「IT投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月27日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

中堅・中小企業のIT投資に影響を与えるビジネス環境の変化

中堅・中小企業のIT投資に影響を与えるビジネス環境の変化

2016年1月11日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITR White Paper:2016年に注目すべき10のIT戦略テーマ ~「攻めのIT」と「守りのIT」~

ホワイトペーパー2016年に注目すべき10のIT戦略テーマ ~「攻めのIT」と「守りのIT」~執筆者: 金谷 敏尊 | 発行号: 2016-01ITRでは、毎年行っているIT投資動向調査の結果、クライアント企業から受ける質問や依頼されるブリーフィングの内容、および各種のITプロジェクト支援の成果を加味し、多くの大手企業にとって重要と考えるIT戦略テーマを選定している。本稿では、2016年に向けてITRが抽出した10の戦略テーマの概要、予測およびキーワードを提示する。中期IT戦略や次年度のIT投資

2015年4月13日大和総研★フィードバック数:0企業情報システム

農業とIT、IoTについてのレポートです。

日本の農業の効率性改善の鍵はIT

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融ビジネス・金融IT日本の農業の効率性改善の鍵はIT ここから本文です日本の農業の効率性改善の鍵はITIoT時代のIT投資と「稼ぐ力」:農業分野サマリー◆世界上位国と比較すると、日本は農業従事者1人あたりの農用地が小さく、1人あたりの農業GDPも少ない。また、日本において生産額の大きい品目であっても、世界の水準と比較すると必ずしも生産性が高いわけではない。高齢化で従事者数が減少していくとみられる日本で農業の労働生産性を向上させるには、農産物の付加価値を高め

2015年3月20日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大和総研のレポートです。

IoT時代のIT投資と「稼ぐ力」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆コンピュータの計算処理能力、記憶容量、無線を含めた情報通信網の拡大・高速化や端末の小型化といったITの進化が続いている。IoTやビッグデータといったITを活用したコンセプトは、これまでのビジネスを変革する可能性を秘めており、さまざまな産業分野での応用が期待されている。◆米国のIT投資額は2012年で約4,426億ドルであり、民間企業設備投資に占める割合は約39%に及ぶ。米国政府もITを活用することを

2015年2月24日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

JEITAの調査です。

国内企業における「攻めのIT投資」実態調査

平成27年 2月23日 一般社団法人 電子情報技術産業協会JEITA、国内企業における「攻めのIT投資」実態調査を実施 〜 攻めのIT投資を42%の企業が実施。その効果と成功の要件が明らかに 〜●「攻めのIT投資」に「極めて積極的」な企業が約14%、「積極的」な企業が28% ● 「攻めのIT投資」を行った企業の半数以上が売上、利益ともに増加 ● 成功要因はトップのリーダーシップ、IT投資の見える化、ITガバナンス、利用部門がIT投資へ関与 ● 「守りのIT投資」の企業でも、より積極的なIT投資の

2020年までにIT需要が急増へ

A.T.カーニー 戦略ITプラクティス 監訳:東京オフィス プリンシパル 安茂 義洋2014-08-14 07:30 クリップした記事をMyページから読むことができますHere's my content  デジタル化はビジネスの世界を一変させた。今や、商品の売買から事務・契約手続き、決済に至るまで、ビジネスのあらゆる場面にITが浸透しており、ITはビジネスの成長をもたらすエンジンとなる。 今日の企業にとって、ITは単なるツールにとどまらず、競争力の源泉となっている。例えば、eコマースにお

2014年3月18日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

IT導入の支援制度についての調査です。

2014年中堅・中小企業におけるIT投資支援制度の活用実態レポート

2014年中堅・中小企業におけるIT投資支援制度の活用実態レポート

2013年11月5日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

消費税増税とSMBのIT投資についてのアンケートです。

2013年消費税率改正が中堅・中小企業のIT投資に与える影響と対策に関する調査報告

2013年消費税率改正が中堅・中小企業のIT投資に与える影響と対策に関する調査報告

2013年8月15日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

Data Center & Reader's Choice 2013

クラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、モバイルコンピューティングなどのトレンドを支える新しい技術とアプリケーションは、コンピュータに対する需要を促進している。これらの需要は、IT部門のデータセンター戦略と購入判断にも影響を与えている。 米TechTargetでは、これらの技術に照準を合わせて「Data Center & Reader's Choice 2013」調査を行い、読者の向こう1年間の関心事と戦略を探った。関連記事「クラウド」「モバイル」に勢い、2013年のIT投資動向小規模企

2013年6月16日ノークリサーチ★★フィードバック数:8企業情報システム

SMBの調査です。

2013年版中堅・中小企業におけるIT投資の実態と展望に関する調査報告

2013年版中堅・中小企業におけるIT投資の実態と展望に関する調査報告

2013年3月30日経済産業研究所★フィードバック数:6企業情報システム

IT投資についての論文です。

日本企業におけるIT投資の効果:ミクロデータに基づく実証分析

日本企業におけるIT投資の効果:ミクロデータに基づく実証分析 金 榮愨(専修大学) /権 赫旭(ファカルティフェロー) 概要本稿は『情報処理実態調査』を『企業活動基本調査』に接続した企業レベルデータを用いて、日本企業におけるIT投資の動きとその効果を調べ、日本経済でIT化が進まなかった理由を探るために実証分析を行った。これらの分析により得られた結論は以下の通りである。(1)ITサービスの付加価値弾力性は17%から18%である。(2)日本企業におけるIT関連費用の付加価値弾力性は2000年代

2012年6月29日アイティメディア★フィードバック数:16企業情報システム

企業の情報系システムについての分析です。

企業のデータ分析力を支える3本柱

日本企業がデータ活用によってビジネスを活性化するために必要なものとは何だろうか。 前回は日米のIT投資を比較し、今後国内企業がビジネスを活性させるためのIT活用を行うには、これまでの基幹系システムから情報系システムに対する投資が鍵となると述べた。情報系システムをうまく活用するためには、ハードウェアなどのインフラもさることながら、ソフトウェアの活用が重要となるとも述べた。 今回は情報系システムに関する現状と、今後どのような対応をするべきかを考えてみたい。情報系システムの現状 アイ・ティ・アール(I

2011年12月15日日経BP★フィードバック数:9企業情報システム

日経コンピュータによるIT投資動向調査です。

「12年度のIT予算を増やす」が3割強

日経クロステック トップIT経営日経コンピュータReport「12年度のIT予算を増やす」が3割強 「12年度のIT予算を増やす」が3割強BCPとセキュリティが重点分野に 薄日は差すが、曇りがち――。2012年度のIT投資動向を天気予報で例えると、こうなるだろう。 日経コンピュータはユーザー企業のCIO(最高情報責任者)やシステム部長を対象に、「IT投資動向調査」を実施した。調査期間は2011年10月13日から10月30日、有効回答数は189である。「薄日」の根拠となるのが下の図だ。ユーザー企業

2011年9月13日アイティメディア★フィードバック数:18デジタル家電

TechTargetがタブレットについての調査結果を発表しました。

メイン用途はWeb閲覧? 米調査の企業58%が1年以内にタブレットを導入予定

タブレット端末がITの領域に進出したのは明らかだ。米TechTargetが読者を対象に実施した年次調査でも、タブレットの成長と普及はほとんど驚異的といえる状況が浮かび上がった。組織のIT部門は、将来的にノートPCを代替する端末として利用する可能性を視野に入れ、積極的にタブレットに先行投資し、信頼性の高いビジネスアプリケーションを探し求めている。関連記事IT投資はタブレット/スマートフォン、モバイルセキュリティに集中……しかし?米調査が示す、数年で急加速する企業のモバイル導入率タブレット端末のリス

2011年6月27日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRがJIPDECの調査について速報を発表しました。

「企業IT利活用動向調査」の速報

東日本大震災の影響により、国内企業の3分の1が今年度IT予算の見直しに着手 今後のIT投資意欲は弱含みも、プロジェクトの中止・停止は一部にとどまる ― 「企業IT利活用動向調査」の速報を発表 ―2011年6月27日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長:牧野力)からの依頼に基づき、国内企業500社を対象に実施した「企業IT利活用動向調査」の一部結果を本日、速報として発表いたします。 調査結

2011年2月22日アイティメディアフィードバック数:10企業情報システム

2011年のIT投資優先課題、ITインフラよりもアプリケーションへの支出再び

2010年は企業のIT投資が例年になく落ち込んだ。米国と欧州が1930年以来最悪の経済危機から脱出できなかったからだ。しかし2011年は一部で景気回復の兆しも見え、米TechTargetが実施した「2011 IT Priorities Survey」(2011年IT優先度調査)に協力した世界各国(今後重点調査を予定している中国を除く)の2300社の回答企業によると、2011年のIT投資は約2.8%増加する見込みだ。関連記事経営トップはだまされている? “見かけ上”IT投資成功の裏側「目的」と「時

2010年6月8日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向、決定権者に関する調査です。

徹底調査! 真の意思決定者は誰か - 徹底調査! 真の意思決定者は誰か

日経クロステック トップIT経営徹底調査! 真の意思決定者は誰か徹底調査! 真の意思決定者は誰か 徹底調査! 真の意思決定者は誰か 景気の先行きは見通せない状況が続いているが、「守り」から「攻め」に転じる準備を進める国内企業は着実に増えている。日経コンピュータと日経BPコンサルティングは、システムの利用企業(ユーザー企業)のCIO(最高情報責任者)やシステム部長といった情報化戦略のキーパーソンを対象に、四半期に1度「景況・IT投資動向調査」を実施している。最新の調査結果を基に、IT投資再開に向け

2010年2月16日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

ITproによるIT投資動向調査です。

景況・IT投資動向調査

日経クロステック トップIT経営250社徹底調査、2010年のIT投資動向をよむ250社徹底調査、2010年のIT投資動向をよむ 250社徹底調査、2010年のIT投資動向をよむ日経BPコンサルティング、目次康男=日経コンピュータ  2010年、IT投資動向の潮流が大きく変わりそうだ。各社は先が見えない経済状況を“常態”として受け入れ、IT投資をむやみに増やさずに、業績に直結する情報化を推進しようとしている。 日経コンピュータと日経BPコンサルティングは、システム・ユーザー企業のCIO(最高

2009年7月13日日経BP★フィードバック数:1企業情報システム

BPによる景気・IT投資に関する調査結果です。

景気は2010年1~3月に底を打つ

日経クロステック トップIT経営攻めのIT投資、7月から再開景気は2010年1~3月に底を打つ 景気は2010年1~3月に底を打つ「国内の景気後退が底を打つのはいつか」。調査に回答した480人の上場企業社長のうち61.9%が、「2010年1~3月」までに底を打つとみている。社長の68.9%は、景気後退が底を打つ半年前から準備したいと考えている。 時は満ちた。今こそ反転攻勢の“のろし”を上げ、景気回復を見据えたIT戦略を立案・実行し始めよう。攻勢に打って出るタイミングは、景気後退が底を打つ半年前。

2009年6月22日日経BP★フィードバック数:1企業情報システム

ガートナーによる調査結果のレビューです。

調査で判明、日本企業が抱えるIT投資の課題とは

日経クロステック トップIT経営経済危機下のITコスト削減策調査で判明、日本企業が抱えるIT投資の課題とは 調査で判明、日本企業が抱えるIT投資の課題とは片山 博之ガートナー ジャパン リサーチ ディレクター 景気の不透明感がぬぐえない現在、企業にとってコスト削減は切実な経営課題である。システム関係者は、ITにかかわるムダを排除すると同時に、ITを活用することで業務の効率化を図り、会社全体のコスト削減に寄与することが求められている。ここでは、企業がITコストやビジネス・コストの削減に取り組むため

2009年6月8日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

出荷数が減少していますが来年には回復するとのことです。

わが国におけるサ-バ・ワ-クステ-ションの平成20年度出荷実績

わが国におけるサ−バ・ワ−クステ−ションの平成20年度(平成20年4月〜平成21年3月)出荷実績 平成21年6月4日社団法人 電子情報技術産業協会サーバ事業委員会 平成20年度(平成20年4月〜平成21年3月)のサ−バ・ワ−クステ−ションの出荷実績は以下のとおりとなった。上半期は、メインフレ−ムが金額で前年同期を上回り、需要の中心であるIAサ−バも台数で前年同期を上回ったが、年度後半に発生した世界同時不況の影響によりサ−バ需要も急速に悪化し、下半期・年度では、サ−バ各機種で台数・金額とも

2009年5月19日サイボウズフィードバック数:0企業情報システム

全国中堅企業140社における「不況期のIT投資」調査レポート

全国中堅企業140社における「不況期のIT投資」調査レポート

2008年11月4日日経BPフィードバック数:1企業情報システム

2012年のIT投資の最重点は基幹系/情報漏洩対策/内部統制,ERPは新規でなく更新が主に

2012年のIT投資の最重点は基幹系/情報漏洩対策/内部統制,ERPは新規でなく更新が主に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ