「IT技術」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019

「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019」発表8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ ・8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ・住民参画の手法の課題は「参加者の年代の偏り」(8割)、「参加人数の確保」(6割)・過半数の市町で18歳未満の住民が地域への意見表出する場がなく、意見収集が困難 2019年7月8日有限責任監査法人トーマツ(東京都千代田区、包括代表 國井泰成、以下トーマツ)は、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、岩田崇氏

2019年3月28日VSNフィードバック数:0企業情報システム

IT技術動向に関する調査

人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループのグループ会社で、エンジニア人財サービスを提供する株式会社VSN(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、当社の取引先企業を対象に、「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する動向調査」を実施し、需要の高まりが見込まれる技術が明らかになりました。 今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?調査結果今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?【OS・サーバ・ストレージ・データベース】昨年の調査結果に引き続き、

2018年2月5日VSNフィードバック数:0企業情報システム

IT技術動向に関する調査

人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、IT技術者を対象に、「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する動向調査」を実施。計253名から回答を得ました。 今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?調査結果今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?【OS・サーバ・ストレージ・データベース】AWSが昨年に続いて最も高い結果に。上位の結果に目立った変化はありませんが「ストレージ仮想化」は昨年と比較すると大きく下回る結果となってい

2015年2月5日VSNフィードバック数:0企業情報システム

IT技術に関する動向調査

技術者派遣サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、IT技術者を対象に、「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する動向調査」を実施。約200名から回答を得ました。 今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?調査概要調査方法インターネット調査、他 調査地域全国 調査対象当社クライアント 有効回答数合計200サンプル 調査結果今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?OS・サーバ・ストレージ・データベース「仮想化」「クラウド」に関す

2014年12月18日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

転職活動期間に関する調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 『転職活動期間に関する調査』 3ヶ月以内に転職活動が終わる方の割合は、 20代は9割、30代は8割、40代は6割、50代は3割に ー「エン転職コンサルタント」コンサルタントアンケート集計結果ー 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『エン転職コンサルタント』()上で、転職コンサルタント130名を対象に「転職活動期間」についてアンケート調

2014年9月23日日経BPフィードバック数:0キャリアとスキル

IT技術者不足が招くデスマーチと負のスパイラル

総合トップIT経営記者の眼IT技術者不足が招くデスマーチと負のスパイラル 2014/09/22 00:00 IT技術者不足が招くデスマーチと負のスパイラル  2015~2017年に構築した情報システムが、障害やセキュリティインシデントを頻発させる――。その根底には、IT業界の人手不足という問題が流れている。筆者は2014年7月に実施したアンケートの結果から、こうした懸念を強くしている。 人手不足は既に日本全体の問題だ。厚生労働省が2014年9月10日に発表した「労働経済動向調査」によると正社員

2012年8月23日IPA★★フィードバック数:67セキュリティ/ネットワーク

パーソナル情報を活用するサービスやその保護についての調査です。

パーソナル情報保護とIT技術の調査

「パーソナル情報保護とIT技術の調査」報告書の公開掲載日 2012年8月23日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター  ビッグデータ時代の到来の中、サイバー空間で増大するパーソナル情報(*)を活用した新たな市場の可能性が期待される一方で、利用者の個人情報の悪用等に対する不安や、プライバシーが侵される事への懸念が高まっています。また、先端的なデータマイニング技術により分散した断片的なパーソナル情報から個人が特定されるなど、個人情報保護法における個人情報の定義が、IT技術に十分に

2011年7月14日日経BP★フィードバック数:67マーケティング

エンジニアの1/4がFacebookだそうです。

IT技術者の4分の1がFacebookを利用

IT技術者の4分の1がFacebookを利用

2009年1月5日日経BP★フィードバック数:1キャリアとスキル

やはり職種によって大きく異なります。

IT技術者に決算書の知識はどのくらい必要?

IT技術者に決算書の知識はどのくらい必要?

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ