「IMF」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

IMF『世界経済見通し』は大幅下方修正

商品の特徴、投資信託の基準価額、分配金、運用状況、販売会社の一覧などを掲載しています。 専門家の分析によるマーケットレポートや、世界各国の株式・為替など最新市場動向を掲載しています。 <今日のキーワード>国際通貨基金(IMF)は『世界経済見通し』(World Economic Outlook)として中期的な予測を通常は4月と10月に発表し、1月と7月にアップデート版を発表していますが、今回は6月に前倒しになりました。IMFは新型コロナウイルス感染拡大

2015年4月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスはどの程度包括的か

アベノミクスはどの程度包括的か過去2年間、日本はデフレ脱却と経済再生を目指し、野心的ないわゆるアベノミクスに取り組んでいる。一方、世界中の政策立案者や研究者は格差について議論している。本稿では、成長と所得分配双方を考慮した指標を用いて、アベノミクスが包括的な成長に与える影響について評価する研究を紹介したい。我々の分析の主要な政策的含意は、日本において成長を促進し格差を縮小するためには、構造改革の本格的な実施が必要であるということである。 日本も、先進国で近年拡大しつつある格差と無縁ではない。事例

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱

総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱総選挙後のギリシャ-政権交代≠ユーロ離脱 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月25日のギリシャの総選挙は、政府債務の削減、緊縮財政路線の修正を掲げた「急進左派連合(SYRIZA)」の

IMFの世界経済見通し~世界の成長率予測は下方修正も2015年にかけて成長は加速

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月8日IMFの世界経済見通し~世界の成長率予測は下方修正も2015年にかけて成長は加速 IMF(国際通貨基金)は10月7日に最新の世界経済見通しを発表し、先進国において過剰債務などの世界金融危機の影響がいまだ継続していることや、一部の新興国において潜在成長率が低下していることを受けて、2014年の世界の成長率予測を3.3%に下方修正しました。2015年の世界の成長率予測についても下方修正したものの、3.8%に加速していくとし

先進国の中でも高い成長が見込まれる英国

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月18日15日に発表された、英国の4-6月期のGDP成長率(改定値)は前年同期比+3.2%と、2007年10-12月期以来の高い伸びとなりました。同国では、2013年以降、景気回復が順調に進んでおり、IMF(国際通貨基金)のGDP成長率予想は、2014年:前年比+3.2%、15年:+2.7%と、先進国の中でも高いものとなっています。こうした高い成長の主な牽引役は、個人消費です。IMFは、堅調な個人消費の主な背景として、世界的な金

2014年8月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年8月)成長パフォーマンスの乖離は明確化へ

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年8月)成長パフォーマンスの乖離は明確化へ ここから本文です新興国マンスリー(2014年8月)成長パフォーマンスの乖離は明確化へ~米欧主導の景気拡大を、どう活かすか~サマリー◆IMFの世界経済見通し(改訂版)では、2014年の世界全体の成長見通しが下方修正されたものの、米・欧主導型で2015年に向けて回復の度を強めるというシナリオは維持された。新興国ではロシア、メキシコ、南ア、ブラジルの成長見通しが大きく下方修正されている。◆米国の景

IMFの世界経済見通し~2015年にかけての成長加速見通しは変わらず

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月25日IMFの世界経済見通し~2015年にかけての成長加速見通しは変わらず IMF(国際通貨基金)は7月24日に最新の世界経済見通しを発表し、2014年の世界の成長率予測を3.4%に下方修正しました。下方修正の要因としては、寒波の影響に伴なう米国景気の落ち込みや、中国など主要新興国の成長鈍化が挙げられています。しかし、米国景気の落ち込みは一時的なものであることに加え、中国などでは景気下支え策が打たれていることなどから、201

2014年5月9日財務省フィードバック数:0社会/政治

外貨準備等の状況(平成26年4月末現在)

外貨準備等の状況(平成26年4月末現在)平成26年4月末における我が国の外貨準備高は、1,282,822百万ドルとなり、平成26年3月末と比べ、3,476百万ドル増加した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は46,788百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)2014年4月9日IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引 IMF(国際通貨基金)は4月8日に最新の世界経済見通しを発表し、2014年の世界の成長率予測を3.6%、2015年の予測を3.9%と前回1月時点の予測からそれぞれ0.1ポイント引き下げました。先進国の生産活動は上向くものの、新興国では一部の国で金融情勢の逼迫化から成長が鈍化する可能性があるほか、ウクライナ情勢の緊迫化が成長の重石となることを理由としています。先進国

2014年1月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界との繋がりを示す国際収支統計

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!世界との繋がりを示す国際収支統計 ここから本文です世界との繋がりを示す国際収支統計アメリカ経済を知る! 第9回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー国際収支統計とは、一定期間における国の国際取引を記録した統計です。言わば複式簿記のようなものであり、国際収支統計によって、個人や企業、政府機関を含めた、一国と他国との投資や財・サービスの取引が分かります。国際収支統計は、国際通貨基金(IMF:Internation

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ