「LAB」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年3月15日オカムラフィードバック数:0キャリアとスキル

在宅ワークの実態を調査

在宅ワークの実態を調査 -シングルライフの新しい提案に向けて-+ONE LIFE LAB(日鉄興和不動産)×WORK MILL(オカムラ)による共同調査 日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉 泰彦)が運営する、シングルライフのための暮らし・住まいの研究所「+ONE LIFE LAB」(プラスワンライフラボ:以下ラボ)では、今後ますます増加することが予想される在宅ワークの実態把握と、それを活かした単身者向けマンションにおける商品企画の必要性を認識し、株式会社オカムラ(本社

SHIBUYA109発 最新トレンド調査を発表!SHIBUYA109 lab.トレンド予測2021

SHIBUYA109発 最新トレンド調査を発表!SHIBUYA109 lab.トレンド予測2021株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)』は、 around20(15歳~24歳)と定義する女性を対象にトレンド調査を行い、その結果から2021年のトレンド予測を発表します。

2020年9月9日電通デジタル★★フィードバック数:0ライフスタイル

「Withコロナ社会における、不満意識調査」を実施

Fu-man insight lab™第2弾「Withコロナ社会における、不満意識調査」を実施―不満は徐々に緩和。一方で、定着傾向が見えた5大不満テーマ(レジャー・リフレッシュ・人との繋がり・衛生管理・ショッピング)内では、新たな不満タイプが出現― 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:川上 宗一 以下、電通デジタル)は、専門チーム「Fu-man insight lab™(フーマンインサイトラボ)」において、「人々(ヒューマン)の不満に迫れば、新しい価値の種が見えてくる

“around20とSDGs“を徹底調査!

“around20とSDGs“を徹底調査! 社会的課題に触れることが多くなった、コロナ禍のおうち時間。課題解決へのアクションは、自分ごとになってから。企業がSDGsへ取り組むには、もっと〇〇が必要かも? 株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)』は、around20(20歳前後)男女を対象に、「若者のSDGsに対する意識」ついて調査を行いました。 SH

2020年8月18日テスティーフィードバック数:0ライフスタイル

【若年層リサーチ】Z世代を対象に決済に関する調査を実施

【若年層リサーチ】テスティー、Z世代を対象に決済に関する調査を実施 〜電子マネーの普及状況やクレジットカードの保有率など、決済に関する定点調査の結果を公開〜 チャットボットを活用した広告・ネットリサーチ事業展開する株式会社テスティー(本社:東京都中央区、代表取締役:横江優希、以下テスティー)は、若年層を対象に調査した結果を発信する「TesTee Lab」において、Z世代を対象に「電子マネー」「クレジットカード」に関する調査を実施しました。 ■「電子マネーに関する調査」:https://lab.t

大阪キタ・ミナミ―各エリアに生息する女子大学生の生態比較

大阪キタ・ミナミ―各エリアに生息する女子大学生の生態比較 SHIBUYA109 lab.×CCCマーケティング共同調査 『エリア別女子大生生態比較』第二弾株式会社SHIBUYA109エンタテイメントが運営する若者マーケティング機関『SHIBUYA109 lab.』とCCCマーケティング株式会社は、大阪府の若者が集まる主要都市である「キタエリア・ミナミエリア(※1)」を利用する女子大学生(※2)の消費行動とWEB調査から、消費実態およびファッションに対する意識を把握・各エリアの特徴を比較分析いたし

SHIBUYA109 lab.「イマドキ男子の実態調査 -大学生の男女比較-」

SHIBUYA109 lab.「イマドキ男子の実態調査 -大学生の男女比較-」株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)』は大学生の男女を対象に情報収集や興味関心の意識調査を行いました。一都三県在住の大学生へWEBアンケート調査を実施し、さらに大学生男子のグループインタビューから、「イマドキ男子の実態調査 -大学生の男女比較-」を発表いたします。

2019年11月6日Smart Sound Labフィードバック数:0大型消費/投資

10%増税でのキャッシュレス決済促進に関するアンケート調査

sound lab : vol. 40「キャッシュレス・ポイント還元制度」の意外な落とし穴 知名度は9割でも「いつまでか」を知らない人は約7割!10月1日から消費税が10%に。増税前はその準備に追われる様子が連日報道され、増税後もポイント還元制度にまつわる話題で持ちきりです。株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(本社:東京都新宿区/代表:山川進)が運営する、より快適なスマートフォンライフを創造するために研究・調査しているスマートサウンド・ラボ(以下、SSL)は、消費増税を間近に控えた9

2019年9月10日CCCマーケティング★フィードバック数:0大型消費/投資

SHIBUYA109 lab. × CCCマーケティング共同調査「渋谷・原宿・新宿・池袋」各エリア生息女子大生の生態比較

TOP >ニュースリリース >SHIBUYA109 lab. × CCCマーケティング共同調査「渋谷・原宿・新宿・池袋」各エリア生息女子大生の生態比較ニュースリリース SHIBUYA109 lab. × CCCマーケティング共同調査「渋谷・原宿・新宿・池袋」各エリア生息女子大生の生態比較 CCCマーケティング株式会社 株式会社SHIBUYA109エンタテイメント 来街目的、消費傾向、エンタメ、ファッション...イマドキ女子大生の比較分析からみえたエリア特性T会員のライフスタイル・データに基づく

SHIBUYA109 lab.「around20女子の「ヲタ活」リアル実態を徹底調査!」

SHIBUYA109 lab.「around20女子の「ヲタ活」リアル実態を徹底調査!」株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)』はaround20と定義する20歳前後の女性を対象に、昨年に引き続き「ヲタ活※1」に関する意識調査を行いました。SHIBUYA109渋谷館内のアンケート調査(以降、SHIBUYA109ガールズ調査)と、グループインタビューの

スマートフォンによる決済サービス利用者の実態把握調査

2019年06月27日 11:00スマホ決済の普及率が5ヶ月で2割増調査で判明!キャッシュレス社会を牽引している場所とは?! 株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(本社:東京都新宿区/代表:山川進)が運営する、より快適なスマートフォンライフを創造するために研究・調査しているスマートサウンドラボ(以下、SSL)は、2019年1月に実施した「スマートフォン決済に関する調査」の後追い調査を2019年6月4日に実施しました。調査によって日常的にスマートフォンで決済をしている人の割合は、前回の

10代男子のバレンタインに関する調査

平成最後のバレンタイン!10代男子のバレンタインに関する調査 10代男子にとってバレンタインは「ひとごと」が約53%/手作りチョコをもらいたい男子が65%!お返しはちょっと”見栄”張る「1.1~1.4倍返し」/チョコを貰いたい芸能人、第1位は新垣結衣さん! 株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)』は、 10代男子(15歳~19歳)を対象にバレンタイン

ポイントカードのアプリ化に関する調査

2018年12月26日 11:00「キャッシュレス化」の影で加速するポイントカードレス 紙よりスマホアプリの理由 行きつけの飲食店やアパレル店、スーパーや美容室など、お店のポイントカードが財布を厚くしていないだろうか? 電子マネーやスマホ決済が徐々に浸透し、現金を持たなくなることで財布の軽量化が進んでいるその影で、紙のポイントカードが淘汰されつつある。 そこで株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(東京都新宿区 代表取締役社長 山川進 / 以下、SST)が運営する快適なスマートフォンラ

2018年12月26日Smart Sound Labフィードバック数:0大型消費/投資

3人に1人が「キャッシュレス社会になって欲しくない」と回答

sound lab : vol. 213人に1人が「キャッシュレス社会になって欲しくない」と回答 その理由の影に3つの「不安」キャッシュレスの動きが加速しています。それを後押しするのは2019年10月からの消費税増税です。消費税が10%に引き上げられ消費が落ち込むことを避けたい政府は、キャシュレス決済の消費に対し、5%のポイント還元することでキャッシュレス化を推し進めたい考えを発表しました。そこで、より快適なスマートフォンライフを創造するために研究調査しているスマートサウンドラボ(以下、SSL)

2018年12月26日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

トランスコスモス、「消費者と企業のコミュニケーション実態調査」 2018年度版を発表

消費者と企業のコミュニケーション実態調査ならトランスコスモス トランスコスモス、「消費者と企業のコミュニケーション実態調査」 2018年度版を発表不満顧客の8割以上をリピーターに。デジタル時代のカスタマーケアの新法則を公開 トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)のAI研究所である「Communication Science Lab(コミュニケーションサイエンスラボ)」は、「消費者と企業のコミュニケーション実態調査2018」を発表しました。3年目となる本調

若者の購買行動についての考察~若者世代のオムニチャネル意識と行動~

若者にとってファッションは、店舗もECサイトも“リアル” 杉野服飾大学 ファッションビジネス・流通イノベーション研究室と若者のオムニチャネルに対する意識・実態を共同調査/ファッションビジネス学会2018全国大会にて共同調査結果を発表 株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎、以下当社)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)』は、杉野服飾大学(所在地:東京都品川区、学長:中村賢二郎)五月女 由

「海外旅行」に関する意識調査

SHIBUYA109 lab. around20女子の「海外旅行」に関する意識調査株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)』は、around20(20歳前後)と定義する女性を対象に「海外旅行」に関する意識調査を行いました。首都圏を対象としたスマートフォンによるアンケート調査(以降「首都圏女子調査」)とSHIBUYA109(東京都・渋谷区)館内で実施した

2018年8月10日メディプラスフィードバック数:0エンタテインメント

高ストレス女性 VS 低ストレス女性の “夏の過ごし方” 番付を公開!

今年もお盆休みがやってきた!お墓参り・TDL・音楽フェス・一人旅・・・高ストレス女性 VS 低ストレス女性の “夏の過ごし方” 番付を公開! 高ストレスは「ギャンブル」低ストレスは「生活リズムをキープ」が ”横綱” に 日本全国が大移動! 今年もお盆休みの時季がやってきました。どこへ行く? 何をする? 移動の手段や日付&時間帯などなど、計画に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。メディプラス研究所・オフラボでは、高ストレス女性と低ストレス女性の夏休みの過ごし方を、番付風に紹介。オフラボが

「全国女子」と「SHIBUYA109ガールズ」比較!「ヲタ活(ファン活動)」に関する調査「around20」の女の子、約7割は「ヲタク」と自覚!

「全国女子」と「SHIBUYA109ガールズ」比較!「ヲタ活(ファン活動)」に関する調査「around20」の女の子、約7割は「ヲタク」と自覚! SHIBUYA109ガールズは「ヲタ活」に年間「30,000~50,000円」費やす子が多数!/アニメ・漫画の楽しみ方は「漫画アプリを2個使い」派が急増中! 株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)』は、ar

「全国女子」と「SHIBUYA109ガールズ」比較!

「全国女子」と「SHIBUYA109ガールズ」比較!「2018年夏のイベントに関する調査」2018年夏一番行きたいイベントNo.1は「お祭り・花火大会」で、約75%! 全国女子は「コスパ重視」、SHIBUYA109ガールズは「SNS映え重視」でイベントを決める!?この夏イベントで映えるファッションアイテムNo.1は「ビッグアクセサリー」 株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:

2017年2月12日AINOWフィードバック数:0企業情報システム

「AI Lab Map」Ver1.0.2

HOME/ /ありそうでなかった!日本のAI関連の大学研究室をまとめた「AI Lab Map」Ver1.0.4を公開 ありそうでなかった!日本のAI関連の大学研究室をまとめた「AI Lab Map」Ver1.0.4を公開AI Lab Mapは2018年4月23日に2018年版としてアップデートしております。リンクは以下です。こんにちは、AINOWの亀田です。2016年は、産学連携プロジェクトが盛んになり、AIを研究している研究室の名前を目にすることが増えたと感じた方も多いはず。そこで、AINOW

北海道に関するイメージ調査2015

企業の存在価値を高める統合型ブランディングはB&C Lab 独自価値を磨くことで永続的な事業発展を可能にします事業への「社内の愛着と誇り」が、顧客ロイヤルティの高い商品を生み出す原動力になります。B&C Labは社員の意識改革を促すインターナル領域から、市場の評価を高めるエクスターナル領域まで一貫した統合型ブランディングを支援します。統合型ブランディングの考え方 永続的な事業発展を実現するブランディングメニューサービスメニュー Q&A「本質的なブランディング」とはどういうものですか? 本質的

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ