】

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 教育の情報化の推進 > 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果 > 平成25年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果 平成25年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果 調査概要(1)調査項目学校におけるICT環境の整備状況 教員のICT活用指導力※ICT(Information and Communication Technology : コンピュータやインターネットなどの情報通信技術)(2)調査対象

消費のICT化を考える 家計消費支出におけるインターネットを利用した支出動向について―総務省家計消費状況調査データを用いて―

消費のICT化を考える家計消費支出におけるインターネットを利用した支出動向について―総務省家計消費状況調査データを用いて― (株)情報通信総合研究所マーケティング・ソリューション研究グループ主席研究員 野口正人 一昔前はパソコン、今はスマホ、タブレットを用いた消費活動が順調に伸びている。書籍、洋服、食品、デジタルコンテンツ、情報サービス等々、消費行動においてICTがかかわる場面が広がっている。総務省が毎月発表している家計消費状況調査(※1)にはインターネットを利用した支出総額が掲載されており

2014年8月7日総務省フィードバック数:0企業情報システム

ICT分野の革新が我が国社会経済システムに及ぼすインパクトに係る調査研究

ICT分野の革新が我が国社会経済システムに及ぼすインパクトに係る調査研究

2014年8月7日総務省フィードバック数:0企業情報システム

ICTの経済分析に関する調査(平成24年度)

ICTの経済分析に関する調査(平成24年度)

2014年8月7日総務省フィードバック数:0企業情報システム

地域におけるICT利活用の現状等に関する調査研究

地域におけるICT利活用の現状等に関する調査研究

2014年7月21日総務省★★★フィードバック数:0エンタテインメント

ゲーム産業についてのレポートです。

ICT新興分野の国際展開と展望に関する 調査研究 報告書

ICT新興分野の国際展開と展望に関する 調査研究 報告書

2014年7月21日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

子どものICT利活用能力に係る保護者の意識に関する調査

子どものICT利活用能力に係る保護者の意識に関する調査

ICT関連設備投資-5月の変調?:マイナスに落ち込んだ機械受注(民需)

ICT関連設備投資−5月の変調?:マイナスに落ち込んだ機械受注(民需)(株)情報通信総合研究所 マーケティング・ソリューション研究グループ主席研究員 野口正人 ICT関連経済の各指標も5月の数字が出そろった。全体は次回に触れるとして、今回は新聞でも大きく取り上げられた機械受注(民需)についてICT関連経済の状況を確認しよう。機械受注(民需)は、設備投資の先行指標として注目される。ICT関連経済では、それを設備投資の代理指標として見ているわけだが、その数字がどうなったか。ICT関連設備投資は対

2014年7月15日総務省★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

白書です。

平成26年「情報通信に関する現状報告」(平成26年版情報通信白書)

報道資料平成26年「情報通信に関する現状報告」(平成26年版情報通信白書)の公表 総務省は本日、平成26年「情報通信に関する現状報告」(平成26年版情報通信白書)を公表しました。情報通信白書は、我が国の情報通信の現況及び情報通信の政策の動向について、国民の理解を得ることを目的として、総務省が昭和48年から毎年作成しており、今回で42回目となります。今回の白書では、特集テーマを「ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト」とし、ICTの全世界的かつ生活のあらゆる局面での浸透と、それに伴う不可逆的

2014年7月6日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内と諸外国における公衆無線LANの提供状況及び訪日外国人旅行者のICTサービスに関するニーズの調査研究 日本及び諸外国の公衆無線LANサービスの提供状況概況<概要版>

国内と諸外国における公衆無線LANの提供状況及び訪日外国人旅行者のICTサービスに関するニーズの調査研究 日本及び諸外国の公衆無線LANサービスの提供状況概況<概要版>

2014年7月6日総務省フィードバック数:0マーケティング

子どものICT利活用能力の取得・向上に関する保護者の意識に関する調査研究

子どものICT利活用能力の取得・向上に関する保護者の意識に関する調査研究

2014年6月30日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

MM総研大賞2014

「MM総研大賞2014」審査結果のお知らせ ―スマート社会を支える製品・サービスを表彰、第11回目― 2014年06月30日■「大賞」は新電力エネットの法人向けデマンドレスポンスサービス『EnneSmart』 ■「スマートソリューション部門」の部門賞はNTTコミュニケーションズ、日本通信、NTT東日本、NEC、本田技研工業、NTT BP、エネット(※大賞と同時受賞) ■「話題賞」にはトヨタ自動車『i-ROAD』、ぐるなびの『ぐるなびPRO認証システム3.0』、サムスン電子ジャパン『GALAXY

2014年5月28日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

郊外・環境配慮型データセンターの取組み

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs郊外・環境配慮型データセンターの取組み ここから本文です郊外・環境配慮型データセンターの取組みサマリー◆情報通信産業は我が国の大きな産業であり、ICTを活用した情報システムは社会にとって必要不可欠なものとなっている。情報システムの中心を成す基盤となるデータセンターに、近年、取り巻く環境の変化が見られている。◆これまでデータセンターは東京圏に一極集中して設置されていたが、東日本大震災以降、データセンターは重要な社会インフラであることが再認識

2014年4月13日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

ビッグデータの活用についてのレポートです。

「情報通信技術を活用した公共交通活性化に関する調査」報告書

「情報通信技術を活用した公共交通活性化に関する調査」報告書について 平成26年4月11日 情報通信技術(ICT)機器の進化やGPSの普及を踏まえ、ICTにより収集するデータ(ビッグデータ)やICT機器の活用の可能性や課題について調査・検討し、公共交通の活性化や新たな公共交通サービスの創出、インバウンド観光等の分野で活用を図っていくことを目的として、平成25年10月に検討委員会(座長:筑波大学大学院 石田東生教授)を設置し、検討を進めてきました。今般、3ヶ年の調査の初年度にあたる平成25年度の調

2014年3月28日国土交通省★フィードバック数:0キャリアとスキル

テレワークの実態です。

平成25年度テレワーク人口実態調査

「平成25年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要の公表について 平成26年3月28日 国土交通省では、この度、テレワークの実施状況やテレワーカーの意識・実態などについて調査した「平成25年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要をとりまとめました。調査の主な結果は以下のとおりであり、調査結果の概要は別添のとおりです。 1.テレワーカー率・テレワーカー数等の推計結果  ■テレワーカー率○在宅型テレワーカー率*1は11.1%(前年比3.1ポイント減) (P5参照)○狭義テレワーカー率*

2014年3月19日Arbor Networksフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インシデント対応への取り組みに関する調査

[アーバーネットワークス株式会社] ,セキュリティ ネットワーク・セキュリティ ICT ネットワーク DDoS

情報通信技術(ICT)の利活用状況及び観光情報発信に関する実態調査

情報通信技術(ICT)の利活用状況及び観光情報発信に関する実態調査

2013年10月29日文部科学省フィードバック数:0社会/政治

平成24年度「ICTを活用した防災教育に資する教材の開発・普及のための調査研究」に関する成果報告書

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 教育の情報化の推進 > 平成24年度「ICTを活用した防災教育に資する教材の開発・普及のための調査研究」に関する成果報告書 平成24年度「ICTを活用した防災教育に資する教材の開発・普及のための調査研究」に関する成果報告書  平成24年度「ICTを活用した防災教育に資する教材の開発・普及のための調査研究」では、全国の学校及び地域における防災教育の効果的な実施のため、ICTを活用した教育用教材を開発する際のポイントについて調査・分析を行

2013年9月18日文部科学省★フィードバック数:0企業情報システム

学校のITについての調査です。

平成24年度学校における教育の情報化の実施等に関する調査

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成25年度の報道発表 > 平成24年度学校における教育の情報化の実施等に関する調査結果 平成24年度学校における教育の情報化の実施等に関する調査結果平成25年9月17日 1.調査概要調査概要(1)調査項目学校におけるICT環境の整備状況 教員のICT活用指導力※ICT(Information and Communication Technology : コンピュータやインターネットなどの情報通信技術)(2)調査対象全国の全公立学校(

2013年7月16日総務省★フィードバック数:29企業情報システム

情報通信白書です。

平成25年「情報通信に関する現状報告」(平成25年版情報通信白書)

報道資料平成25年「情報通信に関する現状報告」(平成25年版情報通信白書)の公表総務省は本日、平成25年「情報通信に関する現状報告」(平成25年版情報通信白書)を公表しました。情報通信白書は、我が国の情報通信の現況及び情報通信の政策の動向について、国民の理解を得ることを目的として、総務省が昭和48年から毎年作成しており、今回で41回目となります。今回の白書では、特集テーマを「『スマートICT』の戦略的活用でいかに日本に元気と成長をもたらすか」とし、ICTの最新トレンド、あるいはICT産業の国際展

2013年4月9日日本政策投資銀行フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国IHNからみる地域包括ケア(医療・介護連携)の取り組み~医療ICTの活用による遠隔医療・在宅サービス拡充の可能性~

米国IHNからみる地域包括ケア(医療・介護連携)の取り組み~医療ICTの活用による遠隔医療・在宅サービス拡充の可能性~

2013年4月4日国土交通省★★フィードバック数:11キャリアとスキル

テレワークについての実態調査です。

「平成24年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要

「平成24年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要 平成25年4月3日 国土交通省では、この度、テレワークの実施状況やテレワーカーの意識・実態などについて調査した「平成24年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要をとりまとめました。調査結果の主なポイントは、以下のとおりであり、調査結果の概要は別添のとおりです。(1)テレワーカー率・テレワーカー数の推移1)テレワーカー率の推移○在宅型テレワーカー率*1は14.2%、狭義テレワーカー率*2は21.3%・在宅型テレワーカー率は、2011年か

2012年10月15日ITU★フィードバック数:169セキュリティ/ネットワーク海外

世界のICTランキングです。

ITU releases latest global technology development figures

Geneva, 11 October 2012 — New figures released today by ITU show that information and communication technology (ICT) uptake continues to grow worldwide, spurred by a steady fall in the price of telephone and broadband Internet services.The new data,

2012年10月5日NTTデータ経営研究所★★フィードバック数:18ビジネス

会議の生産性やITの活用についてのまとまった調査です。

「会議の革新とワークスタイル」に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報を

2012年7月9日ITR★フィードバック数:15企業情報システム

クラウドの利用についての調査です。

クラウド/アウトソーシングに関する動向調査

ITアウトソーシングの推進を計画する国内企業の9割が“クラウドを重視” 理想の形態は「自在性と拡張性を備えたプライベート・クラウド」― ITRがクラウド/アウトソーシングに関する動向調査の結果を発表 ―2012年7月9日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業の情報システム部門/経営企画部門の所属者を対象に実施した「クラウド/ICTアウトソーシング動向調査2012」の結果を発表いたします。本調査では、進境著しいクラウドサービスを、中堅

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ