「JA共済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年4月2日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

損害保険会社のイメージに関するアンケート調査

損害保険会社のイメージに関するアンケート調査(第14回) ■損保会社の認知率は「ソニー損保」「東京海上日動火災保険」「JA共済」「県民共済」「アクサダイレクト」が各6~7割。「ソニー損保」は、加入の順位よりも契約したい損保(1つ)での順位の方が上位。■『信頼性や安心感がある』のは、「東京海上日動火災保険」が3割強、「県民共済」「三井住友海上火災保険」「ソニー損保」「損害保険ジャパン日本興亜」「こくみん共済coop」「JA共済」などが各2割前後。■『商品開発力や企画力』の上位は「ソニー損保」

2014年5月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

共済総研レポート No.132(2014.4.1)

共済総研レポート農業・農協・共済、経済・金融、高齢福祉等に関する調査結果や話題をタイムリーに取り上げる情報提供誌です。(年6回発行) 第6次エネルギー基本計画の素案が発表されました。再エネの比率を高めることで計画通り脱炭素化が進められるかどうか、国際エネルギー機関(IEA)ロードマップとの比較などによって考察します。 株式会社H&Sエナジー・コンサルタンツ パートナー石丸 美奈(古金 義洋) 植物が吸収するCO2はグリーンカーボン、海藻などにより海洋に取り込まれるCO2はブルーカーボンと呼

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の物価動向について

最近の物価動向について一般社団法人 JA共済総合研究所調査研究部 上席研究員ふるかねよしひろ古 金 義 洋アブストラクトデフレ脱却を最優先課題に掲げた安倍政権の登場を機に、下落していた消費者物価は予想以上に上昇した。ただ、この先も物価上昇が持続するのか、また、物価上昇によって日本経済が再生するのかについては必ずしもはっきりしない。以下では、まず、最近の物価上昇の特徴について分析し、物価がこのまま上昇していくのかどうかについて考えてみる。次に、物価と実体経済との関係について、物価下落が日本経済停滞

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ