「KSN」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月24日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2017年のサイバー脅威

<Kaspersky Security Bulletin-3:数字で振り返る2017年のサイバー脅威>新規の悪意あるファイルの検知数は、1日あたり36万件2017年はランサムウェアの標的となる企業や組織の割合が2017年は26.2%になりました。企業ネットワークを標的としたWannaCryやExPetr、BadRabbitのような攻撃により、ランサムウェアの脅威状況が一変したと考えており、ランサムウェアの脅威を昨年に引き続き最重要トピックに位置づけました。[本リリースは、2017年12月14日に

2017年9月19日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2017年4月~6月

<Kasperskyサイバー脅威レポート:2017年4月~6月>ソフトウェアの脆弱性を悪用するエクスプロイトの公開に起因する攻撃は500万回以上に 多数のエクスプロイトがWeb上に公開されたことからソフトウェアの脆弱性が大量に悪用され、サイバー脅威の状況に大きな変化が生じました。Kaspersky Labの観測では、1日あたりの平均攻撃回数は継続的に増加しており、第2四半期中の全攻撃のうち82%は最後の30日間に検知したものでした。[本リリースは、2017年8月15日にKaspersky Lab

2016年11月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2016年7月~9月

<Kasperskyサイバー脅威レポート:2016年7月~9月>暗号化型ランサムウェアの攻撃を受けたユーザーは82万人にのぼり、2016年4月~6月の2.6倍に暗号化型ランサムウェアは世界中でますます猛威を振るっています。日本は標的になった国で2四半期連続でトップとなり、カスペルスキー製品ユーザーの4.83%が攻撃に遭遇し、前四半期の2.4%から2倍に増加しています。~日本は2四半期連続で暗号化型ランサムウェアの標的になった国のトップに ~[本リリースは、2016年11月3日にKaspersky

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ