「LINE広告」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年1月11日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年11月度)

約8割が、「Web閲覧履歴をもとにした広告配信」を認識 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年11月度)約8割が、「Web閲覧履歴をもとにした広告配信」を認識個人の購買履歴など活用する「情報銀行」の認知率は、26.0%調査結果サマリー約8割が、「Web閲覧履歴をもとにした広告配信」を認識 スマートフォン利用者に、自身のWeb閲覧履歴などをもとにカスタマイズされた広告が配信されていると感じたことがあるかを聞いたところ、「頻繁に感じる」人は42.1%、「ときどき感じることがある」人は3

2017年10月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年9月度)

昨年に比べ、「主要SNSの広告配信に不快感を持つ」人が増加 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年9月度)昨年に比べ、「主要SNSの広告配信に不快感を持つ」人が増加SNSなどのデータ通信が無料となる「カウントフリースマホ」は、2割が認知調査結果サマリー「主要SNSの広告配信に不快感を持つ」人が、昨年に比べて増加スマートフォンを所有する人のうち、主要SNSで表示される広告について、「不快感を抱くことが多い」と回答した人の割合は「Twitter」が29.9%、「Facebook」が 2

2016年7月24日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマートフォンアプリに関する実態調査

圧倒的1位!5年後も利用中と思うアプリは「LINE」で4割が支持 企業アカウントのフォローが多いSNSアプリは1位「LINE」、2位「Twitter」圧倒的1位!5年後も利用中と思うアプリは「LINE」で4割が支持3人に1人が、災害時のライフラインアプリとして「LINE」が最も必要調査結果サマリー5年後も継続利用していると思うアプリは「LINE」で、4割が支持5年後も引き続き利用していると思うアプリとして、「LINE」を挙げる人が最も多く(38.0%)、次いで「Twitter」(3.4%)、「Y

2016年5月10日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】

スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】 約半数が「スマホを使うようになって、テレビの視聴時間が減った」スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】スマホ利用前と比べ、3割以上が「紙のチケットを利用しなくなった」調査結果サマリー約半数が、スマートフォンを利用するようになって「テレビの視聴時間が減った」スマートフォンを利用するようになる前と比べて、視聴時間が減ったメディアは「パソコン」と回答する人が最も多く(52.3%)、次いで「雑誌」(50.6

2016年2月8日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年1月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年1月度) スマホのセキュリティ対策で、「スクリーンロック」設定済みは、わずか約3割モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年1月度)男性の5人に1人は、スマホを他の人に見られないように肌身離さない調査結果サマリースマートフォンのセキュリティ対策として、「スクリーンロック」設定済みはわずか約3割スマートフォンのセキュリティ対策として「OSやアプリを最新版にアップデートしている」のは、スマホユーザーのうちの41.7%、「セキュリティソフト

2015年9月1日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

ファッション情報の収集方法に関する調査

雑誌も依然強い! 「ファッション情報の収集方法に関する調査」 「Instagram」で情報を得る人の約4割が、10以上のアカウントをフォロー雑誌も依然強い! 「ファッション情報の収集方法に関する調査」ファッションコーディネイトアプリの人気1位は「WEAR」、2位は「CoordiSnap」調査結果サマリー「Instagram」でファッション情報を得る人の約4割が、10以上のアカウントをフォローファッション情報を得るために「Instagram」を活用している人にその理由を聞いたところ、「好きな芸能人

2015年8月27日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

ニュースキュレーションアプリに関する実態調査

20代~30代に聞いた!ニュースキュレーションアプリのここが惜しい! 過去記事の閲覧やストックができない点が「残念」20代~30代に聞いた!ニュースキュレーションアプリのここが惜しい!広告とわかりやすくなったが、約70%が「ノイズに見える」調査結果サマリー6割以上が、過去記事の閲覧やストックができない点が「残念」ニュースキュレーションアプリ利用経験者のうち、機能面の不満点として、65.0%の人が「過去記事が読めないことや、ストックできない点が残念」と感じていることがわかりました。また、「検索機能

2013年6月19日ジャストシステムフィードバック数:3ライフスタイル要登録

コンビニのカウンターフーズに関する調査

3人に1人が、買うつもりがなかったのに、レジで並んでいる間につい買いたくなるコンビニのカウンターフーズに関する調査約4割がカウンターフーズを「夕食のおかず」として購入したことがあると回答調査結果サマリー買うつもりのないカウンターフーズを、3人に1人がレジ待ち中につい買いたくなるセルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、購入する予定がなかったカウンターフーズを衝動買いしたことがある人に、きっかけを聞いたところ、「レジに並んでいて目に入った」からをよくある理由として挙げる人が29.8 %いました

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ