「ITpro」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

iSRFの調査です。

第13回 全国スキル調査(2014年)

全国スキル調査 ITスキル研究フォーラム(iSRF)では、1年に1度(概ね夏季)Web上でスキル調査を実施しています。組織内でIT利活用に携わる方、DX推進に携わる方、情報システムやソフトウェア、各種デジタル技術の設計・開発・運用に携わるエンジニアやマネージャーの皆さんが無料で自由に参加できます。調査の診断結果から自分の強みと弱みを客観的に把握でき、今後のキャリアアップに役立てていただくことができます。また、企業においてもIT利活用を推進していくための基礎データとして活用していただけます。また、

2012年10月18日日経BPフィードバック数:1ビジネス

個人向けクラウドの業務利用、約6割は会社支給PCから

ActiveトップDATA&DATA個人向けクラウドの業務利用、約6割は会社支給PCから 個人向けクラウドの業務利用、約6割は会社支給PCから出典:日経コンピュータ 2012年9月27日号p.23 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります) オンラインストレージなどの個人向けクラウドサービスの業務利用実態が分かった。日経コンピュータがIT総合情報サイト「ITpro」の読者を対象に調査したところ、クラウドにアクセスする主な端末の1位は「個人所有のスマートフォン」(68.7%

2012年4月26日日経BPフィードバック数:77企業情報システム

スルガ銀-IBM判決、ITベンダーも4割は「妥当」

日経クロステック トップITシステム記者の眼スルガ銀-IBM判決、ITベンダーも4割は「妥当」 スルガ銀-IBM判決、ITベンダーも4割は「妥当」日本IBMに約74億円という巨額の賠償金支払いを命じた「スルガ銀-IBM裁判」の一審判決について、「妥当」と考える人は49%。「妥当でない」の31%を大きく上回った。ITpro上で行った読者アンケートの結果である。 調査は2012年4月12日から18日にかけて実施し、計1611人の回答を集計した。現時点で判決理由が公開されていないなど、判断材料が十分で

2010年1月19日日経BPフィードバック数:14企業情報システム

株誤発注裁判の判決に6割が疑問、ITpro緊急調査で判明

日経クロステック トップITシステム記者の眼株誤発注裁判の判決に6割が疑問、ITpro緊急調査で判明 株誤発注裁判の判決に6割が疑問、ITpro緊急調査で判明 回答者の57%が、みずほ証券と東京証券取引所の株誤発注裁判の一審判決に疑問を抱いている---。ITproの緊急調査で、このような結果が出た。調査は2009年12月21日から23日にかけて実施した(関連記事)。東証に約107億円の支払いを命じた2009年12月4日の一審判決について、どう思うかを聞いたものである。 今回の調査は回答期間がわず

2010年1月12日日経BPフィードバック数:6企業情報システム

スパコン 読者が「議論不十分」と仕分けた理由

日経クロステック トップITシステム国策スパコン、復活の意義を問う読者が「議論不十分」と仕分けた理由 読者が「議論不十分」と仕分けた理由日経コンピュータ+ITpro共同アンケート調査より日経コンピュータとITproは2009年11月27日~12月15日の19日間、国策の次世代スーパーコンピュータに関するアンケート調査を行った(関連記事)。政府が無駄な予算を国民に公開して判定する行政刷新会議の事業仕分けで、事実上の凍結判定を出したにもかかわらず(関連記事)、研究者たちの猛反発を受けて、復活を示唆す

2009年10月26日日経BP★★★フィードバック数:0企業情報システム

ITproがIFRSに関する調査結果を公表しました。

IFRSの認知度は64%,詳しい認知者は5%

日経クロステック トップIT経営IT専門家4000人に聞く, IFRS対応の実態IT専門家4000人に聞く,IFRS対応の実態 IT専門家4000人に聞く,IFRS対応の実態 IFRS(国際会計基準)をどれだけ認知しているか,会計システムの再構築予定はあるか,誰に相談するか---。約4000人のIT専門家(ITpro Researchモニター)を対象とした調査を通じて,日本企業におけるIFRSへの対応状況を浮き彫りにする。 目次「IFRS(国際会計基準)に関する調査」は,ITpro Resear

2009年10月19日日経BPフィードバック数:3デジタル家電

電子ブックに「興味あり」は7割,使うなら「携帯電話」で「持ち運びの容易さ」に期待

日経クロステック トップIT経営記者のつぶやき 調査編電子ブックに「興味あり」は7割,使うなら「携帯電話」で「持ち運びの容易さ」に期待 電子ブックに「興味あり」は7割,使うなら「携帯電話」で「持ち運びの容易さ」に期待本といえば,今でも主流は「紙」である。だがその一方で,「電子」的なファイルの形で購入できる電子ブックの注目度が高まりつつある。 インターネット総合研究所の調査では,2008年度における日本の電子ブック市場は464億円で,前年度比131%。米Amazonが10月7日,電子ブック用専用機

2009年9月30日日経BP★フィードバック数:0モバイル

携帯ウィジェットの利用状況に関する調査です。

携帯ウィジェットはどれだけ浸透している?

日経クロステック トップモバイル記者のつぶやき 調査編携帯ウィジェットはどれだけ浸透している? 携帯ウィジェットはどれだけ浸透している?筆者は今,ITproのRSSフィードを使った携帯電話向けウィジェット(以下,携帯ウィジェット)の開発にかかわっていて,年内にはお披露目したいと考えている。そんな事情があって,今回の「記者のつぶやき調査編」のテーマは「携帯ウィジェットの普及状況」にした。 携帯ウィジェットとは,携帯電話の待ち受け画面上にアイコン状にして配置しておき,簡単に起動できるようにした小規模

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ